肌荒れ、かぶれ、耳が痛い… マスクの悩みを防ぐ方法

Mocosuku(もこすく)
  • 肌荒れ、かぶれ、耳が痛い… マスクの悩みを防ぐ方法

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

肌荒れ、かぶれ、耳が痛い… マスクの悩みを防ぐ方法

公開日時

 
執筆:Mocosuku編集部
 
 
これから冬にかけ、風邪・インフルエンザ予防やオフィスの乾燥対策などでマスクを着用する人も多いかと思います。
 
また春になれば花粉症対策が必要になったり、マスクのお世話になるシーズンは思いのほか長いものですよね。
 

ところでマスクといえば、じつは意外に多いのが「マスクによる肌荒れやかぶれ」「マスクのゴムをかけっぱなしにすることによる耳の腫れ」といった悩みです。

 
これらを防ぐには、なにか良い方法はないのでしょうか?
 

 

肌荒れ ・かぶれの原因は?

 
マスクによる肌荒れ対策として簡単なのは、素材の違うマスクを選ぶこと。
 
家庭用マスクの素材には、大きく分けて下記の2種類があります。

 

1.ガーゼタイプ
2.不織布タイプ

 

このうち、2で使用される「不織布(ふしょくふ)」とは、文字通り布を織らずに機械的・化学的な方法で繊維を絡みあわせたり、接着したりした素材のこと。
 
安価に製造できることから、枚数の多く入ったお徳用マスクなどでよく使われているそうですが、人によってはこの不織布が肌にあわず、かぶれてしまうケースがあるのです。

 

不織布マスクが肌にあわないという人は、昔からあるガーゼマスクを使用することで肌トラブルが改善される場合があります。
 
ガーゼマスクは使い捨ての不織布マスクよりも単価は高めですが、繰り返し洗って使うことでコストを抑えることができます。
 
ガーゼマスクを使用する際は1日使ったら洗濯をするように心がけ、何日も続けて使わないようにしましょう。

 

またマスクによる「蒸れ」が肌荒れの原因になっている場合は、人のいない場所でときどきマスクをはずして換気をしたり、マスクで覆われる部位は化粧をしないとった対策が有効な場合もありますよ。

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【スキンケア】新着記事

美肌ケアは食べ物から! 管理栄養士のオススメ美肌食品

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 女性のあこがれ美肌。 美肌を実現する為はお手入れ以外に、食べ物に気を使って内側からのケアすることも大切だと言われています。 そこで、今回は美肌のために摂りたい栄養素や食...

2017/06/01 18:30掲載

紫外線対策、準備はできていますか?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 桜前線も東北から北海道へ移動し、日本全体が本格的に春となる時期ですね。 どんどん日差しが強くなってくる今の時期だからこそ、注意したいのが「紫外線」。...

2017/04/30 18:30掲載

悪いだけじゃない!「メラニン」は必要不可欠

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「シミのもと」といわれるメラニン。シミが気になる女性にとって、メラニンは悪いイメージしかないかもしれません。 しかし...

2017/03/14 21:30掲載

「肌のかゆみ」が止まらない! 良い方法はある?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥で肌がカサカサしたり、かゆみが出たり…乾燥する季節は肌のトラブルも起きやすくなります。 「かゆみに耐え切れずに掻...

2017/02/25 18:30掲載

顔の洗い過ぎで、かえってニキビが悪化する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ニキビは、「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」いう皮膚の病気です。 思春期以降に発生し、日本では成人のおよそ90%...

2017/02/18 18:30掲載

似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 女性が嫌がる「シミ」と「そばかす」。 どちらも似ているように見...

2017/02/13 18:30掲載