幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

Mocosuku(もこすく)
  • 幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

やっと出産してかわいい赤ちゃんと出会えた喜びもつかの間、始まるのは寝る暇もないほど忙しい毎日です。
 
産後の心身の状態は、妊娠前とは大きく異なります。
 
周囲の人たちがそれを理解していかないと、母親として孤立してしまい、「産後うつ」や「産後クライシス」という事態が起きる可能性が誰にでもあります。
 
今回は、産後うつや産後クライシスについて説明します。
 

 

「産後うつ」とは

 
出産後、2週間以上抑うつ状態が続くことを「産後うつ」といいます。産後うつは、うつ病の一種でもあります。
 

産後の女性は、ホルモンの劇的な変化により、情緒不安定になっています。その上に赤ちゃんの世話で睡眠不足が続くため、心身ともに疲れている状態が続きます。
 
産後うつになると、精神的に不安定になる、感情表現が少なくなる、自信がない、判断ができないなどの症状が現れます。
 
産後うつの時期には個人差があり、産後2~3週間頃から発症する場合もあれば、産後3~4か月過ぎてから発症する場合などもあります。治まるまでの時期も個人差がありますが、1か月以上かかることが多く、長いと産後1年を過ぎても症状が出ている人もいます。
 
「もしかしたら産後うつかもしれない」という不安な気持ちがあるときには、以下の項目をチェックしてください。
 
当てはまるものが多い場合は、産後うつの可能性があるので、心療内科や精神科を受診しましょう。
 
 

□気分がひどく落ち込む
 
□いつも疲れている気がする
 
□眠れない(寝つきが悪い、早朝に目覚める、眠りが浅い)
 
□将来のことを考えて不安になる
 
□イライラや焦りを感じる
 
□よく泣いてしまう
 
□物事に集中できない・考えがまとまらない
 
□自分を責めてしまう
 
□身なりに気を使わなくなった
 
□食欲がない
 
□赤ちゃんや夫への愛情を感じない

 

チェック項目が多く、心配なときは、まずはゆっくり休んでください。

 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【子育て】新着記事

双子や三つ子が生まれる不思議… 家系の遺伝に関係あり?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 可愛らしい双子の赤ちゃんを見かけると、なんだか微笑ましくなります。 同時に二人を育てる苦労をする分、たくさんの幸せも享受できる…...

2018/11/04 18:30掲載

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載

幸せ 真っ只中のはずが…「産後うつ」や「産後クライシス」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ やっと出産してかわいい赤ちゃんと出会えた喜びもつかの間、始まるのは寝る暇もないほど忙しい毎日です。 産後の心身の状態...

2017/08/28 18:30掲載

助産師さんに聞いた「ベビーベッドの必要性」

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 出産が控えているお宅では、赤ちゃんとの生活に必要なものの準備を始めていることでしょう。 なかでも、必要かどうか迷うことが多いのが...

2017/07/23 18:30掲載

炭酸飲料やコーヒーを子どもが飲んでいるけれど… 身体に悪影響はない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ コーヒーや炭酸飲料の摂りすぎは、大人でも「良くない」と広く知られています。 それでは、体格の...

2017/07/12 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載