ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

Mocosuku(もこすく)
  • ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

公開日時

 

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)

 
 
季節は春から夏へ。
 
空調も暖房から冷房と切り替わる時期でもありますね。
 
夏の冷房というと冷え性がよく問題となりますが、手足は冷えていないのに、内臓が冷えている「内臓冷え性」というものがあることをご存知でしょうか?
 
今回は意外と知られていない「内臓冷え性」について、解説していきましょう。
 

 

内臓冷え性とは「内臓が冷えている」状態

 
内臓冷え性とは、一言でいうと「内臓が冷えている状態」です。
 
本来、人の体温は36℃台で推移しており、内臓内部は37度前後の温度に保たれています。
 
しかし、体温が35度と低めの場合、内臓も37度前後の温度に保つことができず、通常よりも冷えている状態となってしまいます。
 
これが「内臓冷え性」と呼ばれる冷え性です。
 
日ごろから平熱が35℃台と低体温傾向にある方は、自覚症状がなくとも内臓冷え性となってしまっている可能性があります。
 
内臓冷え性の場合、手足は冷えていないため、自分が冷え性だと気づいていない方も多くいらっしゃいます。
 
しかし、自分で脇を触ってみて、手足に比べて脇が冷たいと感じた場合には、低体温および内臓冷え性を疑ってみましょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【冷え性】新着記事

ただの冷え性だと思っていたら… 若い女性に多いという「レイノー病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「レイノー病」は若い女性に発症することが多く、冷え症にも似た症状を呈する病気です。 血管の動脈が過剰に収縮し、手足の指先の血流が減少して...

2018/03/16 18:30掲載

「しもやけ おててが もうかゆい♪」 ところで「しもやけ」って?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「しもやけなんて昔の病気でしょ?」なんて思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 日常生活の過ごし方に...

2018/01/12 18:30掲載

これでぐっすり。 布団をかける順番で、暖かさが変わるかも

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ いよいよ本格的に寒くなってきましたね。 寝るときは、布団にタオルケット、毛布もプラスして…と、暖かく眠れるように寝具...

2017/12/23 18:30掲載

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

2017/10/08 18:30掲載

ワキを触ればわかる? 「内蔵冷え性」とは

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 季節は春から夏へ。 空調も暖房から冷房と切り替わる時期でもありますね。 夏の冷房というと冷え性がよく問題となりますが、手足は冷えていないのに、内臓が...

2017/05/24 18:30掲載

下半身は冷えているのに、上半身はのぼせる!?「冷えのぼせ」

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「冷えのぼせ」とい言葉、聞いたことはありますか? 「冷えのぼせ」は名前のとおり、「冷え」と「のぼせ」が一緒に現れる症...

2017/04/25 18:30掲載