いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

Mocosuku(もこすく)
  • いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

公開日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
心臓のあたりがときどき急にズキッと痛む、でも、しばらくすると元に戻る…
 
そんな経験をしたことはありませんか?
 
左側の胸が痛むという症状、考えられる病気の原因は数え切れません。
 
今回は、比較的症状が軽く見過ごしてしまいやすいケースを取り上げます。
 

 

左胸が痛む原因

 
左胸が痛むと「心臓のあたりが痛い」と捉えがちです。
 
しかしながら、左胸には心臓のほかにも肺や食道など、たくさんの臓器が集まって隣り合っています。
 
もちろん痛みの原因が心臓の場合もありますが、そうでない場合も考えられますし、重症度もさまざまです。
 
具体的には、大動脈解離(だいどうみゃくかいり)や肺塞栓(はいそくせん)、急性膵炎(きゅうせいすいえん)といった一刻をあらそう病気や、帯状疱疹(たいじょうほうしん)のように発疹症状が現れる病気も含まれます。
 
なかでも、気がつきにくく比較的程度が軽いため対処が遅れがちなのは、次のようなケースです。
 
 

心臓の病気(狭心症、程度の軽い心筋梗塞)

心臓に酸素や栄養を送っている血管にトラブルが生じて、心臓に十分な血液が流れなくなり痛みとなって現れます。
 

消化器の病気(逆流性食道炎)

胃液が逆流すると、胃の上に位置する食道の粘膜は酸でただれ傷つきます。
食道は胸の真ん中に位置しているので、左胸の痛みとして感じることがあります。
 

肺の病気(気胸:ききょう)

何らかの原因で肺に穴があき、肺と、肺を覆っている膜の間に空気がたまり、肺がしぼんで小さくなっている状態です。左肺がしぼんでいるときは、左胸が痛みます。
 

その他の病気

・肋間神経痛(ろっかんしんけいつう)
肋骨にそって肋間神経が走っています。
ストレスや内臓疾患など、何らかの原因で左側の肋間神経が刺激を受けている状態です。
 
・パニック障害
心臓神経症とも呼ばれます。
パニック障害は、自律神経が乱れ、常に心と身体が興奮した状態です。
心臓の興奮が続くことで痛みを感じます。
 

日常生活によるもの

食生活の乱れや運動不足、喫煙、ストレスなどは、いわゆる「メタボ」をまねき心臓の血管をつまらせる病気につながります。
また、ストレスは自律神経の調節を乱し、先述のような心臓の興奮にもつながります。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

「頭を使い過ぎて知恵熱が出た」 知恵熱って本当にあるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慣れないことをしすぎた」「勉強や仕事で頭を使いすぎた」…などの状況で、比喩的に「知恵熱がでそう」という表現を用いることがあります。 し...

2018/11/09 18:30掲載

小さな虫が飛んでいるように見える… 「飛蚊症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 何かを見ているとき、黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが動くように感じることはありませんか。 「視野にごみや虫のようなも...

2018/11/02 18:30掲載

「おっぱい」がもう一つ!? 「副乳」の原因と治療について

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ヒトの乳房は基本的に一対、左右の胸に一つずつあるのが普通です。 しかし、それ以外に身体に乳房ができる状態を「副乳」といいます。 ...

2018/10/30 18:30掲載

お腹のカビ「カンジダ」 腸内で増えすぎると恐ろしい症状が?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸の中には多くの細菌がいます。 実は、細菌のほかに、いわゆる「カビ」もいることを皆さんご存知ですか? その代表が「カンジダ」という「真菌...

2018/10/21 18:30掲載

いきなり心臓がズキッ! 前触れなく、ときどき痛む… 考えられる原因は?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 心臓のあたりがときどき急にズキッと痛む、でも、しばらくすると元に戻る… そんな経験をしたことはありませんか? 左側の胸が痛むという症状、...

2018/10/16 18:30掲載

激しい運動をする女性は「スポーツ貧血」に気をつけて!

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「いつまでも若々しくキレイでいたい」 これは女性が永遠に追い求めるテーマかもしれません。 健康と若さの維持のため、欠かせないことと言えば...

2018/09/28 18:30掲載