笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

Mocosuku(もこすく)
  • 笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

公開日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 
最近注目されている「セロトニン」というホルモン、聞いたことはありますでしょうか。
 
このホルモン、実は「幸せホルモン」と呼ばれることもあるんです。
 
なぜ、幸せホルモンと呼ばれているのでしょうか?そして、どうすれば幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増やすことができるのでしょうか?
 
今回はそんな幸せホルモン・セロトニンについてご紹介しましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【ライフスタイル】新着記事

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 育児中の日常の様子をSNSに投稿することがルーチンの人、見るだけの人など、SNSとの付き合い方はさまざまでしょう。 そんな中、周...

2017/01/18 21:30掲載

草食、絶食、断食系も?「男性の女性化」が進んでいるから?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 一般に、生物学的な「性」はセクシャリティ、社会的・文化的な「性差」はジェンダーと呼ばれます。 そして最近は、自分を男性と感じるか...

2016/12/24 18:30掲載

「お風呂にします?ごはんにします?」 先が良いのはどっち?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 朝から夕方まで頑張って活動し、帰宅したあなた。 お腹もずいぶんすきました。 そんな時、あなたはまず夕飯をたべますか?それともさっぱりする...

2016/12/21 18:30掲載

結局のところ、「カフェイン」は身体に良いの?悪いの?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) カフェインといえばコーヒーに多く含まれる成分ということは、よく知られているのではないでしょうか。 街にはコーヒー専門店もたくさんあり、口にする機会も多いことでしょう。 ...

2016/12/05 18:30掲載

朝活も残業も、成功のカギは「朝型」か「夜型」か?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 出勤前や休日の早朝に、読書、スポーツ、趣味などさまざまな活動を行う「朝活」。 「就活」や「婚活」にならって4~5年前からブームとなり一部では定着していますね...

2016/12/04 12:00掲載

「熟年離婚」が止まらない? 熟年してからあえて別れる理由

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 長年、結婚生活をつづけ、子どもが自立したり夫が定年を迎えたことを契機に起こりやすい「熟年離婚」。 結婚生活の長さは、誰にも切れない強い絆を夫婦に結ばせること...

2016/12/03 18:30掲載