女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

Mocosuku(もこすく)
  • 女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

女性の健康知識(ヘルスリテラシー)は仕事にも影響!?

公開日時

ヘルスリテラシーと仕事の関係

 
冒頭で触れた日本医療政策機構の調査は、18~49歳のフルタイムで働く女性2000名を対象に実施されました。
 
本調査では、「女性の健康情報の選択と実践(9項目)」「月経セルフケア(5項目)」「女性の体に関する知識(5項目)」「パートナーとの性相談(2項目)」という4つの因子(合計21項目)と、「知識に加えて知識を活用した行動に関する項目」によってヘルスリテラシーの高さを割り出しています。
 
そして、これらと仕事のパフォーマンス、妊娠や不妊治療、女性特有の症状があった時の対処などとの関連を調べています。
 
そのなかで、仕事のパフォーマンスとの関連について、「PMS(月経前症候群)や月経随伴症状(月経に伴うさまざまな身体的・精神的症状)によって、元気な状態のときと比較して仕事のパフォーマンスが半分以下になる」と答えている女性が約半数にのぼることがわかりました。
 
また、「更年期症状や更年期障害によって、元気な状態のときと比較して仕事のパフォーマンスが半分以下になる」と答えている女性もおよそ半数いることが明らかになりました。
 
いずれも、女性特有の不調により仕事のパフォーマンスが落ちる人は決して少なくないことを表しています。
 
しかしながら、これをヘルスリテラシーの高さ別に分析してみると、ヘルスリテラシーが高い人のほうがPMSや月経随伴症状、更年期症状や更年期障害などによるパフォーマンスの低下が起こりにくいこともわかったのです。
 
とりわけ「女性の体に関する知識」という因子との関連性の高さから、同調査では仕事のパフォーマンスへの影響という視点において「特に女性の体に関する知識を身につけることが重要である」と結論づけています。
 
 

なぜヘルスリテラシーは重要?

 
今回の調査では、ヘルスリテラシーの高い人のほうが、PMSや更年期症状や更年期障害のときに受診や服薬などで対処行動をする傾向にあること、また、定期的に婦人科や産婦人科を受診していることも明らかになりました。
 
つまり、何らかの不調があったときに、ヘルスリテラシーの高い人ほど早い段階で健康な生活を維持するための行動を起こしやすいと考察できます。
 
そうした行動により、日常生活や仕事に生じるマイナスな影響の抑制につながっているのかもしれません。
 
女性特有の症状や病気は、周囲の人に相談がしにくく、我慢したりうやむやにしたりすることが多いと思います。
 
あるいは、インターネットなどで情報を検索し、正しい情報なのか確証が持てないまま、必要以上に楽観視して放置するか、逆に恐怖心をあおられて病院などの受診をためらうかもしれません。
 
こうして事実と向き合わずにいると、日常生活や仕事に支障を来たし、ひいては重大な病気や不妊の兆候を見過ごすことになり兼ねないのです。
 
実際に本調査でも、ヘルスリテラシーの低い人のほうが職務満足感や生活満足感、QOL(Quality Of Life;生活の質)が低いということが明らかになっています。
 
 

<つづきを読む>

2 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

かかりつけ薬局とは違う『健康サポート薬局』 知らなきゃもったいない!!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、薬や薬局にまつわる制度が大きく変化しています。 2016年4月からスタートした「かかりつけ薬剤師制度」では、“患者のための薬局”と...

2019/07/26 18:30掲載

『苦くてまずい』はもう古い?実は栄養満点の気になる野菜『ケール』とは

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ ケールと聞いて青汁を連想される方も多いのではないでしょうか? なんとなく苦くて不味いイメージが強いですが、ケールには現代人に不足しがちな栄養...

2019/07/23 18:30掲載

フルーツはいつ食べる? 『朝は金、昼は銀、夜は銅』ってどういうこと?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ フルーツは健康や美容によい栄養素を摂取できる食品として、私たちの食生活に浸透しています。 と...

2019/07/12 18:30掲載

お口の中の細菌は万病のもと 『口腔内フローラ』の重要性を説く!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸内細菌が形成する「腸内フローラ」はすでによく知られるようになりましたが、お口の中の「口腔内フローラ」についてはいかがでしょうか? 「齢...

2019/07/02 18:30掲載

ワインのちびちび飲みは要注意!「酸」で歯が溶ける『酸蝕歯』

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 歯の病気といえば虫歯があまりにも有名ですが、『酸蝕歯(さんしょくし)』という病気をご存知でし...

2019/06/28 18:30掲載

憂うつな梅雨は、 ココロとカラダをほぐして前向きに!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 雨や曇の日が続いて洗濯物が乾かない、湿気が多くてヘアスタイルが決まらない、なんとなく気分もすっきりしない…そんな梅雨の季節。 コ...

2019/06/11 18:30掲載