笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

Mocosuku(もこすく)
  • 笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

笑顔の理由は「幸せホルモン」セロトニン?

公開日時

 
執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士)
 
 
最近注目されている「セロトニン」というホルモン、聞いたことはありますでしょうか。
 
このホルモン、実は「幸せホルモン」と呼ばれることもあるんです。
 
なぜ、幸せホルモンと呼ばれているのでしょうか?そして、どうすれば幸せホルモンと呼ばれるセロトニンの分泌を増やすことができるのでしょうか?
 
今回はそんな幸せホルモン・セロトニンについてご紹介しましょう。
 

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

「年をとると、筋肉痛は遅れてやってくる」というのは本当?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 久しぶりに運動をしたり、激しい運動・筋力トレーニングをすると、やってくるのが筋肉痛。 巷では、「筋肉痛が早くくるのは若い証拠」な...

原因不明のつらい症状…「不定愁訴」にどう対策する?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「不定愁訴」とは、原因が特定できないけれど、何らかの症状で苦しんだり悩んだりしている場合をいいます。 さまざまな身体症状を訴えるものの、...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【ライフスタイル】新着記事

“素敵ママ”にならないと? SNSやブログが与える影響と付き合い方

執筆:座波 朝香(助産師、保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 育児中の日常の様子をSNSに投稿することがルーチンの人、見るだけの人など、SNSとの付き合い方はさまざまでしょう。 そんな中、周...

2017/01/18 21:30掲載

草食、絶食、断食系も?「男性の女性化」が進んでいるから?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 一般に、生物学的な「性」はセクシャリティ、社会的・文化的な「性差」はジェンダーと呼ばれます。 そして最近は、自分を男性と感じるか...

2016/12/24 18:30掲載

「お風呂にします?ごはんにします?」 先が良いのはどっち?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 朝から夕方まで頑張って活動し、帰宅したあなた。 お腹もずいぶんすきました。 そんな時、あなたはまず夕飯をたべますか?それともさっぱりする...

2016/12/21 18:30掲載

結局のところ、「カフェイン」は身体に良いの?悪いの?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) カフェインといえばコーヒーに多く含まれる成分ということは、よく知られているのではないでしょうか。 街にはコーヒー専門店もたくさんあり、口にする機会も多いことでしょう。 ...

2016/12/05 18:30掲載

朝活も残業も、成功のカギは「朝型」か「夜型」か?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 出勤前や休日の早朝に、読書、スポーツ、趣味などさまざまな活動を行う「朝活」。 「就活」や「婚活」にならって4~5年前からブームとなり一部では定着していますね...

2016/12/04 12:00掲載

「熟年離婚」が止まらない? 熟年してからあえて別れる理由

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 長年、結婚生活をつづけ、子どもが自立したり夫が定年を迎えたことを契機に起こりやすい「熟年離婚」。 結婚生活の長さは、誰にも切れない強い絆を夫婦に結ばせること...

2016/12/03 18:30掲載