乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

公開日時

 
執筆:田口 絢子(栄養管理士)
 
 
乾燥する季節になりました。
 
冬は、化粧水や乳液などでお肌をたっぷり保湿しても、暖房や外気にさらされてお昼頃には乾燥してカピカピになってしまいますね。
 
お肌だけでなく髪の乾燥も気になるこの季節。ここでは、乾燥に負けないお肌と髪づくりに効く食べ物についてお話ししたいと思います。
 

 

「肌が乾燥する原因」あなたはいくつ当てはまる?

 
・暖房の効いた乾燥した部屋にいることが多い
・寒風に肌をさらす機会が多い
・喫煙習慣、過労、睡眠不足などが日常的にある
・栄養素のアンバランスを自覚している
・オイルが入っていない化粧品でスキンケアしている

 

当てはまる項目が多いほど、皮脂分泌の低下(皮脂が減って皮膚から水分が蒸発すること)が起こりやすくなっていて、肌が乾燥しやすくなる状況にあるといえます。
 
まずは、生活習慣と普段のスキンケアを見直してみましょう。

 
 

生活習慣対策

 

喫煙や過度なストレスは、末梢血管の血流障害を招き、肌に栄養が届きづらくなります。身体にとってマイナスの影響を及ぼす生活習慣は、できる限り取り除きましょう。
 
 

スキンケア方法の見直し

 

朝晩は、しっとりタイプの化粧水と、油性の美容液、クリーム、スキンオイル等でお肌に水分と油分をたっぷり与えましょう。日中は、こまめにミスト化粧水で保湿してお肌を乾燥させないようにします。
 
水分と油分が失われた乾燥肌は、放っておくとしぼんだ風船のようにしわの原因となります。
 
 

食事でできる乾燥肌防止対策:こんな栄養成分をとろう!

 

生活習慣とスキンケア方法を見直したら、お肌の健康を保つためにたんぱく質やビタミンをとり、身体の内側からきれいにしていきましょう。
 

乾燥肌防止のため必要な栄養素

 
・たんぱく質
赤身の肉、魚介類、卵、大豆製品など。
皮ふ細胞をつくるたんぱく質が不足すると、トラブルが起こりやすくなります。

 
・ビタミンA
モロヘイヤ、にんじん、うなぎ、レバーなど。
皮ふや粘膜を正常に保つ働きがあり、乾燥肌やしわなどから肌を守ります。

 
・ビタミンE
植物油、アーモンド、モロヘイヤ、南瓜など。
血行をよくし、肌にうるおいを与え、細胞の老化を防ぎます。

 

ビタミンC
赤黄ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ、いちごなど。
細胞の強化、メラニン色素の働きを抑える効果もあり、しみやそばかすの改善に役立ちます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

親が離婚すると子もするの? 「離婚と遺伝子」の関係

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「親が離婚していると子どもも離婚する」という話をあなたは信じますか? ウェブサイトで「離婚と遺伝」を検索すると、多く...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「えっ…」もしかして、アブナイ? 認知症のサインとは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 認知症患者数は、超高齢社会が進むにつれて急増しています。 国民の10人に1人が認知症という事態も迫っています。 おもに加齢によっ...

花粉症にはコレ!管理栄養士がすすめる食べ物・飲み物7選

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 3月に入り花粉症の季節になりました。 目のかゆみや鼻水などに悩まされている方も多いのではないでしょうか? そこで今回は、管理栄養士がおすすめする花粉症の方におすすめの食...

出てない? でも鼻毛を抜いてはいけません

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 鼻毛は医学的には「びもう」と呼ばれ、鼻の入り口の最初の部位「鼻前庭(びぜんてい)」に密生している毛を指します。 他の体毛と同じように男性...

快適に1日を送るための「朝食メニュー」を管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 近年は「朝食ブーム」と言われています。1日中朝食メニューを出しているカフェなども増えてきましたね。 しかし、朝食にも和食・洋食などさまざま。一体どのようなメニューが良い...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【スキンケア】新着記事

悪いだけじゃない!「メラニン」は必要不可欠

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「シミのもと」といわれるメラニン。シミが気になる女性にとって、メラニンは悪いイメージしかないかもしれません。 しかし...

2017/03/14 21:30掲載

「肌のかゆみ」が止まらない! 良い方法はある?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥で肌がカサカサしたり、かゆみが出たり…乾燥する季節は肌のトラブルも起きやすくなります。 「かゆみに耐え切れずに掻...

2017/02/25 18:30掲載

顔の洗い過ぎで、かえってニキビが悪化する?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ ニキビは、「尋常性座瘡(じんじょうせいざそう)」いう皮膚の病気です。 思春期以降に発生し、日本では成人のおよそ90%...

2017/02/18 18:30掲載

似ているようで違う? 「シミ」と「そばかす」について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 女性が嫌がる「シミ」と「そばかす」。 どちらも似ているように見...

2017/02/13 18:30掲載

スキンケア弱酸性と弱アルカリ性どっちを選ぶ?

執筆:座波 朝香(助産師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 洗顔やボディソープなどの洗浄剤には、弱酸性のものと弱アルカリ性のものがあることをご存知ですか? みなさんは、毎日のスキンケア用品をどのよ...

2017/01/27 21:30掲載

洗顔するなら朝?夜? 洗う時は水?お湯?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「顔を洗う」ということは誰でもやっていますが、朝と夜だとどちらがいいのでしょう? またお湯と水はどちらが効果的なので...

2017/01/25 18:30掲載