乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

公開日時

 
執筆:田 絢子(栄養管理士)
 
 
乾燥する季節になりました。
 
冬は、化粧水や乳液などでお肌をたっぷり保湿しても、暖房や外気にさらされてお昼頃には乾燥してカピカピになってしまいますね。
 
お肌だけでなく髪の乾燥も気になるこの季節。ここでは、乾燥に負けないお肌と髪づくりに効く食べ物についてお話ししたいと思います。
 

 

「肌が乾燥する原因」あなたはいくつ当てはまる?

 
・暖房の効いた乾燥した部屋にいることが多い
・寒風に肌をさらす機会が多い
・喫煙習慣、過労、睡眠不足などが日常的にある
・栄養素のアンバランスを自覚している
・オイルが入っていない化粧品でスキンケアしている

 

当てはまる項目が多いほど、皮脂分泌の低下(皮脂が減って皮膚から水分が蒸発すること)が起こりやすくなっていて、肌が乾燥しやすくなる状況にあるといえます。
 
まずは、生活習慣と普段のスキンケアを見直してみましょう。

 
 

生活習慣対策

 

喫煙や過度なストレスは、末梢血管の血流障害を招き、肌に栄養が届きづらくなります。身体にとってマイナスの影響を及ぼす生活習慣は、できる限り取り除きましょう。
 
 

スキンケア方法の見直し

 

朝晩は、しっとりタイプの化粧水と、油性の美容液、クリーム、スキンオイル等でお肌に水分と油分をたっぷり与えましょう。日中は、こまめにミスト化粧水で保湿してお肌を乾燥させないようにします。
 
水分と油分が失われた乾燥肌は、放っておくとしぼんだ風船のようにしわの原因となります。
 
 

食事でできる乾燥肌防止対策:こんな栄養成分をとろう!

 

生活習慣とスキンケア方法を見直したら、お肌の健康を保つためにたんぱく質やビタミンをとり、身体の内側からきれいにしていきましょう。
 

乾燥肌防止のため必要な栄養素

 
・たんぱく質
赤身の肉、魚介類、卵、大豆製品など。
皮ふ細胞をつくるたんぱく質が不足すると、トラブルが起こりやすくなります。

 
・ビタミンA
モロヘイヤ、にんじん、うなぎ、レバーなど。
皮ふや粘膜を正常に保つ働きがあり、乾燥肌やしわなどから肌を守ります。

 
・ビタミンE
植物油、アーモンド、モロヘイヤ、南瓜など。
血行をよくし、肌にうるおいを与え、細胞の老化を防ぎます。

 

ビタミンC
赤黄ピーマン、ブロッコリー、柿、キウイ、いちごなど。
細胞の強化、メラニン色素の働きを抑える効果もあり、しみやそばかすの改善に役立ちます。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

老化の原因、「糖化」を防ぐ8つの食習慣

執筆:田口 絢子(管理栄養士) お肌のくすみやシミで悩んでいる方は、昼は菓子パン、夕食はビールとラーメンというような「高炭水化物食」をしていませんか? もし、それに心当たりがあれば、あなたの身体は「糖...

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

どっち? 「皮下脂肪」と「内臓脂肪」 やせるために減らすのは

  執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「ダイエットでお腹周りをスッキリさせたいのに変わらない…」 そんなあなたは、身体についている脂肪に合わせたアプローチができていないの...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

へそのゴマ、ずうっと放置していたんだけど…大丈夫?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもの頃に「おへそのごまをいじると、おなかが痛くなるから取ったらダメ!」などといわれたことはありませんか? これは本当なのでしょうか。...

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

「発達障害」とはなにがどうなの?見分けられる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ この頃は「発達障害」に注目が集まっています。ドラマの主題に「アスペルガー症候群」が取り上げられるなど、メディアの影響もあるでしょ...

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

「認知症になりやすい人」はどんな人?特徴はある?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 2015年の推計値では520万人、予備軍の「軽度認知障害:MCI」も400万人いると推計され、国民の約10人に1人が患っている社...

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

じつはこれだけ悪かった! 「朝起きてまずタバコ」

執筆:井上 愛子(保健師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 愛煙家には「朝起きて吸う1本が1番おいしく感じる」という人が多いようです。 一般的に「タバ...

【スキンケア】新着記事

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

乾燥肌には食事でケア! お肌に効果的な食べ物のご紹介

執筆:田口 絢子(栄養管理士) 乾燥する季節になりました。 冬は、化粧水や乳液などでお肌をたっぷり保湿しても、暖房や外気にさらされてお昼頃には乾燥してカピカピになってしまいますね。 お肌だけでなく髪の...

2016/12/18 21:30掲載

「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

「たるみ」や「シワ」はどうしてできるの?原因は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ いつまでも弾力のあるピンと張った肌でいたい。 女性であれば誰しもが願うことなのかもしれませんね。 しかし現実はたるみ...

2016/12/17 21:30掲載

「肌」と「皮膚」は別のもの? 健康的な美肌について

「肌」と「皮膚」は別のもの? 健康的な美肌について

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 健康的な美肌は美容の最重要課題といっても過言ではありませんね。 肌がきれいでないとメイクもつい厚塗りになり、さらに肌によくない状態を作ってしまう...

2016/12/08 21:30掲載

肌荒れ、かぶれ、耳が痛い… マスクの悩みを防ぐ方法

肌荒れ、かぶれ、耳が痛い… マスクの悩みを防ぐ方法

執筆:Mocosuku編集部 これから冬にかけ、風邪・インフルエンザ予防やオフィスの乾燥対策などでマスクを着用する人も多いかと思います。 また春になれば花粉症対策が必要になったり、マスクのお世話になる...

2016/11/15 21:30掲載

「顔のテカリ」 どうしたら防げる?

「顔のテカリ」 どうしたら防げる?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 季節はすっかり秋ですが、まだまだ暑い日も多く、汗もかきやすいこの時期。顔のテカリが気になる方もいらっしゃることでしょう。 でもそもそもなぜ、顔のテカリが出てしまうの...

2016/10/04 21:30掲載

メスを使わない「美容皮膚科」って安全なの?

メスを使わない「美容皮膚科」って安全なの?

執筆:南部 洋子 監修:谷野 隆三郎(医学博士 医療法人社団天神会天神下皮フ科形成外科 理事長) 最近は、自分の肌で気になるところがあれば積極的に医師に相談する人も増えているようです。 でも「美容外科...

2016/09/17 21:30掲載