知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本 忍(医師)
 
 
「彼の家へお泊りする」「パートナーと旅行に出かける」
これらは楽しいイベントのひとつですよね。でもお泊り中に生理になってしまい、困ったことがあるという経験はないでしょうか?
ナプキンを取り替える回数や、使用済みのナプキンの処理法などが変わり、自分の家とは違い、気を使うこともあるでしょう。
 
2015年3月に女性向け体調管理アプリサイト「ラルーン」が3,581名の女性を対象に行った「彼の家での生理事情」の調査によると、生理中に彼氏の家にお泊りをする女性は63.0%。そのうち使用済みナプキンを自分の家に持ち帰って処理する女性は61.4%にのぼるそうです。
 
ナプキンを使用するときには、どのように衛生面に気を付ければいいのでしょうか?
 
 

衛生面で気を付けること

 

長時間の使用は避ける

ナプキンは吸収性がいいため、つい長時間つけっぱなしにしてしまいがち。そうすると湿度が高まり、雑菌が繁殖しやすくなります。特にナプキンの素材ではポリエステルが使われていることが多く、肌に密着することで皮膚が刺激され、歩いたりしゃがんだりといった動作で刺激を受けやすくなるのが特徴です。
 
デリケートゾーンはほかの部分の皮膚と比べても角質層が薄く、バリア機能も弱い部位。そのため、長時間ナプキンを使用すると、生理中の分泌物とまざり、ムレが雑菌の繁殖を助長してかぶれやすくなります。へたにかいてしまうと、水ぶくれになり余計に悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
 
月経前と月経中は免疫力が低下しているので、炎症が悪化しやすいです。
 
 

ナプキンが自分に合っているのか確かめる

皮膚は呼吸をしていますが、空気に含まれる物質を呼吸によって体内に吸収することを「経皮吸収」と言います。市販のナプキンには化学物質が含まれているため、肌に合わない人のなかには、かぶれやかゆみが悪化してしまう恐れがあります。
 
敏感肌の人は、自分の肌にナプキンがあっているのか確認しましょう。かぶれやかゆみがひどい場合は、100%綿使用のナプキンや布ナプキンなどを選ぶといいでしょう。
 
 

使用済みナプキンを放置しない

使用済みのナプキンは、放っておくと菌が繁殖し、どんどん臭ってきます。衛生上よくないので、少なくとも1日に1回はサニタリーボックスの中身を処分するようにしましょう。処理後には消臭スプレーを使うと効果的です。
 
自宅に持ち帰って処理する場合は、密封性の高い袋を使ったり、袋の口をよくしばったりすることで鞄などにニオイがつくのを防ぐことができます。最近ではエチケットケースと呼ばれる密封できる携帯袋も販売されています。黒いパッケージで中身が見えないものが多いので、安心して使用できます。
 
 
最近ではテープカバーや包装紙もまるごとトイレに流せるナプキンも販売されているので、気になる人は購入してみてもいいかもしれません。
 
生理痛頭痛など、何かと悩まされることの多い期間。衛生面に気を付けて、気持よく生理週間を迎えたいですね。
 
 
【参考】
『生理中のお泊り事情』(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000697.000001348.html)
『日衛連NEWS』(http://www.jhpia.or.jp/pdf/news78.pdf)
 

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

【健康(その他)】新着記事

お風呂でおしっこは危険? 「夜尿症」という大人のおねしょ

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師) “子どものおねしょ”と聞くとかわいい感じがありますが“大人のおねしょ”となると深刻な問題です。誰にも相談できず、困っている人もいるのではないでしょう...

2016/10/11 21:30掲載

退職金制度がなければ… 「自分で準備する」方法

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 「勤め先に退職金制度がないので不安」と思う人は少なからずいると思います。 一時金として、または年金形式で受け取れる退職給付金は、子どもの教育費や家のローン...

2016/08/24 12:00掲載

元気になるつもりが… 「エナジードリンク」に潜む危険性

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) エナジードリンク といえば、疲労回復や健康に効果があると言われている、栄養ドリンクの一種...

2016/08/21 21:30掲載

メガネをすると、もっと目が悪くなるってホント?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) メガネをかけ始めてしばらくすると、また視力が悪くなったような気がして、「メガネをかけると目...

2016/07/27 18:30掲載

突然の冷や汗、めまい… 貧血ではなく「低血糖」かも

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本 良平(医学博士、東京医科歯科大学名誉教授) 朝食を抜いて仕事へ出かけたり、残業で遅くなったものの何も食べずに満員の通勤電車で帰宅。 そんなとき、特に体調が悪い...

2016/07/24 18:30掲載

“白っぽい”はOK? 舌の色や状態でわかる、体調のセルフチェック法

執筆:南部 洋子(助産師、看護師、タッチケア公認講師) 監修:石川 毅(歯科医師:アイデンタルオフィス恵比寿 院長) 舌は、その人の体調や体質、内臓の状態を映し出す「鏡」であると考えられており、舌の色...

2016/07/20 21:30掲載