味覚といえば「甘・塩・酸・苦・うま」の5つ… だけじゃなかった

Mocosuku(もこすく)
  • 味覚といえば「甘・塩・酸・苦・うま」の5つ… だけじゃなかった

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

味覚といえば「甘・塩・酸・苦・うま」の5つ… だけじゃなかった

公開日時

 
執筆:山本ともよ(管理栄養士)
 
 
今回は、 脂質の効果 についてご紹介します。
 
人間の味覚は、「甘味」「塩味」「酸味」「苦味」「うま味」の5つが知られていますが、第6の味覚として「脂(あぶら)味」の存在を示唆する米パデュー大学の研究チームの論文が、学術誌「Chemical Senses」(Oleogustus: The Unique Taste of Fat)に発表されたことが報じられています。

 

『味覚』として認められるには、口の味覚細胞に受容体があることを証明する必要があります。
この研究はまだそこまでは至っていませんが、なかなか興味深い内容ですよね。

 

脂に対しての味覚が存在するかはさておき、脂肪が美味しさを左右する食品は、明らかに世の中に溢れています。
なぜ私たちは脂が使われている食品をおいしいと感じるのでしょうか。また、健康面ではこうした「脂質」は敵外視されがちですが、まったく排除してしまったら、健康にどんな影響を及ぼすのでしょうか。
詳しくご紹介しましょう。

 
 

 脂質の効果 :油脂は素材との組み合わせが重要!?

 

あぶらには「油」と「脂」があります。一般的に、常温で液体のものを油、固体のものを脂と表記して区別し、総称するときには油脂類、脂質などとしています。
 
マグロや牛肉、木の実など、素材そのものに含まれている油脂のほかに、私たちは、炒める、焼く、揚げる、和えるなど、調理で油脂を使っておいしさを引き出しています。

 

いずれも、油脂だけを食べたりなめたりしても、あまり味は感じません。
もし脂味というものがあったとして、既存の5つの「味覚」とハッキリ違う点はここでしょう。油脂は、多くの場合、炭水化物やたんぱく質といっしょにとるからこその「味わい」や「おいしさ」のように思えます。

 

例えば、揚げ物は、素材と衣、揚げ油との間で水と油の交換を起こし、水分を蒸発させて逆に油を揚げ物に吸収させています。
素材の脱水を多くして、よりカラッと仕上げたい場合は衣はつけず、食材の持ち味(柔らかさやジューシーさなど)を活かしたい場合は、脱水を防ぐために衣をつけて揚げているのです。

 

炒め物に油を使うのも同様で、油を食材の表面にまとわせて脱水を防ぐと、素材の風味や歯ごたえが残り、なめらかな口当たりにもなるためおいしく感じます。

 

油は素材の「甘み」や「旨味」といった味覚を『引き立てる』役割をしていると言えるでしょう。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

魚介類につく寄生虫「アニサキス」が食中毒の原因に! 対処法は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ここ最近、寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増しているといいます。 保健所への届...

2018/05/29 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

注目の栄養素「ファイトケミカル」 秘密は植物のパワーにあり!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ イソフラボン、アントシアニン、カテキン、カプサイシン、セサミン、リコピン…などなど。 これら...

2018/05/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載