えっ、コレもそうだったの? 美しさと若さを手に入れるための食品とは

Mocosuku(もこすく)
  • えっ、コレもそうだったの? 美しさと若さを手に入れるための食品とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

えっ、コレもそうだったの? 美しさと若さを手に入れるための食品とは

公開日時
更新日時

加齢とともに肌のシミやたるみが気になるようになった女性も多いでしょう。最近では無理なダイエットをして身体を壊す女性も増えていますが、健康的に美しくなるためには「食べること」は欠かせません。アンチエイジング効果の高い食品があると知ったら、進んで摂取する人も多いのではないでしょうか?

 

アンチエイジングに必須な「抗酸化力」とは

活性酸素は、酸化作用によって細胞を傷つけるものです。活性酸素が発生する原因は、紫外線やストレス、喫煙、飲酒などがあげられます。なかでも酸化力の高い「一重項酸素」は紫外線によって体内で大量に発生するといわれています。活性酸素が増えると体内の酸化が進み、肌のハリがなくなったり、シワやたるみなどの老化が生じたりします。酸化に対抗することで老化を防ぐことができます。

 

酸化に対抗する働きを「抗酸化」といいます。抗酸化作用を持ち、美容と若さを手に入れるためには食生活が大切です。ここではあなたの美しさを保つのに役立つ食品についてご紹介します。

 

ブロッコリー

ブロッコリーは野菜のなかでももっとも抗酸化作用に優れています。それだけでなくビタミンCも豊富に含んでいるため、シミやそばかすなどの色素沈着を防止し、若々しいぷるぷるのお肌に近づけることができるのです。また、ミネラルやカルシウムも豊富なので、ブロッコリーのパワーで髪の毛や骨までしっかりとケアをしてくれます。

 

プルーン

生のすもものことを「プラム」、乾燥したものを「プルーン」と呼びますが、果物のなかでも抗酸化作用が高いフルーツが、プラムやプルーンです。プラムやプルーンには、抗酸化作用のある「ビタミンE」やポリフェノールが含まれています。フルーツはドライフルーツにすることで量を摂ることができ、より摂取できる抗酸化物質が増します。

 

抗酸化力が高いと、肌がキレイになるだけでなく病気にもかかりにくくなるので、ちょっとしたおやつにぴったりです。さらにプルーンには食物繊維が豊富に含まれているため、便秘や冷え性を防ぎ、血管のサビを落とす効果も期待できます。

 

アスパラ

ブロッコリーと比べると効力は劣りますが、アスパラも抗酸化作用を持つ野菜のなかではトップクラスです。アスパラに含まれるアミノ酸の一種、アスパラギン酸は疲労回復や新陳代謝をよくする効果があります。また、妊娠中に欠かせない葉酸も含まれているので女性にとってはとても嬉しい食材です。特に隠元の穂先には毛細血管を強くし、動脈硬化の予防に効くルチンが含まれているので病気の予防に役立ちます。鉄分も豊富なので貧血にもいいのです。

 

ダークチョコレート

チョコレートに含まれるカカオポリフェノールには、ミネラルや食物繊維、カルシウムなどが豊富に含まれています。特にカカオが70~80%以上のダークチョコレートは、お茶の4倍にあたるポリフェノールやカテキンが含まれています。これは、日焼けに対する耐性を最高で25%高める効果があるのです。

 

ダークチョコレートを食べる場合は、1日に25g程度が適切です。食べ過ぎは肥満の原因にもなるので容量を守って食べることが大切です。

 

赤ワイン

赤ワインは強い抗酸化作用をもっていることは周知の事実でしょう。赤ワインはブドウに含まれている成分をほとんどワインのなかに取り入れているため、ビタミンやポリフェノール、ミネラルがたっぷりと含まれているのです。そのため、抗酸化作用だけでなく、血圧降下や殺菌作用、抗がん作用など多くの効果を持つことで知られています。とはいえ、飲みすぎは身体を壊します。1日1杯程度の赤ワインが、もっとも美しく健康に効果的です。ただし、肝臓のためには休肝日は摂ってくださいね。

 

ファストフードやスナックばかりでなく、抗酸化力の高い食品をとる習慣をつけ、いつまでも若々しく生活したいですね。

 

監修:山本ともよ(管理栄養士)

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【美容】新着記事

喫煙女性は老け顔に? 「スモーカーズフェイス」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 健康へのさまざまな悪影響が取り沙汰されているタバコ。 実はお肌のトラブルにつながるという、女性はとくに気になるドッキリな指摘もあ...

2018/12/04 18:30掲載

「えーっ、またココに!?」 どうしてニキビは同じ場所にできるの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの人が抱える肌トラブルの一つ… それはニキビ。 とくに鼻や口周りにポツンとできると目立ちますよね。 そして、そんな場所に限っ...

2018/06/29 18:30掲載

鼻毛や耳毛… 伸ばしっぱなしで、カラダに悪影響はない?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛にしても耳毛にしても、長く伸びて鼻や耳から飛び出しているのは「見苦しい」ものです。 ましてや周囲の人に指摘されたらとても恥ずかしく感...

2018/06/15 18:30掲載

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

注目の栄養素「ファイトケミカル」 秘密は植物のパワーにあり!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ イソフラボン、アントシアニン、カテキン、カプサイシン、セサミン、リコピン…などなど。 これら...

2018/05/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載