「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

Mocosuku(もこすく)
  • 「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

いつまでも弾力のあるピンと張った肌でいたい。
 
女性であれば誰しもが願うことなのかもしれませんね。
 
しかし現実はたるみやシワに悩まされている女性が多いようです。そもそもたるみやシワの原因は何なのでしょうか?
 
ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

さまざまな種類のシワ

 

肌のシワは「後天的に生じた皮膚の歪み、あるいは表皮〜真皮の変形」と医学的には定義されています。皮膚には、最も外側にある「表皮層」とその下にある「真皮層」に分けられます。
 
シワの深さが表皮までのものを「表皮シワ」、表皮の乾燥により一時的にできるものを「乾燥シワ」と呼びます。一方、目尻や額などにできる細かいひだは「小ジワ」といいます。
 
またシワの深さが真皮まで達しているものは「真皮性シワ」、シワの深さがさらに深くなると、目や口の周囲、顔の輪郭などに大きなひだができ、これは「老人性シワ」と呼ばれます。

 
 

シワの原因

 

シワができる原因の多くは、表皮の乾燥と真皮層の劣化です。
 
紫外線などで皮膚がダメージを受けると、真皮層の弾力繊維が減少・変性し、劣化が起こります。そのほか、皮下脂肪の萎縮や下垂、表情筋(目や鼻、口などを動かす筋肉)の収縮や弛緩などによって、皮膚にたるみが生じてできる場合もあります。

 
 

真皮の弾力層の劣化

 

真皮には、コラーゲンとエラスチンでできたコイル状の弾力繊維層があり、これが柔軟だと、その上に載っている表皮層も張りを保ちます。でも、この弾力繊維層が劣化して凸凹ができると、表皮にシワとなって現れるのです。
 
真皮層は長い年月をかけて劣化していきます。弾力繊維層は、早いもので2~3年、多くは4~5年かけて作り替えられています。
 
この間にダメージを受け、消耗や破損が続くと、徐々に柔軟性が失われていきます。
 
一度できたシワやたるみが消えないのは、このように見えないところでダメージを受けているからです。このダメ―ジは、紫外線や物理的な力による影響が大きいといわれています。この劣化を最小限に抑えることで、シワやたるみはある程度防げるのです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スキンケア】新着記事

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載

生き物ではない、「タコ」と「魚の目」 という皮膚病について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「タコ」と「魚の目(うおのめ)」。 ここでいうこれら、魚のことではありません…皮膚病の俗称です。 通常、タコは手足など身体のあちこちに、...

2018/03/24 18:30掲載

爪のデコボコは何かのサイン? 爪からわかる健康状態

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自分の爪をまじまじと観察したことはありますか? 爪は健康のバロメーターともいわれます。 爪のさまざまな状態が、身体の不調や何らかの病気の...

2018/02/27 18:30掲載

リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥しがちな冬はもちろん、季節に関係なく手放せないリップクリーム。 女性だけでなく、今や男性にも必需品になってきました。 しかし「塗った...

2018/02/22 18:30掲載

想い 想われ…とも言っていられない「ニキビ」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ おでこは「想いニキビ」でアナタは片想い中。 あごは「想われニキビ」で誰かがアナタに想いを寄せている。 鼻頭は「両思い」、左ほほは「ふられ...

2018/02/12 18:30掲載

顔の赤みや痒みの原因に。「脂漏性皮膚炎」「酒さ」、 症状が似た2つの皮膚炎

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然、顔の皮膚の一部が赤くなった!? そんな症状に悩まされたことはありませんか? もしかしたら、その赤みは単なる「赤ら顔」ではな...

2018/02/06 18:30掲載