ご飯を炊くだけなんてもったいない! カンタン炊飯器レシピ

Mocosuku(もこすく)
  • ご飯を炊くだけなんてもったいない! カンタン炊飯器レシピ

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ご飯を炊くだけなんてもったいない! カンタン炊飯器レシピ

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
料理レシピサイトでも、炊飯器クッキングが頻繁に紹介されます。
 
また、炊飯以外の調理機能をうたう炊飯器も続々登場しています。
 
炊飯器はご飯を炊くだけでなく、おかずやお菓子、パンなども作れる調理器具に進化してきたようです。
 
スイッチ一つでOKという手軽さから、誰でも気軽にチャレンジできる炊飯器調理。
 
今回は、ご家庭によくある炊飯器をベース(※)に、調理の活用法や注意点などについてご紹介します。
 
※お手持ちの製品により仕様や取扱方法が異なりますので、必ず取扱説明書をご確認ください。
 

 

炊飯器の仕組み

 
はじめに、ご飯が炊けるプロセスを理解しておきましょう。
 
昔から「はじめチョロチョロ中パッパ、ジュウジュウ吹いたら火を引いて、ひと握りのわら燃やし、赤子泣いてもフタとるな」などと言われます。
 
これはかまどで米を炊くときの火加減のコツを唄ったものです。
 
水に浸した米は弱火でじわじわ(チョロチョロ)加熱され、水分を十分に吸収します。
 
沸騰するとパッパと強火で加熱され、下から上へと米が動きムラなく加熱されます。
 
また、高温の加熱により米には粘り気が出ます。
 
蒸気が出て水分が少なくなったら、弱火でじっくりと蒸らします。
 
蒸らしているときにフタを開けるのは厳禁、ここで粘り気を保つとふっくらしたご飯が炊きあがります。
 
炊飯器の基本的な仕組みは、こうしたお米が美味しく炊けるプロセスをセンサーでコントロールしているのです。
 
ただし、加熱出力やプログラミングの精度は製品によって異なります。
 
加えて最近の炊飯器はご飯の保温機能も兼ね備えています。
 
ご飯の保温はとても繊細で、温度が高すぎると黄色く変色しやすく、低すぎると固くなって食感が落ちます。
 
適温として65~70℃に設定されている製品が多いようです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

妊活中のサプリメント… 選ぶポイントと正しい活用法

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 赤ちゃんを授かりたいと願う女性は、「食べるもの・飲むもの」には特に気を遣われると思います。 ...

2018/08/10 18:30掲載

「ジャンクフード」はなにが悪い? 身体への影響について

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんは「ジャンクフード」に対してどんなイメージを持っていますか? 高カロリー高脂肪、ダイエ...

2018/08/07 18:30掲載

これでもう安心? 臭いが気になるニンニクやニラなどの対処法

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康や美容に良いとされるニンニク、ネギ、ニラ、キムチなどの食材。 でも、食べたくても営業でお客さんに会う予定やデートを控えているときなど...

2018/07/27 18:30掲載

「甘くておいしいロカボスイーツ」 甘いのに糖質は低い?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年注目を浴びている「ロカボ」。 とりわけ「ロカボスイーツ」は、ダイエットでタブー視されるス...

2018/07/22 18:30掲載

お肉やお魚にほんのひと手間… ほら!こんなに美味しい♪

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 料理には「下ごしらえ」というプロセスがあることは皆さんご存知でしょう。 実は「料理は下ごしら...

2018/07/10 18:30掲載

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載