蚊で感染する? 知っておくべきマラリアの症状と対処法とは

Mocosuku(もこすく)
  • 蚊で感染する? 知っておくべきマラリアの症状と対処法とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

蚊で感染する? 知っておくべきマラリアの症状と対処法とは

公開日時
更新日時

 

厚生労働省は、エボラ出血熱の感染が疑われた40代男性(静岡県)の検査結果が陰性だったことを発表し、 マラリア と診断されたことが分かりました。

エボラ出血熱と マラリア 、2つの感染症は同じような地域で流行し、発熱など風邪とよく似た症状が出る点で共通しています。男性に感染が認められた マラリア とはどのような病気なのか確認しておきましょう。

 

 

 

熱帯・亜熱帯地域で流行するエボラ出血熱と マラリア

 

エボラ出血熱と マラリア は同じような地域で発生する感染症です。エボラウイルスに感染した人の致死率は90%とされ、「体中の穴から大量出血する」という症状が恐怖心をかきたてます。しかしながら、エボラウイルスは空気や飲料水による感染ではなく、汗や血液を通じての感染のため急速に広がることはないといわれています。世界保健機関(WHO)の集計(2015年1月時点)によると、エボラ出血熱の死者数は8004人、感染者は2万416人に達するといいます。

 

一方、 マラリア はエボラウイルスと比べ、規模という点で圧倒的に異なっています。世界保健機関(WHO)の推計によると、 マラリア の罹患者は年間2億人を超え、死者数は200万人に達するといいます。感染した マラリア 原虫によって、病型や治療法は異なりますが、なかでも熱帯熱 マラリア は、早期に適切な対応をしないと短期間で重症化し死に至ることがあります。

 

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【感染症】新着記事

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

感染症対策の「アルコール消毒」 その有効性と注意すること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ インフルエンザやノロウィルスなどの感染症対策として、アルコール消毒が奨励されています。 昨今はオフィスやトイレ、公共・商業施設の受付など...

2018/04/04 18:30掲載

動物からヒトに感染する「動物由来感染症」 過度な接触に注意を

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 福岡県に住む60代女性がネコから感染したとみられる「コリネバクテリウム・ウルセランス感染症」により死亡していたと、先ごろ厚生労働省が発表...

2018/03/13 18:30掲載

大人もこどもも、長引く咳には要注意。 「百日ぜき」の可能性も

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいお子さんや赤ちゃんに多く発症する「百日ぜき」は近年、大人の患者も増えています。 大人の百日ぜきは症状が軽く、風邪と間違って放置する...

2018/01/23 18:30掲載

女性にうつることも?「インキンタムシ」とはどういう病気?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「インキンタムシ」という病名を聞いたことがありますか? 昔の病気のように思っている方もいるかもしれませんが、今もある...

2017/11/17 18:30掲載

日本でも増えてきた「タトゥー」。 健康への影響はある?

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 欧米ではファッションの一部として定着しているイメージがあるタトゥー。 日本でも、ファッション感覚で取り入れられることが増えてきま...

2017/10/17 18:30掲載