EP配合剤(LEP製剤を含む)の血栓症リスク :月経困難症から解放されるベネフィットは、リスクをはるかに上回る!?

Mocosuku(もこすく)
  • EP配合剤(LEP製剤を含む)の血栓症リスク :月経困難症から解放されるベネフィットは、リスクをはるかに上回る!?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

EP配合剤(LEP製剤を含む)の血栓症リスク :月経困難症から解放されるベネフィットは、リスクをはるかに上回る!?

公開日時
更新日時

 

生理痛や生理前の不快な症状がつらいけど、月経困難症の治療薬、  EP配合剤(LEP製剤を含む)の血栓症リスク  が心配・・・という方もいらっしゃるかもしれません。都市伝説ではなく、本当のところどのくらいのリスクがあるのか? 服用するときの注意点や、生活面で気をつけたほうがいいことは?などについて、婦人科医の太田郁子先生に詳しくお話を伺いました。

 

 EP配合剤(LEP製剤を含む)の血栓症リスク :発症率 は、1万人あたり3〜9人程度。妊娠中や分娩後のほうがはるかに高い

 

少し前にメディアで「EP配合剤(LEP製剤を含む)により血栓症が起こる可能性がある」と報じられました。血栓症とは、血管内で血液がかたまりを作ることで血管をふさぎ、それによって血液の流れが少なくなる(場合によっては止まる)状態のこと。血栓ができた部位によって、動脈血栓症、心筋梗塞、脳梗塞などの名称がついています。

血栓症発症のリスクは、年間1万人あたり1〜5人であるのに対し、EP配合剤を服用している女性では3〜9人と報告されています。また、妊娠中および分娩後12週間の血栓症の発症頻度は、それぞれ年間1万人あたり5~20人、および40~65人と報告されており、妊娠中や分娩後に比べると、EP配合剤を服用時の発症率はかなり低いものとなっています*。

 

ではどうして、頻度はかなり低いとはいえEP配合剤(LEP製剤も含む)を服用すると血栓症を起こすリスクが高まるのでしょうか。太田先生は「EP配合剤に配合されているエチニルエストラジオールという成分は血液凝固作用があるため、血が固まりやすくなるのです。ちなみにEP配合剤による血栓症は妊娠中に起こる血栓症と比較しても重症度は低く、妊娠中は子宮による大動脈圧迫、凝固機能の高まり、エストロゲン値の上昇などが起こるので、妊娠中の血栓症のほうがはるかに危険です」と解説します。

 

妊娠中や分娩後の血栓症のほうがよほどリスクは高く、EP配合剤を服用することでのリスクをいたずらに恐れる必要はないといえそうです。
では、服用するにあたってはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか。
*数字は日本産科婦人科学会ホームページより

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【生理】新着記事

「手のこわばり」は更年期の症状? 正しい知識で安心な備えを

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「指や手がこわばる」という訴えが更年期世代の女性に多いということ、ご存じですか? これは意外と知られていない、更年期...

2018/04/02 18:30掲載

生理前・生理中の不調を緩和する、食事面でのポイント

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 生理前は調子が悪くなる、生理中は食欲がない…など、生理にまつわる体調の変化は人それぞれです。 いずれにせよ、カラダの...

2018/01/05 18:30掲載

女性ならではのお悩み…? なぜ月経前には甘いものが食べたくなる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 女性のみなさん、月経前になると、無性に甘いものが食べたくなることはありませんか? どうして、このような現象が起こるの...

2017/11/08 18:30掲載

毎月この時期は憂うつ…。それは「PMDD」の可能性も

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 月経前になるたびにイライラしたり、落ち込んでしまったりしていませんか? 月経前にこのようないつもと違う精神的な変化が...

2017/02/27 18:30掲載

生理痛はガマンしない… は自然?不自然?

執筆:座波 朝香(看護師、助産師) 監修:坂本 忍(医学博士・公認スポーツドクター(日本オリンピック委員会強化スタッフ)・日本医師会認定産業医) 人と比べることが難しい生理(月経)。 生理痛(月経痛)...

2017/02/15 18:30掲載

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

2017/01/30 21:30掲載