やせすぎによる腸閉塞 …桂歌丸さんのケースを考える

Mocosuku(もこすく)
  • やせすぎによる腸閉塞 …桂歌丸さんのケースを考える

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

やせすぎによる腸閉塞 …桂歌丸さんのケースを考える

公開日時
更新日時

やせすぎによる腸閉塞 について考えさせられる出来事がありました。落語家の桂歌丸さんは、入院先の病院で腸閉塞と診断され、退院のめどが立たない状況だといいます。桂歌丸さんは今月1日に背部褥瘡(じょくそう)の手術を受けて退院しましたが、胃腸の不調によるやせ過ぎが原因で14日に再入院していました。腸閉塞は、イレウスと呼ばれます。口から摂取した飲食物や消化液、ガス、便などが、排泄されずに小腸や大腸で滞ってしまう病気です。

 

 

腸閉塞の症状

 

通常は、口から摂取した飲食物や唾液・胃液などの消化液は、胃、小腸、大腸を通って消化吸収され、最終的に便とともに排泄されます。ところが、内容物が排泄されずに腸に詰まると、腸が拡張してお腹が張ります。また、腸粘膜が腫れて炎症が起こり、刺すような腹痛、嘔気、嘔吐、排ガス・排便の停止などの症状がでます。

 

やせた人では、腸がムクムクと動くのがお腹の外から見えることもあります。お腹の痛みは、キリキリと強い痛みが起こり、しばらくすると少し和らぐ、ということを繰り返す疝痛(せんつう)発作と呼ばれる特徴的なものが起こります。

吐物は、最初は、白色から透明で酸っぱい胃液や黄色で苦い胆汁ですが、進行すると腸の奥から逆流してきた腸の内容物となり、下痢便のような色合いや便臭を伴うようになります。
さらに進行すると、腸管の動脈血流障害による腸管の壊死や穿孔を引き起こし、生命の危険を伴います。絞扼(こうやく)性腸閉塞は、腸自体にねじれが出たり、きつく絞まったりすることにより引き起こされるもので、緊急手術が必要です。激しい腹痛が休まることはなく、時間とともに顔面蒼白、冷や汗、冷感もみられ、脈や呼吸も弱く速くなり、ショック状態に陥ります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【腸】新着記事

長くツライ便秘… 便秘薬に頼っても大丈夫?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ つらい便秘が長引くときは、セルフメディケーション(※)として便秘薬を使う方法もあります。 セルフメディケーションを取り入れる際は「どの程...

2018/03/26 18:30掲載

見ないで流すと損をする? 色や形などで健康状態を今日からチェック

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ もし、今お食事中でしたら、すみません。しかしカラダにとっての大切なお話を一つ。 それはトイレにまつわるお話。 当たり前のことですが、誰だ...

2018/02/21 18:30掲載

あ、ゲップが出ちゃう! ゲップを抑える方法はある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人前でゲップをするのはマナー違反といわれます。 おならも同様ですが、欧米ではゲップの方がマナー違反の度合いが高いとされています。 とはい...

2018/02/11 18:30掲載

「乳酸菌」と「ビフィズス菌」は同じ菌? なにが違うの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 腸内環境を健康に保つ「善玉菌」の代表格といえば、乳酸菌とビフィズス菌でしょう。 どちらもヨーグルトなどのパッケージでよく目にしますし、ヘ...

2018/02/07 18:30掲載

知っている人はケアしてる。 美容も健康も左右する「腸内フローラ」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 近年、腸に関する研究が進む中、「第二の脳」と言われるほど、腸が全身に影響を与える器官であるこ...

2017/04/18 18:30掲載

その“おなかのトラブル”は「腸の疲労」が原因かも

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 外食や飲み会の増える季節は食べ過ぎや飲みすぎが続いて、腸に負担がかかってしまいますね。 お酒を飲んだ翌日は下痢気味になる、睡眠不足が続く...

2017/01/22 21:30掲載