乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

公開日時

 
執筆:田口 絢子(栄養管理士)
 
 
乾燥する季節になりました。
 
冬は、化粧水や乳液などでお肌をたっぷり保湿しても、暖房や外気にさらされてお昼頃には乾燥してカピカピになってしまいますね。
 
お肌だけでなく髪の乾燥も気になるこの季節。ここでは、乾燥に負けないお肌と髪づくりに効く食べ物についてお話ししたいと思います。
 

 

「肌が乾燥する原因」あなたはいくつ当てはまる?

 
・暖房の効いた乾燥した部屋にいることが多い
・寒風に肌をさらす機会が多い
・喫煙習慣、過労、睡眠不足などが日常的にある
・栄養素のアンバランスを自覚している
・オイルが入っていない化粧品でスキンケアしている

 

当てはまる項目が多いほど、皮脂分泌の低下(皮脂が減って皮膚から水分が蒸発すること)が起こりやすくなっていて、肌が乾燥しやすくなる状況にあるといえます。
 
まずは、生活習慣と普段のスキンケアを見直してみましょう。

 
 

生活習慣対策

 

喫煙や過度なストレスは、末梢血管の血流障害を招き、肌に栄養が届きづらくなります。身体にとってマイナスの影響を及ぼす生活習慣は、できる限り取り除きましょう。
 
 

スキンケア方法の見直し

 

朝晩は、しっとりタイプの化粧水と、油性の美容液、クリーム、スキンオイル等でお肌に水分と油分をたっぷり与えましょう。日中は、こまめにミスト化粧水で保湿してお肌を乾燥させないようにします。
 
水分と油分が失われた乾燥肌は、放っておくとしぼんだ風船のようにしわの原因となります。
 
 

食事でできる乾燥肌防止対策:こんな栄養成分をとろう!

 

生活習慣とスキンケア方法を見直したら、お肌の健康を保つためにたんぱく質やビタミンをとり、身体の内側からきれいにしていきましょう。
 

乾燥肌防止のため必要な栄養素

 
・たんぱく質
赤身の肉、魚介類、卵、大豆製品など。
皮ふ細胞をつくるたんぱく質が不足すると、トラブルが起こりやすくなります。

 
・ビタミンA
モロヘイヤ、にんじん、うなぎ、レバーなど。
皮ふや粘膜を正常に保つ働きがあり、乾燥肌やしわなどから肌を守ります。

 
・ビタミンE
植物油、アーモンド、モロヘイヤ、南瓜など。
血行をよくし、肌にうるおいを与え、細胞の老化を防ぎます。

 

・ビタミンC
赤黄ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ、いちごなど。
細胞の強化、メラニン色素の働きを抑える効果もあり、しみやそばかすの改善に役立ちます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...

【スキンケア】新着記事

あなたの顔にも…! 顔ダニをご存じですか?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔ダニ」というコトバを聞いたことはありますか? 文字通り顔にいるダニのことを指しますが、そもそも顔にダニがいるなんて驚く人も多いのでは...

2017/09/29 18:30掲載

ニキビと吹き出物。 年齢で違うのは言い方だけ?症状は?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌にニキビや吹き出物ができると、気になってしまいますよね。 ところで、何気なく使っている「ニキビ」と「吹き出物」というコトバ。 どのよう...

2017/09/14 18:30掲載

「肌の曲がり角」は何回くるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌の調子が悪いとき、オトナ女子なら一度は「もしかしてお肌の曲がり角!?」などと悩んだことがあるのではないでしょうか。 「肌の曲がり角」と...

2017/09/10 18:30掲載

美肌ケアは食べ物から! 管理栄養士のオススメ美肌食品

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 女性のあこがれ美肌。 美肌を実現する為はお手入れ以外に、食べ物に気を使って内側からのケアすることも大切だと言われています。 そこで、今回は美肌のために摂りたい栄養素や食...

2017/06/01 18:30掲載

紫外線対策、準備はできていますか?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 桜前線も東北から北海道へ移動し、日本全体が本格的に春となる時期ですね。 どんどん日差しが強くなってくる今の時期だからこそ、注意したいのが「紫外線」。...

2017/04/30 18:30掲載

悪いだけじゃない!「メラニン」は必要不可欠

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「シミのもと」といわれるメラニン。シミが気になる女性にとって、メラニンは悪いイメージしかないかもしれません。 しかし...

2017/03/14 21:30掲載