女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

Mocosuku(もこすく)
  • 女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

女性はみんな、おしゃべりなのが当たり前?

公開日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
喫茶店やカフェなどで、長時間、女性どうしで盛り上がっている姿をよく見かけますね。
 
一般的に「女性はおしゃべり」といわれていますが、その背景には脳のはたらきが大きく影響しているといわれています。
 
なぜ女性がおしゃべりなのか、その理由を考えていきましょう。
 

 

男女では話す目的が違った!?

 
「話す」ことと脳の関係については、これまでさまざまな研究が行われてきました。
 
その中で、男性と女性とではもともと言葉を使う目的が異なっていたことから、脳の進化に違いが生じたという説が唱えられています。
 
ヒトが言葉を持った昔の時代にさかのぼってみると、当時の男性は狩りをして食糧を得る役割、女性は子を産み育てる役割というように、男女に求められる役割に大きな違いがありました。
 
そして言葉も役割の違いに応じて、男女それぞれの目的を達成するために使われていました。
 
たとえば男性は仲間と狩りをするために必要な言葉を使い、時には言葉以外の合図でやりとりをするなど、「獲物を得る」ことを第一目的に、言葉を話していました。
 
一方、集団生活の中で子どもや家族を守る女性にとって重要なのは、情報交換でした。そのため、情報をもたらす人間関係を重視し、周囲と良好な人間関係を築くために言葉を用いていたのです。
 
このように、男女ではそもそも言葉を使う目的に大きな違いがあり、現在に至るまでその伝統が無意識に継承されています。
 
そして、この目的の違いが、話すときの脳の使い方にも影響を及ぼしているのです。

 
 

女性の方が言葉を操るのが得意

 
私たちの脳には、右脳と左脳があります。
 
右脳にはイメージを記憶したり、映像などを認識する役割があるのに対し、左脳は読み、書き、計算や論理的な思考をする役割を担っています。では、話すときにはどちらの脳が使われるのでしょうか?
 
話すときの脳の使い方を調べてみると、男性と女性では使われる領域に違いがあることがわかりました。
 
まず男性の場合、話すときにはおもに左脳を使っていることが明らかになりました。これに対して女性は、おもに左脳の前部と右脳の一部、つまり、両方の脳を使って話していることがわかりました。
 
さらに左脳の中でも発話で使われる領域がはっきり決まっているため(ブローカ野、脳の領域)、言語を操る能力に長けていることも明らかになりました。
 
このように、進化の過程の中で女性は話す能力を伸ばし、おしゃべりを楽しむ力を身につけてきたといえます。
 
この能力が、現代の女性にも引き継がれて「女性はおしゃべりが好き」と認識されるようになったと想像することができるでしょう。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

春のメンタル不調…対策は早めが鉄則。適度な「ズボラ」も大事!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ この春、多くの新入生や新社会人の方が新たな生活をスタートされたことと思います。 あるいは、家族の学校や仕事の変化に伴い、生活環境や生活リ...

2019/05/21 18:30掲載

今どきの「五月病」と最近増えている「六月病」…原因と対策

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 例年、この時期になると話題になるココロの不調「五月病」。 今や言葉としてすっかり定着しましたが、最近は五月ではなく六月に同じような状態に...

2019/05/14 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

芸能人にも多いパニック障害… 近年増加している理由は?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 昨年、アイドルグループ「Sexy Zone」の松島聡さんが突発性パニック障害であることを公表し、芸能活動の休止を発表したことは記...

2019/03/05 18:30掲載

怖いと聞くと余計に見たい…『怖いもの見たさ』に潜む人間の心理が面白い!

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「見ない方がいい」「見てはいけない」と思えば思うほど見たくなる、ダメと言われるとかえってやりたくなる…そんな“あまのじゃく”な気...

2018/11/23 18:30掲載