「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

Mocosuku(もこすく)
  • 「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 

いつまでも弾力のあるピンと張った肌でいたい。
 
女性であれば誰しもが願うことなのかもしれませんね。
 
しかし現実はたるみやシワに悩まされている女性が多いようです。そもそもたるみやシワの原因は何なのでしょうか?
 
ご一緒に詳しく見ていきましょう。
 

 

さまざまな種類のシワ

 

肌のシワは「後天的に生じた皮膚の歪み、あるいは表皮〜真皮の変形」と医学的には定義されています。皮膚には、最も外側にある「表皮層」とその下にある「真皮層」に分けられます。
 
シワの深さが表皮までのものを「表皮シワ」、表皮の乾燥により一時的にできるものを「乾燥シワ」と呼びます。一方、目尻や額などにできる細かいひだは「小ジワ」といいます。
 
またシワの深さが真皮まで達しているものは「真皮性シワ」、シワの深さがさらに深くなると、目や口の周囲、顔の輪郭などに大きなひだができ、これは「老人性シワ」と呼ばれます。

 
 

シワの原因

 

シワができる原因の多くは、表皮の乾燥と真皮層の劣化です。
 
紫外線などで皮膚がダメージを受けると、真皮層の弾力繊維が減少・変性し、劣化が起こります。そのほか、皮下脂肪の萎縮や下垂、表情筋(目や鼻、口などを動かす筋肉)の収縮や弛緩などによって、皮膚にたるみが生じてできる場合もあります。

 
 

真皮の弾力層の劣化

 

真皮には、コラーゲンとエラスチンでできたコイル状の弾力繊維層があり、これが柔軟だと、その上に載っている表皮層も張りを保ちます。でも、この弾力繊維層が劣化して凸凹ができると、表皮にシワとなって現れるのです。
 
真皮層は長い年月をかけて劣化していきます。弾力繊維層は、早いもので2~3年、多くは4~5年かけて作り替えられています。
 
この間にダメージを受け、消耗や破損が続くと、徐々に柔軟性が失われていきます。
 
一度できたシワやたるみが消えないのは、このように見えないところでダメージを受けているからです。このダメ―ジは、紫外線や物理的な力による影響が大きいといわれています。この劣化を最小限に抑えることで、シワやたるみはある程度防げるのです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

【スキンケア】新着記事

顔の洗い過ぎで、かえってニキビが悪化する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ニキビは、「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」いう皮膚の病気です。 思春期以降に発生し、日本では成人のおよそ90%...

2017/02/18 18:30掲載

似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 女性が嫌がる「シミ」と「そばかす」。 どちらも似ているように見...

2017/02/13 18:30掲載

スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 洗顔やボディソープなどの洗浄剤には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあることをご存知ですか? みなさんは、毎日のスキンケア用品をどのよ...

2017/01/27 21:30掲載

洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう? またお湯と水はどちらが効果的なので...

2017/01/25 18:30掲載

乾燥でお肌が痛い! なにか良い方法はありませんか?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ めっきり寒くなってきて、春が待ち遠しい今日この頃、乾燥も気になる季節になりました。 すでに、乾燥がすすんで「お肌が痛い!」という人もいる...

2017/01/24 21:30掲載

顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ お尻や背中にニキビができたことはありますか? 気になる人は、お肌の露出の少ないこの季節にこそ、予防・対策を始めましょう。 薄着の季節に備...

2017/01/22 18:30掲載