独身生活VS家族生活! 結婚のコスパ を考えるとどうなる?

Mocosuku(もこすく)
  • 独身生活VS家族生活! 結婚のコスパ を考えるとどうなる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

独身生活VS家族生活! 結婚のコスパ を考えるとどうなる?

公開日時
更新日時

「結婚にはメリットがない、コストパフォーマンス(対費用効果)が悪い」との記事が毎日新聞5月7日付のWEBサイトに掲載されました。少子化が進む日本、特に地方に比べ物価が高い都市部では、恋愛や結婚にも経済事情が影響しているとのことです。
価値観が多様化した現在であっても、結婚をコストパフォーマンス(以下コスパ)で考える、ということに対しては、違和感を抱くという人は少ないかもしれません。

 
ここでは 結婚のコスパ について検証してみたいと思います。

 

結婚のコスパ 専業主婦または共稼ぎで変わる?

総務省:平成26年家計調査では、独身世帯の月平均消費支出額は162,002円でした。同二人以上世帯は、291,194円の消費支出金額でした。これを年換算すると独身世帯が約194万円、二人以上世帯では約349万円となります。
一方、収入面では厚労省:平成26年賃金構造基本統計調査では、男性で約330万円(年齢42.9歳、勤続13.5年)、女性で約238万円(年齢40.6歳、勤続9.3年) という結果です。
扶養家族の有無による税負担の差や家族手当の有無などにより、単純に比較は出来ませんが、この数値だけを見ると明らかに独身世帯のほうが、収入(男性330万円・女性238万円)が支出(194万円)を上回り、二人以上世帯と比べて有利にみえます。
一昔前の「夫は働き、妻は専業主婦」という図式は、独身貴族と比べると「コスパが悪い」といえるでしょう。

ところが、二人以上世帯において夫婦共働きである場合には、景色が変わってきます。
収入面におけるダブルエンジン効果で330万円+238万円=568万円となり、収支は明らかに改善するでしょう。この結果を見ると、共働きという限定付きではあるものの「結婚=コスパが悪い」というイメージはあてはまらないようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【結婚】新着記事

『11月22日 = いい夫婦の日』 現代版「いい夫婦」像とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ どんな夫婦が「いい夫婦」なのか、それは時代や文化によっても異なるでしょう。 昔なら模範的夫婦とされた「夫唱婦随」(夫が主張して妻...

2017/11/21 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載