ダイエット

Mocosuku(もこすく)
  • ダイエット

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

ダイエットは健康的に

新年を迎えて、「今年こそは!」とダイエットの決意を固める人も多いこの時期。しかし、株式会社ディーエイチシーがおこなった「2015年のダイエットに関する意識・実態調査」によると、女性のダイエット成功率は平均50%程度とのこと。また、ダイエットの成功には、その期間や目標設定が関係していることもわかりました。ダイエットが成功しない ワケについてみていきましょう。

ダイエットが成功しない 女性のダイエット成功率は約50%

この調査では「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名を対象にアンケートを実施しました。 まず、「ダイエットを始めようと思った理由」を複数回答形式でたずねたところ、最も多かったのが「健康のため」(61%)という回答。次点には「女性からキレイに見られたいから」(39%)が続き、「自分を変えたいから」と「着たい服があるから」が37%の同率で並びました。 このように、ダイエットは何かきっかけがあって始める人がほとんどですが、最初の意気込みは続かずに、「来年こそ」とあきらめてしまう人もいます。今回の調査でも「これまでのダイエットの成功率」を聞いています。最も多かった回答は「50%以上60%未満」(24%)で、次点は「40%以上50%未満」(12%)。その平均値も「51.3%」で、女性のダイエット成功率は50%前後にとどまっていることがわかりました。

ダイエットが成功しない 成功しているのは「短期集中型」のダイエット?

何kgやせるかという数字はもちろん、「結婚式までに」「薄着になる夏までに」など、いつまで、という期日を決めている人も多いことでしょう。みなさんはダイエットの目標数値をどのくらいに設定しているのでしょうか? アンケートによると、2015年に行おうとしているダイエットの「目標の体重」は、平均して「現状より-5.5kg」という回答でした。 さらにその「ダイエットにかけようと思っている期間」は「2~3か月」(29%)、「5~6か月」(21%)という回答が多い結果となりました。 実は、こうしたダイエットの目標設定や期間も、成功率に影響しているようです。というのも、ダイエットの成功率が高い人と低い人では、ダイエットの目標数値に違いが見られたからです。 ダイエットの成功率が「60%以上」答えた人たちの「目標の体重」の平均値は「現状より-4.5kg」、「ダイエット期間」は「2~3か月」という回答が最多でした。一方、ダイエットの成功率が「40%未満」と答えた人たちの「目標の体重」は「現状より-7.3kg」とより大きく、「ダイエット期間」は「5~6か月」とより長期間の予定を立てていることがわかりました。 この調査では、短期集中型で行うダイエットのほうが成功率がいいという結果ですが、「急激なダイエット」は身体によくありませんし、じっくり時間をかけてやせるほうがリバウンドしにくい、とも言われています。 目標減量値が大きく期間が長いダイエットが成功しにくい理由は、誘惑を断つ「気持ち」が長続きしないということにありそうです。

ダイエット最大の敵は「食欲」  開始3~5日後がいちばんツラい

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、運動や食事制限など、それまでの生活とは異なる「変化」がともないます。

そこで、「辛くなってくるタイミング」という質問をしてみたところ、もっとも多かったのが「開始3~5日後」(35%)、続いて「開始2~3週間後」(23%)、「開始1週間後」(20%)という回答となりました。ダイエット期間を長く設定した人は、当然この「辛い」期間も長くなってしまうのです。 また、「ダイエットの最大の敵は何だと思いますか?」という複数回答形式の質問では、ダイエットの成功率に関わらず、最も多かった回答は「食欲」(39%)でした。 「食べたい」という気持ちを辛さに結び付けてしまうのか、上手にコントロールするのか、そこにダイエットの分かれ目があるようです。

[調査概要]
調査名:2015年のダイエットに関する意識・実態調査
調査期間:2014年12月16日(火)~12月19日(金)
調査対象:「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名
調査方法:インターネット調査

【ダイエット】

忙しくてもこれならできる! カロリー消費の高い運動

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 仕事や育児で忙しい毎日を送っていると、「運動はしたいけれど時間がない」と葛藤を覚える方は多い...

2017/10/13 18:30掲載

「耳ツボ」はダイエットに効く? どうしていいの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 食欲の秋、ダイエットする人にとっては誘惑が多く、「ついつい間食しちゃった」「食べすぎた!」などということもあるのではないでしょうか? 今...

2017/10/10 18:30掲載

羨ましい… 食べても太りにくい「痩せ体質」 デメリットは?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 世の中には、かなり食べているはずなのに、大して太らない人が存在します。 「食べても太らない、...

2017/09/13 18:30掲載

低脂肪、低カロリー、糖質ゼロ。ダイエットで優先すべきはどれ?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 健康志向や痩せ志向が広まり、スーパーやコンビニでも低脂肪や低カロリー、糖質ゼロなど、ダイエッ...

2017/09/09 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...