不仲や離婚の原因にも!もし恋人が 極度の潔癖性 だったら…

Mocosuku(もこすく)
  • 不仲や離婚の原因にも!もし恋人が 極度の潔癖性 だったら…

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

不仲や離婚の原因にも!もし恋人が 極度の潔癖性 だったら…

公開日時
更新日時

近年ブレイクした芸能人、坂上忍さん(48)は、 極度の潔癖性 として知られています。

 
「一度使ったタオルはすぐ洗濯。家に200枚のタオルを常備し、一日に50枚使う」
「家の外の空気に触れたら入浴」「休みの日は7時間かけて掃除する」など、数々の驚きのエピソードが伝えられています。

 
さらに坂上さんは、「家に帰って他人がいるのが耐えられない」と、過去の離婚の原因にもなったという潔癖性。もし、あなたの恋人や配偶者が 極度の潔癖性 だったら、愛が壊れる原因にもなりかねません。良い対処法はあるのでしょうか。

 

極度の潔癖性 は強迫観念が要因

潔癖性とは、医学的には「強迫性障害」の一種で、汚れなどを過剰に気にして、細菌や病原菌などから何らかの汚染を受けるのではないかと、日々不安や恐れを抱き続けることを指します。
具体的には次のような行動に現れます。

 
・何度手を洗っても気がすまない。

・1日に何度もシャワーを浴びたり、お風呂に入ったりしてしまう。

・電車やバスのつり革、エスカレーターの手すりにつかまれない。

・トイレの便座に座れない。トイレのノブを触れない。

・人と回し飲みが出来ない。同じ鍋や焼肉をつつくのに抵抗がある。

・図書館の本や古本が汚く感じてしまい、触れない。古着を着ることが出来ない。

・他人が触ったパソコンのキーボードや銀行のタッチパネル、エレベーターのボタンが汚く感じ、触れない。

 
さらに、自分に好意を持ってくれている人の手作り料理やお弁当(特におにぎり等、直接手で触れて作られるもの)を食べることができなかったり、恋人からのキスや接触を拒んでしまったりして、対人関係や恋愛関係に深刻な影響を及ぼすこともあります。

 
潔癖性ではない人から見ると、「きれいだから大丈夫だよ!」「やり過ぎじゃない?」と思える行動でも、潔癖性の人にとっては、そうしないといけないという強迫観念に駆られていて、必要以上に洗うなどの行動を繰り返し行ってしまうのです。

 
単なるキレイ好きとの違いは、この強迫性があるかどうか。
頻繁に手を洗ったりしていても、洗えば洗うほどもっと洗いたくなったり、「自分はおかしいんじゃないか」と思ったりすることがなければ問題はありません。
洗わずにはいられないという気持ちに抵抗できない、ということでなければ病的ではありません。

 
また潔癖性の場合、「自分はキレイだけど他人は汚い」と思っている場合があり、その結果、「家族が入ったお風呂や他人が入った銭湯には入りたくない」と、自分は入浴せず不潔になってもそれは平気ということもあります。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【結婚】新着記事

『11月22日 = いい夫婦の日』 現代版「いい夫婦」像とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ どんな夫婦が「いい夫婦」なのか、それは時代や文化によっても異なるでしょう。 昔なら模範的夫婦とされた「夫唱婦随」(夫が主張して妻...

2017/11/21 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載