その「肩こり」は疲れ目のせいかも。解消ストレッチ法をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • その「肩こり」は疲れ目のせいかも。解消ストレッチ法をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

その「肩こり」は疲れ目のせいかも。解消ストレッチ法をご紹介

公開日時

 
執筆:森 ジュンヤ(理学療法士)
 
 
つらい「肩こり」に悩まされていませんか?
 
肩こりは多くの人が経験する症状のひとつです。なかなか治らない肩こり。実は目との関係もあるといわれています。
 
今回は、疲れ目と肩こりの関係と、肩こりの解消法についてご紹介します。
 

 

肩こりと目の疲労は関係している

 
厚生労働省の基礎資料「国民生活基礎調査(平成25年)」をみてみると、女性が自覚する症状の1位が「肩こり」だといわれています。
 
男性では1位が「腰痛」で、2位が「肩こり」とされています。
 
性別に関係なく、肩こりに悩んでいる人は多いことがわかります。
 
しかしどうしてこんなにも「肩こり」に悩む人が多いのでしょうか。
 
肩こりに関する情報は、インターネット、書籍などを調べてもたくさんあります。なかには解消法も豊富に紹介されています。
 
「いろいろな方法を試してみてはいるものの、なかなか治らない」という方もいるのではないでしょうか。
 
 
まず、肩こりとは病気ではなく症状だということを押さえておくことがポイントです。
 
症状を解消するうえで大切なのは、その原因を知ることからはじまります。つまり「肩こり」をおこしている「原因」を知ることが重要です。
 
原因が分からないとなれば、対処法をみつけることは難しくなります。
 
従来、肩こりの原因として以下のようなものがあげられていました。
 

筋肉のトラブル


肩こりにつながる何らかの病気がある


精神的なストレス

 
 
なかでも、「筋肉のトラブル」はもっとも多いとされ、肩こりの60%以上は、筋肉に原因があるともいわれます。
 
筋肉のトラブルとは、筋肉が緊張して血流がわるくなる場合などです。
 
たとえば、無理な運動や精神的なストレス、姿勢不良などがあげられます。
 
しかし、近年「肩こり」と「目の疲労」の関係が注目されるようになっています。それが「眼精疲労(がんせいひろう)」です。
 
一般に言われている「疲れ目」は、医学的には2つにわけられます。
 
ひとつは「眼疲労」、そしてもうひとつが「眼精疲労」です。
 
眼疲労は、一時的な目の疲れのことです。
 
この疲れは、目を使う作業を一時的に中止するといった休息により、自然と解消されるので、軽い目の疲労と考えられています。
 
それに対して「眼精疲労」は、眼疲労に比べて程度が重く、頭痛や肩こりなど、目以外の場所にも症状が出てしまい、それが慢性的にくり返されるようになったものをいいます。
 
しつこい肩こりを訴える人のなかには、眼精疲労による場合が増えてきているといわれるようになってきました。
 
それでは次に、この「眼精疲労」についてみていきましょう。

 

<つづきを読む>

1 / 4 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【目】新着記事

夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暗い場所や夜になると急激に視力が落ちて見えにくくなる病気を「夜盲症(やもうしょう)」といいます。 俗にいう「鳥目」です。 聞いたことがあ...

2018/04/01 18:30掲載

ブルーライトはなぜ悪い? ブルーライトカット眼鏡は効果あり?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ブルーライト(青い光)は、可視光のなかでも波長が短く強いエネルギーをもっている光です。 スマホやパソコンなどデジタルデバイスの使用やLE...

2018/03/20 18:30掲載

日本でも患者さんが多い? 難病「ベーチェット病」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ベーチェット病」は、地中海沿岸から中近東・中国を経て、韓国や日本で多発している難病で、別名「シルクロード病」とも呼ばれます。 EXIL...

2018/02/17 18:30掲載

『眼トレ』をすれば視力はアップ? 具体的な方法は?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ テレビや書籍などで頻繁に見かける眼のトレーニング、略して『眼トレ』。 視力の問題は老若男女を問いませんから、この言葉が気になると...

2018/02/09 18:30掲載

コンタクト使用者は特に注意? 「瞼裂斑 (けんれつはん)」という病気

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「瞼裂斑(けんれつはん)」 あまり聞きなれない病気ではないでしょうか。 認知度としては低いこの病気ですが、じつはコン...

2018/02/05 18:30掲載

「老眼」とはどういうもの? 何歳くらいから始まるの?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 最近、近くのものが見えにくくなったというあなた、もしかしたらそれは老眼の始まりかもしれません。 では、そもそも老眼とはどのようなもので、...

2017/09/26 18:30掲載