1回使ったら捨てなきゃダメ? 今さら聞けない「正しいマスクの使い方」

Mocosuku(もこすく)
  • 1回使ったら捨てなきゃダメ? 今さら聞けない「正しいマスクの使い方」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

1回使ったら捨てなきゃダメ? 今さら聞けない「正しいマスクの使い方」

公開日時
更新日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:岡本 良平(医師)
 
 

冬場や花粉の多い季節になると手離せなくなる「マスク」。
 
日本は海外と比べてもマスクの使用率が高く、家庭用マスクの生産数は1年で20億枚以上とも言われています。
 
そんな、私達の生活に欠かせない存在となっているマスクですが、使用回数や正しい使い方を知らない人もいるのではないでしょう。
 
自分に合ったマスクを見つけ、正しく使用するにはどんなことに気を付ければいいのでしょうか。
 

 

家庭用マスクの形状の違い

 
マスクには用途によって「医療用マスク」「産業用マスク」「家庭用マスク」の3種類に分けられます。
 
医療用マスクはその名の通り医療の現場で使用されます。感染防止の効果があり、手術のなかで使われることが多いです。また、産業用マスクは作業時に塵や埃などを防ぐために使われるマスクのことを言います。
 
ここでは、風邪や花粉予防として一般に使用されている家庭用マスクの形状についてご紹介します。
 

立体型マスク

立体型マスクは、顔の形に合わせてつくられているため隙間なくマスクを着用することができます。
 
フィット感はあるものの、マスクと口の間には空間ができているため、呼吸や会話が阻害されることはありません。メイクがつくことが少ないので女性から好まれています。

 
 

プリーツ型マスク

全面がプリーツ状になっているプリーツ型マスクは、口の動きにも柔軟に対応します。
 
プリーツを広げて使用するのが特徴で、顔の全面にフィットするため、圧迫感を与えません。会話をしてもズレにくい傾向があります。

 

平型マスク

ガーゼマスクに多い平型マスクは、保湿性が高く、睡眠時やエアコンのきいたオフィスでの使用に役立ちます。ガーゼが幾層にもなっているため、花粉を防ぐのにも効果的です。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【感染症】新着記事

キスが原因、その名もズバリの「キス病」とは

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ キスをしただけで感染してしまう疾患「キス病」。 もし自分のパートナーがそうした感染症にかかっていたら、スキンシップだ...

2016/12/16 18:30掲載

ノロウィルスの予防にアルコール消毒は効かない?

執筆:南部 洋子(助産師、看護師) 医療監修:岡本 良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) これからが本格化する冬の季節。とくに気を付けたいのが感染力の強い「ノロウィルス」です。 ノロウィルスは11月...

2016/12/13 12:00掲載

12月1日は「世界エイズデー」 本当にエイズを知っていますか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 12月1日は、世界エイズデーです。 ほんとんどの人が知っているくらい有名な疾患になったエイズ。 それでも世界的にも、また日本でも患者数は増加して...

2016/12/01 12:00掲載

風邪のひき始めに。 ハーブとアロマオイルの活用術「鼻と咳編」

執筆:磯部 花央璃(JAMHA認定ハーバルセラピスト) 風邪の症状はさまざまですが、鼻づまりに加えてかんでもかんでも鼻水が垂れてくるのは辛いですよね。また長引く咳もうっとうしいものです。 風邪による鼻...

2016/11/22 12:25掲載

風邪のひきはじめに。 ハーブとアロマオイルの活用術「喉編」 

執筆:磯部 花央璃(JAMHA認定ハーバルセラピスト) 冬らしい寒さが続き、暖房の効いた室内で過ごすことの多い時期は、締め切った部屋の中で空気の乾燥が進み、ウイルスや細菌の活動が活発になります。 なん...

2016/11/22 12:22掲載

乳児のママは必ず知っておくべき「RSウイルス」

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 「RSウイルス」 子育て中の方ならば、一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。 子供同士の感染力が強く、特に2歳未満のお子さんが感染するとされて...

2016/11/16 12:00掲載