「海藻は髪に良い!」 これ本当?

Mocosuku(もこすく)
  • 「海藻は髪に良い!」 これ本当?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「海藻は髪に良い!」 これ本当?

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

「海藻が髪に良い」と耳にしたことがある方は、多いでしょう。
 
ツヤのある黒色をしたワカメや海苔はいかにも髪に良さそうですよね。実際に、海藻を食べることは髪の健康にとても重要です。
 
ただし、海藻だけをたくさん食べたからと言って、髪がツヤツヤ・フサフサになるわけではありません。
 
それでは、どのように摂取すればよいのでしょう?
 
今回は髪の健康に関わる栄養素から、海藻の上手な食べ方について解説していきましょう。
 

 

髪の質を高める栄養素

 
ツヤ・コシのある強い髪の毛を作るためには、栄養不足などによる内側からのダメージや、紫外線・カラーリングなどによる外側からのダメージをできるだけ減らすことが必要です。
 
以下から髪の毛の質を高める栄養素をご紹介していきます。
 

たんぱく質(肉類、魚類、卵、大豆製品、乳製品など)

髪を構成している成分の大半は、「ケラチン」というたんぱく質です。ケラチンを構成するアミノ酸「メチオニン」は体内で作ることができません。そのため、食事から摂る必要があります。


ビタミンB群(肉類、魚介類、納豆、卵、バナナ、胚芽米など)

髪は、毛乳頭(もうにゅうとう)から栄養素や酸素を受け取り、細胞分裂が繰り返されることで生成されています。毛乳頭周辺の細胞を「毛母細胞(もうぼさいぼう)」といいます。ビタミンB群は、この毛母細胞の細胞分裂を活発にします。


ビタミンC(緑黄色野菜、果物、海苔など)

コラーゲンの生成をサポートし、髪の細胞や頭皮を丈夫にします。また、栄養素を身体中に運ぶ血管を強くします。


亜鉛(牡蠣、貝類、うなぎ、いわし、肉類、納豆、アーモンド、高野豆腐、海草類など)

亜鉛は、髪の主成分であるケラチンの合成に必要です。頭皮の形成にも関わるため、抜け毛予防によいといわれています。また、抜け毛の原因である活性型男性ホルモンを作り出す「5-αリダクターゼ」の働きを抑える働きがあるといわれています。


カルシウム(乳製品、小魚、桜エビ、海藻類など)

髪の色はメラニン色素の種類と量によって決まります。メラニンの総量が多いと日本人のような黒髪となり、反対に少ないとブロンドとなります。そして、メラニンをほとんど含まないのが白髪です。カルシウムは、メラニンを生成するメラノサイトを活性化してくれる栄養素で、黒色の維持や白髪予防にいいといわれています。


ヨウ素(海藻類、タラなど)

細胞は常に入れ替わっていますが、それに関わっているのが、甲状腺ホルモンです。ヨウ素は甲状腺ホルモンのもととなり、代謝を促して美しい髪を作ります。


フコイダン(昆布、めかぶ、もずくなど)

海藻に含まれるネバネバ成分は、食物繊維の主成分である「フコイダン」です。毛母細胞を活性化させる働きがあります。毛母細胞が活性化すると新陳代謝が活発に行われ、健康的な美しい髪が作られることを促します。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【美容】新着記事

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載

オイルにミルク、シュガーやウォーター… ココナッツ食品どう使う?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「スーパーフード」「完璧な食品」「天然のスポーツドリンク」… いずれもココナッツ食品につけら...

2018/03/28 18:30掲載

天然だから安心? 天然の染毛料「ヘナ」について。

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 天然のカラーリング剤としてファンが多い「ヘナ」。 施術メニューとして取り扱う美容室も増えましたね。 また、欧米のナチュラル志向の人たちに...

2018/03/17 18:30掲載

ポイントは冷風? 美髪をキープするドライヤー使いをご紹介

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日々のヘアケアに欠かせないドライヤー。 温風で髪を乾かすのは当然のことながら、冷風機能はいかがでしょう… 活用していますか? ドライヤー...

2018/03/04 18:30掲載

どう違う? 整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然ですが、「代替医療」という言葉をご存知でしょうか? 「西洋医学に代わる医療」という意味で、西洋由来のカイロプラクティックやホメオパシ...

2018/02/24 18:30掲載

リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥しがちな冬はもちろん、季節に関係なく手放せないリップクリーム。 女性だけでなく、今や男性にも必需品になってきました。 しかし「塗った...

2018/02/22 18:30掲載