知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

Mocosuku(もこすく)
  • 知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

知っているようで知らない…? 生理用ナプキンの注意点

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
監修:坂本 忍(医師)
 
 
「彼の家へお泊りする」「パートナーと旅行に出かける」
これらは楽しいイベントのひとつですよね。でもお泊り中に生理になってしまい、困ったことがあるという経験はないでしょうか?
ナプキンを取り替える回数や、使用済みのナプキンの処理法などが変わり、自分の家とは違い、気を使うこともあるでしょう。
 
2015年3月に女性向け体調管理アプリサイト「ラルーン」が3,581名の女性を対象に行った「彼の家での生理事情」の調査によると、生理中に彼氏の家にお泊りをする女性は63.0%。そのうち使用済みナプキンを自分の家に持ち帰って処理する女性は61.4%にのぼるそうです。
 
ナプキンを使用するときには、どのように衛生面に気を付ければいいのでしょうか?
 
 

衛生面で気を付けること

 

長時間の使用は避ける

ナプキンは吸収性がいいため、つい長時間つけっぱなしにしてしまいがち。そうすると湿度が高まり、雑菌が繁殖しやすくなります。特にナプキンの素材ではポリエステルが使われていることが多く、肌に密着することで皮膚が刺激され、歩いたりしゃがんだりといった動作で刺激を受けやすくなるのが特徴です。
 
デリケートゾーンはほかの部分の皮膚と比べても角質層が薄く、バリア機能も弱い部位。そのため、長時間ナプキンを使用すると、生理中の分泌物とまざり、ムレが雑菌の繁殖を助長してかぶれやすくなります。へたにかいてしまうと、水ぶくれになり余計に悪化してしまうこともあるので注意が必要です。
 
月経前と月経中は免疫力が低下しているので、炎症が悪化しやすいです。
 
 

ナプキンが自分に合っているのか確かめる

皮膚は呼吸をしていますが、空気に含まれる物質を呼吸によって体内に吸収することを「経皮吸収」と言います。市販のナプキンには化学物質が含まれているため、肌に合わない人のなかには、かぶれやかゆみが悪化してしまう恐れがあります。
 
敏感肌の人は、自分の肌にナプキンがあっているのか確認しましょう。かぶれやかゆみがひどい場合は、100%綿使用のナプキンや布ナプキンなどを選ぶといいでしょう。
 
 

使用済みナプキンを放置しない

使用済みのナプキンは、放っておくと菌が繁殖し、どんどん臭ってきます。衛生上よくないので、少なくとも1日に1回はサニタリーボックスの中身を処分するようにしましょう。処理後には消臭スプレーを使うと効果的です。
 
自宅に持ち帰って処理する場合は、密封性の高い袋を使ったり、袋の口をよくしばったりすることで鞄などにニオイがつくのを防ぐことができます。最近ではエチケットケースと呼ばれる密封できる携帯袋も販売されています。黒いパッケージで中身が見えないものが多いので、安心して使用できます。
 
 
最近ではテープカバーや包装紙もまるごとトイレに流せるナプキンも販売されているので、気になる人は購入してみてもいいかもしれません。
 
生理痛や頭痛など、何かと悩まされることの多い期間。衛生面に気を付けて、気持よく生理週間を迎えたいですね。
 
 
【参考】
『生理中のお泊り事情』(http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000697.000001348.html)
『日衛連NEWS』(http://www.jhpia.or.jp/pdf/news78.pdf)
 

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

水の飲みすぎで体重が増える? 「水太り」の本当の意味

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 一般的な辞書によると「水太り」は「身体のしまりがなく太っていること」と解説されています。(※) 水を飲んで太ることを意味しているわけでは...

2018/05/22 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

不足しがちなミネラル「亜鉛」 慢性的に足りていないと…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 亜鉛は体内では生成できない必須ミネラルのひとつ。 ですから、体の外から取り入れることが必要です。 日本人に推奨される一日の亜鉛摂取量は、...

2018/04/06 18:30掲載

ごく身近にある健康チェック… それはあの時の「色」と「におい」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちの身体から排出される、汗、便、体液などは、健康状態を反映する「バロメーター」です。 なにしろ自分の身体から排出されるのですから、こ...

2018/04/05 18:30掲載

野菜高騰をきっかけに…「乾物」を取り入れてみませんか?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 天候不順から、この冬はとくに白菜・キャベツ・レタスといった葉物野菜の値段が高騰しました。 ど...

2018/04/03 18:30掲載

毎日の食事選びに役立つ「三大栄養素の黄金バランス」とは

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 体内でエネルギーを産生する栄養素は、たんぱく質、脂質、炭水化物で、これらを三大栄養素と呼びま...

2018/03/31 18:30掲載