寒い時や感動したとき、「鳥肌が立つ」のはどうして!?

Mocosuku(もこすく)
  • 寒い時や感動したとき、「鳥肌が立つ」のはどうして!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

寒い時や感動したとき、「鳥肌が立つ」のはどうして!?

公開日時

 

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「寒い!」「怖い!」と感じると身体中がゾワゾワとします。
 
また、心に響く音楽や絵画、映画やお話で感動をすると、全身がゾクッとする感覚におそわれ、腕などに鳥肌が立つことがあるといわれます。
 
これらは科学的にどういった現象なのでしょうか?
 
今回はこの「鳥肌が立つ」について、詳しく見ていきましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

春が近づくと気分が落ち込む… それは「気象病」のせい?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 3月から4月にかけての早春は「木の芽時(このめどき)」とも呼ばれます。 冬から春への季節の変わり目は、体調や精神的なバランスを崩...

2018/02/23 18:30掲載

リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥しがちな冬はもちろん、季節に関係なく手放せないリップクリーム。 女性だけでなく、今や男性にも必需品になってきました。 しかし「塗った...

2018/02/22 18:30掲載

見ないで流すと損をする? 色や形などで健康状態を今日からチェック

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ もし、今お食事中でしたら、すみません。しかしカラダにとっての大切なお話を一つ。 それはトイレにまつわるお話。 当たり前のことですが、誰だ...

2018/02/21 18:30掲載

今さら聞けない「漢方薬」 ふつうの薬とは何が違う?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「漢方薬」と聞くと、どのようなイメージをお持ちでしょうか? 「ふつうの薬よりなんか良さそう」「副作用が少ない」「緩やかに効果がでる」など...

2018/02/19 18:30掲載

子どもに多いという「夢遊病」 考えられる原因は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中に起き上がり何かしらの行動をとって再び眠りにつく「夢遊病」。 夢は見ていないのですが、「夢の中をさまよい歩くような」イメー...

2018/02/18 18:30掲載

日本でも患者さんが多い? 難病「ベーチェット病」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ベーチェット病」は、地中海沿岸から中近東・中国を経て、韓国や日本で多発している難病で、別名「シルクロード病」とも呼ばれます。 EXIL...

2018/02/17 18:30掲載