ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

Mocosuku(もこすく)
  • ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

公開日時

 
執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
糖質制限ダイエット、キャベツダイエットなど、特定の食材を食べる、または食べない、というダイエット方法は古今東西たくさんあります。
 
しかし、社会生活においては自分で食べるものを決められないことも多々ありますよね。
 
そこで、今回は食べるものを調節するのではなく、「食べる方法」でダイエットにつながるテクニックをご紹介します。
 
接待やデート、宴会などの外食シーンでぜひ取り入れてみてください!
 

 

同じカロリーでも太りにくい食べ方3選!

 
同じものを食べても、食べ方で脂肪がつきにくくなれば、実践してみたくなりませんか?
 
そんな食べ方をご紹介しましょう。
 

(1) 食べる順番

 
今ではよく知られるようになった「食べ順ダイエット」
 
方法はいたってシンプル。
 
野菜や海藻、きのこ、大豆製品などのサブおかず→肉や魚などのメインおかず→ご飯やパンなどの主食や芋類という順番で食べるという方法です。
 
野菜類が最初なので、「ベジ・ファースト」などとも呼ばれていますね。
 
これには血糖値(血液中のブドウ糖の濃度を示した数値)が深く関わっています。
 
食事を摂って体内に糖質が吸収されると血糖値が上昇します。
 
このとき、「インスリン」というホルモンが分泌され血液中の糖質を処理して、血糖値を正常な状態に保っています。
 
糖質の吸収が早い、または一気に多量な糖質が吸収された場合、血糖値は急上昇しますからインスリンも多量に分泌されます。
 
インスリンは血糖値をもとに戻そうとして細胞にエネルギーを運ぶ働きをしますが、対応しきれないときは脂肪として溜め込むという方法に代えます。
 
つまり、インスリンの分泌が多くなると、それだけ脂肪が作られやすくなるのです。
 
食べ順ダイエットは、血糖値の上昇を緩やかにして、インスリンの分泌を出来るだけ抑え、脂肪が作られないようにするという原理です。
 
さらに、肉や魚を糖質より先に食べることによる効果も、最近わかってきています。
 

(2) よく噛んで食べる

 
「1口で30回噛みましょう」とよくいわれませんでしたか?
 
ふだん、何も意識せずに食べると何回噛んでいるでしょうか。
 
かつて日本の主食といえばお米でしたが、現在ではパンや麺類も立派な主食となり、噛む回数は減少傾向にあります。
 
実際に30回噛んでみるとアゴが疲れる、飲み込んでしまって噛んでいられない、という方も少なくありません。
 
噛むという行為は、顔周りの筋肉を使ういわば運動です。
 
まずはいつもより多く噛んでみる、夕食だけは「1口で30回噛む」を意識する…などから始めて、よく噛むことに慣れていってはいかがでしょう。
 
噛むことによるダイエット効果は、満腹中枢を刺激し腹八分でも十分に満足ができるようになることです。
 
反対によく噛まずに食べてしまうと、満腹を感じたときには既に食べ過ぎていた、という残念な結果につながりやすいのです。
 
また、よく噛むと食材の成分を味覚細胞がしっかりと感知しますから、薄味でも素材の甘みやうまみが感じられるというメリットもあります。
 
濃い味やこってり味、強い甘みがなくても美味しく食べられるうえに、自然と低カロリー・減塩で満足するようになります。
 
子どものころ、お母さんが「よく噛んでゆっくり食べなさい」…と言っていたのは本当のことなのですよ。
 

(3) 朝ごはんを食べる

 
ダイエットをしている方のなかには、夜は会食だから、あるいは、食べ放題に行くから、などの理由で「朝食は抜こう」と考える方も少なくありません。
 
1日の摂取カロリーで調節しようとする姿勢はとても大切です。
 
しかし、朝食抜きは逆効果です。
 
おにぎり1個、コップ1杯の牛乳でも良いので摂るようにしましょう。
 
その理由は体内時計です。
 
ヒトは、1日のなかで代謝が高まる時間と代謝が下がって休息モードになる時間があります。
 
切り替えは体内時計によって管理されています。
 
朝食を食べる行為で体内時計がリセットされ、代謝が上がり始めます。
 
つまり、朝ごはんを食べると日中の活動時間に痩せやすくなるという原理なのです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【ダイエット】新着記事

脂肪なのに活性化すれば痩せ体質に? 魅惑の「ベージュ脂肪細胞」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「脂肪を燃焼させる」といった類のキャッチフレーズをよく見かけませんか? 美容と健康に敏感な方はグッと惹きつけられるかもしれません...

2018/07/06 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

ダイエット中、急な外食! 「太らない食べ方」で対応しましょう

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 糖質制限ダイエット、キャベツダイエットなど、特定の食材を食べる、または食べない、というダイエ...

2018/04/27 18:30掲載

気になる食材「大豆ミート」とはどんなもの? カラダにいいの?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 大豆を原料とした大豆加工食品「大豆ミート」。 低カロリー、低脂質、高たんぱくに加え、食物繊維...

2018/03/23 18:30掲載