小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

Mocosuku(もこすく)
  • 小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

公開日時

 
執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー)
 
 

私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。
 
ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。
 
学校教育では、お金に対する踏み込んだ教育はあまり行われていません。もっぱら家庭教育(しつけ)がベースとなり、子どもは社会に出て初めて、自ら苦難を乗り越え体験しながら学び取る、というスタイルが一般的です。
 
実際、子どもにお金のことをどう教えていこうか、悩んだことはありませんか?
 
今回は子ども、特に小学生の成長ごとに必要な「お金のしつけ」について、解説していきましょう。

 

 

お金に関する家庭のルールを

 
小学生以下の子どもにとって、「必要なモノ」「欲しいモノ」はたいてい買ってもらいます(親が買い与えます)。
 
まだ幼くて家庭生活の範囲にとどまっているうちは、この方法が適切だと思いますが、成長して社会との接点が拡大するにつれて、いつまでも買い与えてばかりでは子どもの自立に役立ちません。
 
まずは、各家庭独自のルールを決めてお金を使う・貯める練習をさせてみることが大切です。
 
 

学年別・お金に関して身につけておきたいこと

 
「お金のしつけ」といっても、いきなり株式投資の手法を教えることではありません。子どもの自立に必要な、適切な金銭感覚を身につけさせるためのものです。

 
以下は、金融広報中央委員会が作成した『金融教育プログラム』より筆者が抜粋し、修正を加えた項目です。
 
学年ごとに、体験して身につけるべきことをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

小学校低学年(1~2年生)

・モノを買うにはお金が必要であることを体験する。
 
・時には我慢もしつつ、お金を貯める習慣を身につける。
 
・お金は手持ちの範囲で使う習慣を身につける。

 
 


小学校中学年(3~4年生)

・欲しいモノと必要なモノを意識し区別できるようになる。
 
・お小遣い帳などを用いて「お金を管理する」習慣を身につける。
 
・お金を貯める目的を意識する
 
・予期せぬ支出(ケガや病気の治療費・その他)が起こりえることを知る。
 
・子ども同士の安易なお金の貸し・借りは、悪意は無くとも信頼関係を破壊しかねないことを知る。
 
 


小学校高学年(5~6年生)

・お金の使い道に優先順位が付けられるようになる。
 
・付加価値(品質・性能など)の違いによる価格の違いを知る。
 
・持っているお金の中で「買う」「買わない」という判断力を身につける。
 
・高価なモノを手にするために、計画的にお金の準備(=貯蓄)ができるようにする。
 
・不測の事態に備える方法には、貯蓄以外に保険があることを知る。
 
・モノの値段は、状況の変化により一定ではないことを知る。
 
・働くことの大切さとそれにより得るお金について、その仕組みと苦労を知る。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

うつ病からの回復のポイントは「家族」

執筆:Mocosuku編集部 監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 「うつ」や「統合失調症」の回復には、周りの人たち、特に家族の対応の仕方が大きく影響します。 日本でのうつ病患者は100万人を超...

自分でできる「歯を白くする方法」と「白さを保つ方法」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 輝く白い歯は誰しもが憧れるもの。口元の美しさは笑顔に自信を与え、表情もパッと明るくなりますね。 一方で歯は白くしたいけど、歯医者さんでホワイトニングをしてもらうのは治療や...

気がついたら爪の色が変わってる! どうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 皆さんの爪の色は、何色をしていますか? 健康な爪の色は薄いピンク色をしていますが、もし、変色していたら? とくに問題のないものから、なか...

歯医者さんに聞きました「自分の口臭、どうすればわかる?」

執筆:影向 美樹(歯科医師) 他人の口臭が気になると、「なぜこの人は臭いに気づかないのか?」と疑問に思います。 しかし人は自分の口臭を自分で感じることはできません。 ただ誰しも少なからず口臭はあり、そ...

「うつ病診断」は一人でできる? 9つの症状を要チェック

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 厚生労働省の「患者調査」によると、うつ病や双極性障害といった、抑うつ気分を症状にもつ患者数は近年増加していて、2014年には11...

お酒の強さは「飲めば鍛えられる」 これホント?

執筆:吉村 佑奈(よしむら・ゆうな) 医療監修:株式会社とらうべ 新人歓迎会があったり、花見があったりと、何かとお酒を飲む機会が増える春。 大勢で集まってお酒を飲むと、しばしば話題になるのが「お酒の強...

花粉症対策はコチラ

そろそろ花粉の季節 知っておきたい花粉症対策

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 春が近付くと気分がうきうきしますが、その反面あのいやな花粉症が...

必見、「コンタクト派」のあなたへ贈る花粉症対策

執筆者:井上 愛子(保健師) 監修医:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 今や国民病ともいえる花粉症。日本人の有病率は4人に1人とも言われています。コンタクトレ...

あった!花粉症をおさえる食材

執筆者:山本 ともよ(管理栄養士) マスクやティッシュが手放せない、つらい花粉症の症状、少しでも緩和したいですよね。そこで、花粉症の症状緩和に効くとされる食べ物についてご紹介します。 花粉症の症状を緩...

「果物アレルギー」が増加中? 花粉症の人は要注意

執筆:Mocosuku編集部 監修:坂本 忍(医学博士) 秋はいろいろと食べ物が美味しいですが、フルーツだって美味しい季節。秋の味覚を満喫するため口にする人も多いでしょう。 その一方で、果物アレルギー...

【 頭痛と花粉症 】 花粉症が原因で頭痛も起こる?

執筆:井上 愛子(保健師) 日本人の4人に1人が悩まされており、もはや国民病とも言える「花粉症」。 花粉症には、目のかゆみや鼻詰まり、鼻水といった典型的な症状のほかに、倦怠感や発熱などの風邪に似た症状...

【子育て】新着記事

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。 どうして寝相が悪くなる...

2017/01/09 18:30掲載

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。 ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。 学校教育...

2017/01/02 21:30掲載

健全な金銭感覚を育む「子どものお小遣いルール」

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 友だちがお小遣いを使っている姿を見れば、「○○ちゃんはいいな~、ボク(わたし)も欲しい」と子どもが思う心情は、当然といえるでしょう。 また子どもから「○○...

2016/12/30 21:30掲載