負傷による視機能障害 …顔面のケガに伴うリスクとは?

Mocosuku(もこすく)
  • 負傷による視機能障害 …顔面のケガに伴うリスクとは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

負傷による視機能障害 …顔面のケガに伴うリスクとは?

公開日時
更新日時

負傷による視機能障害 の危険性はあまり知られていません。素手の顔面パンチは非常に危険です。ほとんどの格闘技はこれを禁じています。しかし、プロ格闘家たちの間では禁断の素手の顔面パンチの応酬による、陰惨なケンカマッチがなかば偶発的に成立することがあります。強烈な打撃で腫れ上がった顔面は大変ショッキングな上、健康面では視機能への影響が懸念されます。

 

 

顔面を腫れ上がらせるほどの壮絶なケンカマッチの中には、大きく報道され、広く知られるに至ったものがあります。禁じ手なしの、なんでもアリを掲げるUFC第1回大会(1993年)を制したグレイシー柔術に対し、安生洋二(UWFインターナショナル)が道場破りを仕掛けたとき、後にPRIDE(総合格闘技興行)で活躍することになるヒクソン・グレイシーから手痛い制裁を受けました。このときヒクソン・グレイシーは見せしめのために顔面を執拗に打ち続けたといいます。

 

また、プロレスのリングにおいて、神取忍VS天龍源一郎の対戦は、男女の闘いという特異性、そして、試合後にひどく腫れ上がった神取選手の顔面が大きな衝撃を与えました。

 

現在、女子プロレス界におけるケンカマッチとして話題を呼んでいるのが安川惡斗VS世IV虎(2・22後楽園大会/スターダム)の一戦です。総合格闘技を連想させる世IV虎選手によるグラウンドの打撃、そして、顔面崩壊と称された安川選手の負傷が物議を醸しました。結果、将来を期待された世IV虎選手は引退、安川選手は当初失明が危ぶまれるなど、双方に深い傷を残しました。

 

幸いなことに、まだ完全には治っていないものの、安川選手の視機能は徐々に回復し、復帰戦に向けたトレーニングを開始したそうです。ここでは顔面打撃による視機能低下の危険性を確認しておきましょう。

 

負傷による視機能障害 :眼窩底骨折

顔面への打撃によって安川選手は眼窩底骨折を受傷しています。眼球が強い力で押されると、これを支える薄い骨が骨折します。眼球で衝撃を受ける代わりに、骨が骨折することで視機能を守っているといわれています。眼窩底骨折が起きても、眼球自体へのダメージは少ないことが多く、視機能に深刻な影響が出るのは稀です。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【病気(その他)】新着記事

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載

「肥満」は万病のもと。 年齢で変わる脂肪のつきかたに注意!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「肥満」は見た目だけでなく、身体にさまざまな悪い影響を及ぼすということは、誰しも想像できると思います。 「肥満」はあらゆる病気の進行を手...

2018/11/16 18:30掲載

「頭を使い過ぎて知恵熱が出た」 知恵熱って本当にあるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「慣れないことをしすぎた」「勉強や仕事で頭を使いすぎた」…などの状況で、比喩的に「知恵熱がでそう」という表現を用いることがあります。 し...

2018/11/09 18:30掲載

小さな虫が飛んでいるように見える… 「飛蚊症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 何かを見ているとき、黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが動くように感じることはありませんか。 「視野にごみや虫のようなも...

2018/11/02 18:30掲載

「おっぱい」がもう一つ!? 「副乳」の原因と治療について

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ ヒトの乳房は基本的に一対、左右の胸に一つずつあるのが普通です。 しかし、それ以外に身体に乳房ができる状態を「副乳」といいます。 ...

2018/10/30 18:30掲載

お腹のカビ「カンジダ」 腸内で増えすぎると恐ろしい症状が?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸の中には多くの細菌がいます。 実は、細菌のほかに、いわゆる「カビ」もいることを皆さんご存知ですか? その代表が「カンジダ」という「真菌...

2018/10/21 18:30掲載