軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

Mocosuku(もこすく)
  • 軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

公開日時
更新日時

 

ロックミュージシャン、LUNA SEA のボーカルを担当している河村隆一さんの妻の河村公美さんが、河村さんと結婚に至った経緯と結婚生活を明らかにし、「 軟禁結婚 」であると話題になりました。
 
その内容は驚きの連続です。
たとえば、「結婚前からデートをしたことがない」、「友達全員との交際関係を切らされた」、「家の鍵を持たせてもらえない」、「3か月も親と連絡をとることができない」などなど……。

 

ネットでは「犯罪では?」、「モラハラ夫?」と話題になっています。
ただ、驚きはこれだけではありません。
 
妻は自分自身のことを「神亭主」に使える巫女として、河村さんの束縛を受け入れているというのです。
河村さんも横暴なだけではなく、家族の願いも聞き入れ家事も手伝ってくれるとか。妻は河村さんを崇めているとも言います。

 

傍目には、とても不思議な夫婦関係のように見えますが、心理学的にみると、どのようなことが考えられるのでしょうか?
神奈川大学の教授であり心理学者の杉山崇さんにお話を伺いました。

 
 

 軟禁結婚 :河村夫妻は現代では「奇跡に近い関係」

 

奥様が本当に幸せなら、まさに奇跡のご夫婦というべきです。
お二人はとても美しい「ストックホルム症候群」と「リマ症候群」で結ばれたご夫婦なのかもしれません。
 
症候群と言う名前はついていますが、病気ではなく、心理のありようを示すもので、戦前昭和の日本ではこのような夫婦像が理想化されていました。
ただ、当時でもどちらかが無理をすることになることが多かったようです。
 
現代で、ここまで美しく完成されているのは奇跡に近いと言ってもよいでしょう。

 

「ストックホルム症候群」は監禁者を崇める心理として比較的有名です。
監禁・支配されているうちに、監禁者が時に自分に良くしてくれるので敬意を抱くようになる現象です。時に愛情にもなる場合があります。
 
ですが、ここまで美しく完成されているのは、夫である隆一さんの束縛の効果だけではないでしょう。
恐らく結婚前から妻の公美さんは少なからず河村さんを崇めていて、もともと「変に逆らうより合わせるほうが幸せ」という懐の深いタイプだったのではないかと思われます。

 

監禁者が被監禁者に親近感を持って大事にする心理を「リマ症候群」といいますが、河村さんにも類似の感情が働いている可能性があります。
 
河村さんは義父に「結婚することにしましたので…」と伝えたのがプロポーズだったという程の「俺様」ぶりで、束縛も軟禁といえるほど横暴で自分勝手です。
 
ですが、健気に束縛を受け入れてくれる妻の公美さんは自分の貴重な理解者です。
大切に思えるようになって、愛しくもなってきます。これがリマ症候群です。

 

家事を手伝うなどの家族思いの行為はこの気持ちに由来しているようです。そして、この効果でお二人はさらに深く結びついているようです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【結婚】新着記事

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載

帰省して、親から「結婚の話題」 をされた?

執筆:Mocosuku編集部 年々晩婚化が進んでいく日本。もはや「未婚化」の現象も起きつつあるという現代において、「年頃の娘・息子をもつ親」としては、どういう気持ちなのでしょうか。 今年の夏も、お盆や...

2016/08/22 21:30掲載

「○年越しの結婚式」が夫婦円満のヒケツ!?

執筆:Mocosuku編集部 結婚式を行わずに入籍するカップルは少なくありません。結婚式に興味がなかったり、タイミングや経済的理由で行えなかったりと、理由はさまざまです。 夫婦生活を続けるうちに、「や...

2016/08/16 21:30掲載