ダイエット

Mocosuku(もこすく)
  • ダイエット

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

まだ間に合う!健康的にダイエット

新年を迎えて、「今年こそは!」とダイエットの決意を固める人も多いこの時期。しかし、株式会社ディーエイチシーがおこなった「2015年のダイエットに関する意識・実態調査」によると、女性のダイエット成功率は平均50%程度とのこと。また、ダイエットの成功には、その期間や目標設定が関係していることもわかりました。ダイエットが成功しない ワケについてみていきましょう。

ダイエットが成功しない 女性のダイエット成功率は約50%

この調査では「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名を対象にアンケートを実施しました。 まず、「ダイエットを始めようと思った理由」を複数回答形式でたずねたところ、最も多かったのが「健康のため」(61%)という回答。次点には「女性からキレイに見られたいから」(39%)が続き、「自分を変えたいから」と「着たい服があるから」が37%の同率で並びました。 このように、ダイエットは何かきっかけがあって始める人がほとんどですが、最初の意気込みは続かずに、「来年こそ」とあきらめてしまう人もいます。今回の調査でも「これまでのダイエットの成功率」を聞いています。最も多かった回答は「50%以上60%未満」(24%)で、次点は「40%以上50%未満」(12%)。その平均値も「51.3%」で、女性のダイエット成功率は50%前後にとどまっていることがわかりました。

ダイエットが成功しない 成功しているのは「短期集中型」のダイエット?

何kgやせるかという数字はもちろん、「結婚式までに」「薄着になる夏までに」など、いつまで、という期日を決めている人も多いことでしょう。みなさんはダイエットの目標数値をどのくらいに設定しているのでしょうか? アンケートによると、2015年に行おうとしているダイエットの「目標の体重」は、平均して「現状より-5.5kg」という回答でした。 さらにその「ダイエットにかけようと思っている期間」は「2~3か月」(29%)、「5~6か月」(21%)という回答が多い結果となりました。 実は、こうしたダイエットの目標設定や期間も、成功率に影響しているようです。というのも、ダイエットの成功率が高い人と低い人では、ダイエットの目標数値に違いが見られたからです。 ダイエットの成功率が「60%以上」答えた人たちの「目標の体重」の平均値は「現状より-4.5kg」、「ダイエット期間」は「2~3か月」という回答が最多でした。一方、ダイエットの成功率が「40%未満」と答えた人たちの「目標の体重」は「現状より-7.3kg」とより大きく、「ダイエット期間」は「5~6か月」とより長期間の予定を立てていることがわかりました。 この調査では、短期集中型で行うダイエットのほうが成功率がいいという結果ですが、「急激なダイエット」は身体によくありませんし、じっくり時間をかけてやせるほうがリバウンドしにくい、とも言われています。 目標減量値が大きく期間が長いダイエットが成功しにくい理由は、誘惑を断つ「気持ち」が長続きしないということにありそうです。

ダイエット最大の敵は「食欲」  開始3~5日後がいちばんツラい

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、運動や食事制限など、それまでの生活とは異なる「変化」がともないます。

そこで、「辛くなってくるタイミング」という質問をしてみたところ、もっとも多かったのが「開始3~5日後」(35%)、続いて「開始2~3週間後」(23%)、「開始1週間後」(20%)という回答となりました。ダイエット期間を長く設定した人は、当然この「辛い」期間も長くなってしまうのです。 また、「ダイエットの最大の敵は何だと思いますか?」という複数回答形式の質問では、ダイエットの成功率に関わらず、最も多かった回答は「食欲」(39%)でした。 「食べたい」という気持ちを辛さに結び付けてしまうのか、上手にコントロールするのか、そこにダイエットの分かれ目があるようです。

[調査概要]
調査名:2015年のダイエットに関する意識・実態調査
調査期間:2014年12月16日(火)~12月19日(金)
調査対象:「2015年にダイエットをしよう」と考えている20代~40代の女性500名
調査方法:インターネット調査

【ダイエット】

ダイエットや筋トレ、「ながら」で効果は変わらない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエットや筋トレにおける運動の効果は、脂肪燃焼や筋力アップです。 その効果を得るためには継...

2017/03/31 18:30掲載

脂肪燃焼効果を高める! オススメ食材・飲料組み合わせ

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットをしよう!」と思い立ったときに、まずは食事を減らすという方も多いでしょう。 しかし、効率よく脂肪を燃やすためには、動くことと同...

2017/03/28 18:30掲載

太りやすい体質を改善! NGな生活習慣はこの5つ

執筆:井上 愛子(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病をひきおこす原因として注目されている肥満。 健康やスタイル維持のためにダイエットに励む人も多いことでしょう。 「太らないように...

2017/01/29 21:30掲載

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

2017/01/26 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

「睡眠と服装のカンケイ」 ぐっすり眠れるパジャマはどれ?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ よい睡眠をとると、目覚めた翌日の朝は晴れやかで、仕事や生活の質もあがってきますね。 よい睡眠をとるには、環境を整える...

肉や魚を食べない「ベジタリアン」 本当に健康的?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 新しい年を迎えて心機一転。 「今年はもっと健康的な生活を送ろう!」 そう決意した方もいるかもしれません。 先日あるTV番組で「ベジタリアン...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

「精神科」と「心療内科」はどう違うの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代生活。身体だけではなくココロにも負担がかかり、不調や疾病に陥る人も少なくない状況になってきました。 かつては縁...

5月12日は「慢性疲労症候群」世界啓発デー、どういう病気かご存じですか。

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慢性疲労症候群」という名前を聞いたことはありますか? 「慢性的な疲労なら、だれにだってあるでしょう?」と思われるかもしれません...

「規則正しい食生活」とは具体的にどういうことなの?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 健康の為に必要とされている「規則正しい食生活」。 わかっていても、具体的にどんなことに気をつけたらよいかはわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか? 今回は...

知らないと損? こんなにも嬉しい「豆乳」のチカラ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によい食材のイメージが強い豆乳。 女性によいイメージがあっても、一体どんな成分が体に嬉しいのか実はあまり知られていません。 そこで豆乳のどんな成分が体に嬉しいのか解説...

関連サイト

体脂肪率平均

体脂肪率の平均値については、性別、年齢別で考える必要があります。当サイトでは、体脂肪率の平均について、詳しく見ていきます。

体脂肪率計算

体脂肪率とは、体重における脂肪のパーセンテージです。体脂肪率はどのように計算するのでしょう。また何を意味していて、どう活用すればよいのでしょう。当サイトでは、体脂肪率の計算に関連したトピックスを取り上げます。