チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

Mocosuku(もこすく)
  • チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

チョコレートを一番美味しく食べるのは「脳」だった!?

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
チョコレートに含まれる「カカオ」が健康にいいことは広く知られるようになりました。
 
スーパーやコンビニなどでは、その健康効果を期待した製品も多く売られています。
 
実は最近、チョコレートと「脳」の関係にも注目が集まっているということをご存知でしょうか。
 
今回は、チョコレートと脳の関係や上手な食べ方について解説していきます。
 

 

まずはチョコレートを知ろう

 
チョコレートは主原料のカカオ豆を加工して、乳製品や砂糖を加えたお菓子です。
 
一般的に売られているチョコレート製品は、その材料の割合によって3つの種類にわけられます。
 

ビターチョコレート

 
一般的には乳製品が入っていないもの。
 
砂糖の量も少なく、カカオ分が50%以上のものを言いますが、最近ではカカオ90%以上のものまで出ています。
 
ダークチョコレート、ブラックチョコレート、スイートチョコレート、プレーンチョコレートと呼ばれることもあります。
 
 

ミルクチョコレート

 
乳製品の入ったもの。全脂粉乳、脱脂粉乳、クリーム粉乳などが使われています。

 
乳固形分の重量がチョコレート生地の重量14%以上(そのうち乳脂肪分の重量が3%以上)であるものを指します。
 
砂糖も加わり、まろやかな甘みが広く好まれています。
 
 

ホワイトチョコレート

 
カカオ豆から抽出される油脂であるココアバターに乳製品、砂糖などを加えて作るチョコレートのことを言います。
 
苦味のあるこげ茶色の部分を取り除いているので、ほろ苦さがなく、ミルクの風味が豊かな味です。
 
カカオ豆はカカオポリフェノールをはじめとする抗酸化物質や食物繊維など、さまざまな有効成分が含まれていることが知られています。
 
昔ヨーロッパでは医薬品として扱われていたそうです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

自律神経に良い『トリプトファン』を効果的に摂取してハッピー♪になろう

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「トリプトファン」はアミノ酸の一種です。 トリプトファンが不足すると精神的に不安定な状態や不眠などを招き、やがて自律神経や体内リズムの乱れに...

2019/07/16 18:30掲載

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載

今どきの「五月病」と最近増えている「六月病」…原因と対策

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 例年、この時期になると話題になるココロの不調「五月病」。 今や言葉としてすっかり定着しましたが、最近は五月ではなく六月に同じような状態に...

2019/05/14 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

芸能人にも多いパニック障害… 近年増加している理由は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨年、アイドルグループ「Sexy Zone」の松島聡さんが突発性パニック障害であることを公表し、芸能活動の休止を発表したことは記...

2019/03/05 18:30掲載