軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

Mocosuku(もこすく)
  • 軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

軟禁結婚 とは? モラハラとの線引き

公開日時
更新日時

 

ロックミュージシャン、LUNA SEA のボーカルを担当している河村隆一さんの妻の河村公美さんが、河村さんと結婚に至った経緯と結婚生活を明らかにし、「 軟禁結婚 」であると話題になりました。
 
その内容は驚きの連続です。
たとえば、「結婚前からデートをしたことがない」、「友達全員との交際関係を切らされた」、「家の鍵を持たせてもらえない」、「3か月も親と連絡をとることができない」などなど……。

 

ネットでは「犯罪では?」、「モラハラ夫?」と話題になっています。
ただ、驚きはこれだけではありません。
 
妻は自分自身のことを「神亭主」に使える巫女として、河村さんの束縛を受け入れているというのです。
河村さんも横暴なだけではなく、家族の願いも聞き入れ家事も手伝ってくれるとか。妻は河村さんを崇めているとも言います。

 

傍目には、とても不思議な夫婦関係のように見えますが、心理学的にみると、どのようなことが考えられるのでしょうか?
神奈川大学の教授であり心理学者の杉山崇さんにお話を伺いました。

 
 

 軟禁結婚 :河村夫妻は現代では「奇跡に近い関係」

 

奥様が本当に幸せなら、まさに奇跡のご夫婦というべきです。
お二人はとても美しい「ストックホルム症候群」と「リマ症候群」で結ばれたご夫婦なのかもしれません。
 
症候群と言う名前はついていますが、病気ではなく、心理のありようを示すもので、戦前昭和の日本ではこのような夫婦像が理想化されていました。
ただ、当時でもどちらかが無理をすることになることが多かったようです。
 
現代で、ここまで美しく完成されているのは奇跡に近いと言ってもよいでしょう。

 

「ストックホルム症候群」は監禁者を崇める心理として比較的有名です。
監禁・支配されているうちに、監禁者が時に自分に良くしてくれるので敬意を抱くようになる現象です。時に愛情にもなる場合があります。
 
ですが、ここまで美しく完成されているのは、夫である隆一さんの束縛の効果だけではないでしょう。
恐らく結婚前から妻の公美さんは少なからず河村さんを崇めていて、もともと「変に逆らうより合わせるほうが幸せ」という懐の深いタイプだったのではないかと思われます。

 

監禁者が被監禁者に親近感を持って大事にする心理を「リマ症候群」といいますが、河村さんにも類似の感情が働いている可能性があります。
 
河村さんは義父に「結婚することにしましたので…」と伝えたのがプロポーズだったという程の「俺様」ぶりで、束縛も軟禁といえるほど横暴で自分勝手です。
 
ですが、健気に束縛を受け入れてくれる妻の公美さんは自分の貴重な理解者です。
大切に思えるようになって、愛しくもなってきます。これがリマ症候群です。

 

家事を手伝うなどの家族思いの行為はこの気持ちに由来しているようです。そして、この効果でお二人はさらに深く結びついているようです。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【結婚】新着記事

『11月22日 = いい夫婦の日』 現代版「いい夫婦」像とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ どんな夫婦が「いい夫婦」なのか、それは時代や文化によっても異なるでしょう。 昔なら模範的夫婦とされた「夫唱婦随」(夫が主張して妻...

2017/11/21 18:30掲載

幸せの象徴「幸せ太り」は、どうして起こるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 恋人ができたとき、結婚をしたとき… そんなとても幸せなときに太るという現象が「幸せ太り」。 ある調査によれば「幸せ太りの経験アリ」と答え...

2017/11/19 18:30掲載

これって「マリッジブルー」? 放っておけば治るもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「結婚するならこの人しかいない!」と思っていたはずなのに、実際に結婚が決まった途端、気持ちが落ち込んだり、相手にイライラしたり・...

2016/12/23 18:30掲載

結婚生活は「バツあり同士」のほうが上手くいく?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 晩婚化や離婚率の増大など、結婚を取り巻く状況が変化するなか、結婚のかたちは多様化しています。 厚生労働省の「人口動態統計の年間推計」によると、平成26年の離...

2016/12/07 21:30掲載

夢を見過ぎ?結婚へのハードルがあがる女子の心理

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 少子化や晩婚化が進み、結婚に対する認識も時代とともに変化しているようです。 チマタでは、「結婚に対する女性のハードルが高くなっている」といわれたりしています...

2016/11/26 12:00掲載

「結婚の決め手」 みんなの3大条件とは?

執筆:Mocosuku編集部 「結婚の決め手」 どのようなことが思い浮かぶでしょうか? 芸能人の結婚の場合、よくワイドショーなどで「ビビッ」という直感、と耳にすることがあります。 「ビビッ」ときた、と...

2016/09/29 12:00掲載