スポーツ選手の恋愛タイプ は一途な恋愛が多いって本当?

Mocosuku(もこすく)
  • スポーツ選手の恋愛タイプ は一途な恋愛が多いって本当?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

スポーツ選手の恋愛タイプ は一途な恋愛が多いって本当?

公開日時
更新日時

 

スポーツ選手が長年の交際の末結婚、という話をよく聞きますが、 スポーツ選手の恋愛タイプ は一途な恋愛が多いのでしょうか?
 
長年交際の末、結婚に至ったスポーツ選手といえば、9年交際の末、メキシコ人の年上女性の方と入籍したプロボクサーの亀田和毅さんや、高校時代から付き合っている彼女とご結婚された、サッカー日本代表の本田選手、また高校時代から交際をしていた彼女とご結婚された、プロ野球西武ライオンズの秋山翔吾選手などがいらっしゃいます。

 

このように、一流のスポーツ選手が長年の交際を実らせて結婚するというケースはいくつでも挙がってきます。
 
成功したスポーツ選手は知名度も収入も高く、華やかな世界にいるイメージがあります。出会いも豊かなはずです。
一部には浮名を流し続けるスポーツ選手もいますが、一流と呼ばれる選手は、華やかなイメージとは裏腹に恋愛や結婚は意外と堅実です。
 
スポーツに一途な人は恋にも一途なのでしょうか。心理学者で神奈川大学教授の杉山崇さんにお話を聞いてみました。

 
 

 スポーツ選手の恋愛タイプ :一流のスポーツ選手は「セキュア(安定)型」

 

結論から言えば、スポーツに一途な人は恋にも一途なことが多いと考えていいでしょう。
 
心理学には「愛着スタイル」という言葉があります。
これは自分と大切な何かとの関係がいつまでも「いいもの」であると信じられるか否かのスタイルです。
言い換えれば、「この人とはずっと幸せな関係が続く」、「この仕事に全力になれば人生満足できる」と信じられる人と信じられない人がいるのです。
 
信じられる人のスタイルは心理学では「セキュア(安定)型」と呼びます。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【結婚】新着記事

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載

帰省して、親から「結婚の話題」 をされた?

執筆:Mocosuku編集部 年々晩婚化が進んでいく日本。もはや「未婚化」の現象も起きつつあるという現代において、「年頃の娘・息子をもつ親」としては、どういう気持ちなのでしょうか。 今年の夏も、お盆や...

2016/08/22 21:30掲載

「○年越しの結婚式」が夫婦円満のヒケツ!?

執筆:Mocosuku編集部 結婚式を行わずに入籍するカップルは少なくありません。結婚式に興味がなかったり、タイミングや経済的理由で行えなかったりと、理由はさまざまです。 夫婦生活を続けるうちに、「や...

2016/08/16 21:30掲載