なにがどれだけ制限される? 「糖尿病の食事」について

Mocosuku(もこすく)
  • なにがどれだけ制限される? 「糖尿病の食事」について

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

なにがどれだけ制限される? 「糖尿病の食事」について

公開日時

 
執筆:永吉 峰子(管理栄養士)
 
 
生活習慣病の1つ糖尿病。
 
もしもかかってしまったら、食事制限が必要とお聞きになったこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
 
しかし実は、糖尿病患者向けの食事はバランスが良く、健康に気をつかっている方にもおすすめの食事です。
 
そんな「糖尿病の食事」について、管理栄養士がお伝えしていきたいと思います。
 

 

そもそも糖尿病とはどういう病気?

 
糖尿病とは慢性的に血液中のブドウ糖が多い病気のことを言います。
 
一般的に、空腹時血糖値126mg/dl以上か、随時血糖値200㎎/dl以上、もしくは75gブドウ糖負荷試験2時間値200㎎/dl以上で糖尿病と診断されます。
 
糖尿病は膵臓から出るインスリンという血糖値を下げるホルモンの量が低下しているか、働きが悪くなって起こります。放っておくと腎臓病や網膜症、神経障害などの合併症が起こることがあります。
 
また血糖値は食事の影響を受けやすく、肥満がある場合は肥満が糖尿病の原因となっていることもあります。
 
そのため、食事療法はとても重要と言われています。
 
 

糖尿病の食事療法のポイントとは?

 


適正エネルギー量を守る

 
糖尿病の食事療法の基本は適正なエネルギー量を守ることです。適正エネルギー量は医師によって処方される為個人差があり、体重や糖尿病以外の合併症の有無で異なります。
 
一般的に男性は1600cal前後、女性は1400kcal前後となることが多いようです。

 
 

食品交換票を使ってバランスよく食べる

 
糖尿病の食事療法では食品交換票というものが使われます。
 
食品交換票では、食品を主に炭水化物を含むもの、たんぱく質を含むもの、脂質を含むもの、ビタミンやミネラルを含むもの、調味料に分けています。そしてそれぞれの食品80kcal分の重量を1単位としています。
 
適正エネルギー量が決まったらどのグループの食品をどれだけとればよいか、この食品交換票に基づいて指導が行われます。
 
例えば、適正エネルギー量が1400kcalの場合、1日に摂取できる単位は1400÷80=17.5単位となります。この17.5単位のを、炭水化物を含む食品には〇単位、たんぱく質を含む食品には〇単位…というふうに振り分けていきます。
 
食品交換票を使うことで食事のバランスが整い、血糖値の上昇に結び付く糖質の量も適正にすることができます。
 
 

1日3食規則正しく食べる

 
食事の時間が不規則だと血糖値の増減が激しくなり、慢性的に血糖値が高めになってしまうと言われています。
 
そのため、糖尿病の食事ではなるべく毎日同じ時間に3食とることが推奨されています。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

少しの疲れにはビタミンを。慢性疲労には「タウリン」を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日々感じる疲れには、「なんとなく疲れたな」という一時的なものと、「疲れがとれない」という長期...

太っていなくても、肝臓に脂肪がたまる!?「脂肪肝」とは

執筆:柳澤 厚生(医師・医学博士) 脂肪や糖質が高い食生活を続けていて、かつ運動不足などで身体活動量が落ちているときには、余分なエネルギーは脂肪として肝臓に蓄積されて「脂肪肝」を発症します。 「会社の...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になります...

こんなにウレシイ「お酢」の効果! その秘密と取り入れ方を紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 体によいイメージがあるお酢。 なんとなくよいイメージはあるものの、実際はどんなよいことがあるのか、具体的にはあまり知られていません。 そこで今回は、お酢が体に嬉しい理由...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

熱中症対策はこちらから

肌荒れ・夏バテ・熱中症… コレ食べるだけで対策できちゃう!?

執筆:山本ともよ(管理栄養士、サプリメントアドバイザー、食生活アドバイザー) ついに関東甲信で梅雨が明けました。これから本格的な夏が始まります。 夏場に起こりやすい、熱中症や夏バテ、紫外線による肌荒れ...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

こまめな水分補給は危険?夏に気を付けたい「 低ナトリウム血症 」とは

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 夏は、熱中症や脱水症になりやすいので「水分をこまめに摂るように」というのは、広く知られるよ...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【糖尿病】新着記事

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

2017/01/12 21:30掲載

なにがどれだけ制限される? 「糖尿病の食事」について

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 生活習慣病の1つ糖尿病。 もしもかかってしまったら、食事制限が必要とお聞きになったこともある方もいらっしゃるのではないでしょうか。 しかし実は、糖尿病患者向けの食事はバ...

2016/12/15 18:30掲載

11月14日のブルーライトアップは「世界糖尿病デー」

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 11月14日は「世界糖尿病デー」です。 世界で患者数が増加傾向にある糖尿病をもっと知ってもらうための日であり、この日は日本国内でも東京都庁や大阪城を...

2016/11/14 18:30掲載

女性ならではの、糖尿病の初期症状はある?

執筆:王賀 ましろ(医師、医学博士) 今回は、これまであまり注目されてこなかった女性の「糖尿病」をテーマに、女性ならではの初期症状とその原因について考えてみようと思います。 日本にはどのくらいの糖尿病...

2016/05/10 18:30掲載

糖尿病の「食事療法」には石より固い「意思」が必要!? 専門家への定期相談で効果アップも

厳しい食事制限を継続していくことは、糖尿病患者にとって大変なことです。会社や友人との付き合いや家族との生活もあり、ときには食べたいものを食べて、食欲を満たしたい気持ちもあるでしょう。長い治療の間には、...

2015/12/22 13:57掲載

健診結果のメッセージに隠された「糖尿病のシグナル」とは?

2015年もあとわずか。みなさん今年もきちんと健康診断は受けましたか? 再検査を指摘されたのにそのままの人、結果通知の封すら切っていない、という人もいるのではないでしょうか。でもきちんと数値をみてみる...

2015/12/22 13:57掲載