感染症

Mocosuku(もこすく)
  • 感染症

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

色々な感染症について

 カンジダ膣炎の症状と治療法 :どんな病気?症状は?



カンジダ膣炎の症状と治療法 をお話する前に、カンジダ膣炎がどんな病気なのかをご説明しましょう。 カンジダ膣炎とは、カンジダ・アルビカンスというカビ(真菌)の一種に感染することで、膣に炎症を起こす病気です。このカビ自体は、普段から誰の体にも住み着いています。 元々、女性の膣は自浄作用といって、女性ホルモンのおかげで酸性に保たれており、外部からの雑菌の侵入や繁殖が抑えられています。しかし、何らかの原因で抵抗力が落ちたり、抗生物質を飲むことで膣の自浄作用が落ちたり、妊娠することでホルモンのバランスが崩れた時などに、発症することがあります。 カンジダ膣炎を起こしている時に性行為を行うと、パートナーに感染させるだけではなく、他の性行為感染症にもかかりやすくなりますので、注意が必要です。 特徴的な症状としては、外陰部の激しいかゆみと、カッテージチーズのような白いおりものがポロポロ出てくることがあげられます。

 カンジダ膣炎の症状と治療法 :なりやすい人



年齢は特に関係なく、女性であれば誰でも感染します。性行為の経験が無くても感染します。疲れが溜まっている時、ホルモンバランスが崩れている時などは要注意です。また、夏でも補正下着やおりものシートなどで性器が蒸れる状態にあるのも危険です。繰り返す場合は、糖尿病など免疫力が低下する病気にかかっていることもありますので、注意しましょう。

 カンジダ膣炎の症状と治療法 :調べ方(健診方法)



男性の場合は泌尿器科を受診しますが、女性の場合は婦人科です。 まずは問診。これまでの病歴や、性行為の経験などを聞かれます。またパートナーに症状はないか、最近の性行為はいつだったか、なども正直に答えましょう。 次に内診。膣の状態やおりものを検査します。カンジダ膣炎は特徴的なおりものがありますので、おりものを綿棒で採って顕微鏡をみたり、おりものの菌を培養し、病原菌を特定することで診断されます。最近は自分で尿やおりものを採って郵送するという検査法もありますが、やはり婦人科で検査を受ける方が確実な診断ができます。

 カンジダ膣炎の症状と治療法 :治療方法(手術・化学療法)



まずは、内診しながら膣の中を洗浄します。 その後、抗真菌薬の膣剤や軟膏などを使うことで治ります。およそ1~2週間で治ります。薬をはじめてから3~4日くらいでかゆみが治まるため、途中でやめてしまう人もいますが、次に感染した時に治りにくくなりますので、必要な期間、きちんと治療しましょう。 性行為の経験がある場合、パートナーも感染している可能性がありますので、この間は性行為は控え、一緒に治療しましょう。

【感染症】

キスが原因、その名もズバリの「キス病」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ キスをしただけで感染してしまう疾患「キス病」。 もし自分のパートナーがそうした感染症にかかっていたら、スキンシップだ...

2016/12/16 18:30掲載

ノロウィルスの予防にアルコール消毒は効かない?

執筆:南部 洋子(助産師、看護師) 医療監修:岡本 良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) これからが本格化する冬の季節。とくに気を付けたいのが感染力の強い「ノロウィルス」です。 ノロウィルスは11月...

2016/12/13 12:00掲載

12月1日は「世界エイズデー」 本当にエイズを知っていますか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 12月1日は、世界エイズデーです。 ほんとんどの人が知っているくらい有名な疾患になったエイズ。 それでも世界的にも、また日本でも患者数は増加して...

2016/12/01 12:00掲載

風邪のひき始めに。 ハーブとアロマオイルの活用術「鼻と咳編」

執筆:磯部 花央璃(JAMHA認定ハーバルセラピスト) 風邪の症状はさまざまですが、鼻づまりに加えてかんでもかんでも鼻水が垂れてくるのは辛いですよね。また長引く咳もうっとうしいものです。 風邪による鼻...

2016/11/22 12:25掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

生あくびは警告サイン? 眠くないのに出る「あくび」に要注意!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 眠い時や退屈したときに出る「あくび」。 疲れたり空気が悪くなったりすると出る生理現象ですが、病気の警告サインでもあります。 とく...

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

「こめかみからくる頭痛」は“右”と“左”で原因が違う?

執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師) 監修:川口 佑(医師、新宿ストレスクリニック院長) こめかみが脈打つように痛む頭痛は「偏頭痛」と言われ、女性に多い傾向があります。 成人女性の1...

ズキズキ痛む「後頭部の頭痛」 原因と対策は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ひとくちに「頭痛」といっても、さまざまな症状があります。 こめかみが痛かったり、頭のてっぺんが痛かったりすることもあ...

洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう? またお湯と水はどちらが効果的なので...

足がむずむず、眠りにつけない… 「むずむず脚症候群」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ むずむず脚症候群は「レストレスレッグス症候群:RLS」とか「下肢静止不能症候群」とも呼ばれます。 奇妙な名前なので、どこかで聞い...

関連サイト

おたふく予防接種

おたふく風邪の予防接種は、2回行うのが、世界的標準ですが、日本では接種率が低くなっています。当サイトでは、おたふく風邪の予防接種の内容、現状と課題について説明します。

おたふく風邪症状

おたふく風邪の主な症状は耳の下が腫れることですが、それ以外にも風邪によく似た症状や合併症もあります。当サイトでは、おたふく風邪の症状について説明します。

クラミジア検査

クラミジアの検査では、血液、尿、織物、喉の粘膜を調べます。当サイトでは、クラミジア検査の内容や検査出来る医療機関等について説明します。

クラミジア潜伏期間

クラミジアの潜伏期間は、1~3週間と言われていますが、潜伏期間中も感染するのでしょうか?当サイトでは、クラミジアの潜伏期間と感染の関係について説明します。

クラミジア薬

クラミジアは薬を用いる事で完治しますが、完治前に治療を止めて再発するケースもかなりあります。当サイトでは、クラミジアの薬による治療について説明します。