単なるナルシストではない?「自己愛性パーソナリティ障害」とは

Mocosuku(もこすく)
  • 単なるナルシストではない?「自己愛性パーソナリティ障害」とは

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

単なるナルシストではない?「自己愛性パーソナリティ障害」とは

公開日時
更新日時

パーソナリティ障害は、偏った考え方、感じ方や行動パターンのため、日常生活や社会生活にかなりの支障を来している状態です。個性的を越えて度を過ぎていて、周囲や場合によっては本人も困っていること、青年期もしくは成人早期に発症していて、薬物や他の精神疾患の影響によらないことがパーソナリティ障害(PD)と診断される根拠です。

自己愛性パーソナリティ障害は、一般には「自己チュー」とか「うぬぼれ」と思われがちですが、この傾向がかなり極端で持続的です。そのせいで人間関係や社会生活をかき乱す、究極の自己チューとも言われてしまうことも多いでしょう。

 

自己愛性パーソナリティ障害とは:症状と原因

自己愛性パーソナリティ障害は、自分は特別だと信じ、誇大化して華やかな成功を夢見て、他人からの称賛を求めます。一方で他人には無関心なのが自己愛性パーソナリティ障害の特徴です。注目を引く服装やもったいぶった口調などで、自分の重要人物ぶりを演出します。自慢話や「一流」という言葉が大好き、当初は人気者として取り巻きを求めます。

そんな傲慢ともいえる側面とは対照的に「もろさ」も併せ持っています。非難に弱く、欠点を指摘されることに我慢できず、怒りだし、あるいはひどく落ち込みます。人に教わるのが苦手で、自信家に見える半面、わずかなつまずきに絶望してしまいます。

パーソナリティ障害には、より遺伝的要因の影響が強いものから、育った環境の影響の色濃いものまで多々ある中で、自己愛性PDは、「甘やかされて育った」という傾向が、強く出ているとも言えるでしょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

時々できるあのしこり…「ガングリオン」ってなんだろう?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 手首などにできる不思議なしこり「ガングリオン」。 名前は聞いたことがあっても、具体的に何なのか説明できる人は少ないのではないでし...

2018/09/18 18:30掲載

野山の散策には要注意! マダニを媒介して感染する「ライム病」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ アメリカのコネチカット州ライムで初めて流行したので「ライム病」と名づけられたこの病気は、マダニが伝搬する感染症です。 カナダ人ロック歌手...

2018/09/14 18:30掲載

発症の確率は100人に1人… 統合失調症を詳しく知ろう

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 統合失調症はおよそ100人に1人弱がかかる、とても身近な病気です。 人口の約1%と言われる有病率からすると、日本には100万人程度の患者...

2018/09/09 18:30掲載

乳幼児に多い「ブドウ球菌性熱傷様皮膚症候群(SSSS)」は早期治療を!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お出かけが増える季節。 お子さんを公園やプールに連れて行って、楽しく遊ぶ姿を微笑ましく眺める一方で、感染症が気になる親御さんも多...

2018/09/07 18:30掲載

見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年の夏は猛暑と熱帯夜が続き、メディアには「危険な暑さ」という表現が頻繁に登場しました。 熱中症の危険性はよく知られるところですが、最近...

2018/09/04 18:30掲載

ダイエットの停滞期脱出、有効なのはズル休み? 「チートデイ」について

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ダイエットにつきものの「停滞期」は、いわば身体のセーフティー機能です。 ダイエットが順調であ...

2018/08/31 18:30掲載