アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

Mocosuku(もこすく)
  • アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

アンチエイジングにも効果的、覚えておきたい「ドライケア」

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「ドライシンドローム」というコトバをご存じでしょうか。
 
たとえば口の中がカラカラになる「ドライマウス」。インフルエンザや感染症が流行っている時期だけに、気になりますよね。
 
じつはこのドライマウスのほかにも、身体が乾燥する症状はさまざまあります。これらは総じて、ドライシンドローム(乾燥症候群)と呼ばれています。
 
とりわけ、女性にとってケアを必要とするものです。今回はその症状の種類と特徴をご紹介していきましょう。
 

 

4つのドライ症候群

 
例えば「ドライマウス」になると「口の中がカラカラ」というだけでなく、「口臭が気になる」、「虫歯になりやすくなった」などが起こります。
 
これは唾液の分泌が減り、口内の菌が増えて、さまざまなトラブルが起こりやすくなるからです。潜在患者数は、推定約800万人と言われています。

 

身体が乾くという現象は、口の中に限ったことではありません。
 
目が渇く「ドライアイ」、肌が渇く「ドライスキン」、膣が渇く「ドライバジャイナ」などがあり、これらは総称して「ドライシンドローム」(乾燥症候群)と呼ばれています。

 

患者の約9割は女性です。

 
女性は筋力が弱い上に血管が細く、運動量が少ないことなどに加えて加齢に伴い女性ホルモン(エストロゲン)のバランスが崩れてしまうことで、この症候群に罹りやすいと見られています。
 
 

ドライ症候群のそれぞれの症状と原因

 

ドライアイ

目が疲れる、かすんで見える、充血する、目がゴロゴロする、進行すると頭痛などの症状があります。
 
 

ドライスキン

皮膚のヒビ、アカギレ、カサカサ、かゆみなどの症状が代表的です。
 
 

ドライバジャイナ

膣周辺の粘膜が渇くため、ヒリヒリした痛み、性交時痛を感じる、などがあります。
 
 

これらを渇きから守っているのは「外分泌腺」です。唾液や涙、汗などの分泌物を作りますが、ドライシンドロームは、外分泌腺の分泌量が減っている状態を指します。原因としては、エアコンによる室内の乾燥、ストレス、パソコン作業などを挙げることができます。
 
また食生活では、動物性脂肪の摂り過ぎ、よく噛まないこと、運動不足、テレビなど画面の長時間視聴など、日常生活のさまざまなことが多岐に複雑に絡んで起きています。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【アンチエイジング】新着記事

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

どう違う? 整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然ですが、「代替医療」という言葉をご存知でしょうか? 「西洋医学に代わる医療」という意味で、西洋由来のカイロプラクティックやホメオパシ...

2018/02/24 18:30掲載

「幹細胞コスメ」はなにがスゴイの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 山中伸弥教授のノーベル賞受賞で、幹細胞の一つ「iPS細胞」に注目が集まりました。 これにともない「再生医療」という画...

2017/12/24 18:30掲載

キレイな人ほど知っている? その秘訣は「口角」にあり

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 口角は顔の上下の唇が合わさる部位のことを指しています。 「口の両わき」とも呼ばれ、この部分がキュッと上がると、チャーミングで、笑っている...

2017/12/20 18:30掲載

「肌の曲がり角」は何回くるの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 肌の調子が悪いとき、オトナ女子なら一度は「もしかしてお肌の曲がり角!?」などと悩んだことがあるのではないでしょうか。 「肌の曲がり角」と...

2017/09/10 18:30掲載

年齢とともに、身長はだんだん縮んでいく?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 毎年の定期健診を受けていますか? 健康度をはかる定期健診では最初に身長や体重などが測定されます。 ところでこの身長、若い時には毎年背丈が...

2017/08/24 18:30掲載