5つのタイプに分けられる?「お年寄りならではの性格」について

Mocosuku(もこすく)
  • 5つのタイプに分けられる?「お年寄りならではの性格」について

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

5つのタイプに分けられる?「お年寄りならではの性格」について

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「頑固でワガママ」だとイメージされがちなお年寄り。
 
しかしみんながみんな、「頑固でワガママ」なわけではありません。ある心理学者によれば、お年寄りは“高齢者ならではの5つのタイプ”に性格を分類できるのだとか。
 
さらに「可愛げがないおじいさん・おばあさん」と思っていたら、じつはそれは病気のせいだった、なんていうこともあるようです。
 
これからますます高齢化社会が進む中、身内や親族に関わらず、私たちはお年寄りと接する機会が確実に増えていくことでしょう。
 
今回は「お年寄りならではの性格」というテーマで、詳しく見ていきたいと思います。
 

 

「高齢者の5つの性格タイプ」について

 
アメリカ人の心理学者スザンヌ・ライヒャルトは、高齢者の性格タイプを次の5つに分類しています。
 
1.適応型;円熟型
元気で、できることを楽しみながら行っていくタイプ
 
2.適応型;安楽椅子型(依存型)
気楽な隠居タイプ
 
3.適応型;装甲型(自己防衛型)
衰えることに抵抗し続けるタイプ
 
4.不適応型;自責型(内罰型)
愚痴と後悔で自分の人生を呪うタイプ
 
5.不適応型;攻撃憤慨型(外罰型)
老いを受け容れず、しかもそれを周囲のせいとする

 
 
このような視点からすると、「頑固でワガママ」も自己防衛型や不適応型として、高齢者の性格タイプの一部だとみなすことができるでしょう。
 
もちろんこの研究は、アメリカ人高齢者をデータベースにしていますが、日本でも1や2の適応型のお年寄りが思いのほか、隠れているかもしれません。

 
 

性格か病気か?

 
例えば、お年寄りは一般的にはかなり確信的に「頑固でワガママ」だとイメージがもたれています。
 
しかしもう一方で、お年寄りの性格は個人差が大きいとも指摘されています。
 
この“矛盾”ともいえることは、どのように理解されるのでしょうか?
 
最近指摘されているのは、お年寄りの特徴は、気質や人生経験からくる性格の問題もあるでしょうが、脳の機能の低下、認知症や老年期うつ病などの精神疾患、あるいは肝硬変といった身体疾患など、さまざまな病気によってもたらされる症状でもあるという説です。
 
性格と考えると、本人の特性ですから「もう致し方ない」と、周囲が迷惑していても諦めるしかないとみなされますが、病気の症状と考えると、可能な限り「治療の対象」として取り組まれることになります。
 
結果として、症状が寛解したり、周囲から一生懸命かかわってもらって、当のお年寄りが元気になったりということも散見されているようです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

アツくもカラくもないのに、食事中に汗をかくのは危険?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑い季節ではなく、辛いものを食べているわけでもないのに、なぜか食事中に汗をかいてしまうことはありませんか? 周りに心...

加齢臭ならぬ「疲労臭」が増加中!? 原因や対策は

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 加齢臭ならぬ「疲労臭」というコトバ、聞いたことはありますか? 疲労臭はカラダに疲労が蓄積したときにでる体臭のことで、この頃増えているそう...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

「過呼吸」はどうして起こる? 原因と正しい対策

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ パニック障害などの症状として知られる「過呼吸」。 名前を聞いたことがある人は多いと思いますが、原因や対策についてはよく知らないという人も...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

【メンタルヘルス】新着記事

ガーデニングが健康法に! 「園芸療法」をご存じですか?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 人気の高い趣味のひとつであるガーデニング。 そんなガーデニング、健康にも良い効果をもたらすといわれていることをご存知でしょうか?...

2017/09/17 18:30掲載

他人の「ストレス」や「ネガティブな気持ち」は伝染するもの?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 他人がマイナスな感情を発していると嫌な気分になったり、また、そんな自分の状態から抜け出せなくなったりすることはありませんか? こ...

2017/09/05 18:30掲載

笑うことで健康に! 「笑い」が生み出す健康効果

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ   「笑う門には福来る」のたとえのように、笑うことの健康効果が注目されています。 具体的に、笑うことでどのような健康効果が期待で...

2017/08/27 18:30掲載

20~30代で“もの忘れ”? 「若年性健忘症」について

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 超高齢社会になって、認知症の話題がよく取りざたされます。 加齢によって脳の機能に病変が生じ、基本症状の記憶障害(もの忘れ)が激し...

2017/07/16 18:30掲載

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

2017/07/10 18:30掲載

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

2017/07/06 18:30掲載