小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

Mocosuku(もこすく)
  • 小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

公開日時

 
執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー)
 
 

私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。
 
ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。
 
学校教育では、お金に対する踏み込んだ教育はあまり行われていません。もっぱら家庭教育(しつけ)がベースとなり、子どもは社会に出て初めて、自ら苦難を乗り越え体験しながら学び取る、というスタイルが一般的です。
 
実際、子どもにお金のことをどう教えていこうか、悩んだことはありませんか?
 
今回は子ども、特に小学生の成長ごとに必要な「お金のしつけ」について、解説していきましょう。

 

 

お金に関する家庭のルールを

 
小学生以下の子どもにとって、「必要なモノ」「欲しいモノ」はたいてい買ってもらいます(親が買い与えます)。
 
まだ幼くて家庭生活の範囲にとどまっているうちは、この方法が適切だと思いますが、成長して社会との接点が拡大するにつれて、いつまでも買い与えてばかりでは子どもの自立に役立ちません。
 
まずは、各家庭独自のルールを決めてお金を使う・貯める練習をさせてみることが大切です。
 
 

学年別・お金に関して身につけておきたいこと

 
「お金のしつけ」といっても、いきなり株式投資の手法を教えることではありません。子どもの自立に必要な、適切な金銭感覚を身につけさせるためのものです。

 
以下は、金融広報中央委員会が作成した『金融教育プログラム』より筆者が抜粋し、修正を加えた項目です。
 
学年ごとに、体験して身につけるべきことをまとめていますので、参考にしてみてください。

 

小学校低学年(1~2年生)

・モノを買うにはお金が必要であることを体験する。
 
・時には我慢もしつつ、お金を貯める習慣を身につける。
 
・お金は手持ちの範囲で使う習慣を身につける。

 
 


小学校中学年(3~4年生)

・欲しいモノと必要なモノを意識し区別できるようになる。
 
・お小遣い帳などを用いて「お金を管理する」習慣を身につける。
 
・お金を貯める目的を意識する
 
・予期せぬ支出(ケガや病気の治療費・その他)が起こりえることを知る。
 
・子ども同士の安易なお金の貸し・借りは、悪意は無くとも信頼関係を破壊しかねないことを知る。
 
 


小学校高学年(5~6年生)

・お金の使い道に優先順位が付けられるようになる。
 
・付加価値(品質・性能など)の違いによる価格の違いを知る。
 
・持っているお金の中で「買う」「買わない」という判断力を身につける。
 
・高価なモノを手にするために、計画的にお金の準備(=貯蓄)ができるようにする。
 
・不測の事態に備える方法には、貯蓄以外に保険があることを知る。
 
・モノの値段は、状況の変化により一定ではないことを知る。
 
・働くことの大切さとそれにより得るお金について、その仕組みと苦労を知る。
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

低気圧によるダルさ、やる気の出ないカラダと上手につきあう方法

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 梅雨になるとジメジメした日や蒸し暑い日が続き、どんよりとした気分になりやすいですね。 また、身体的にも体調がなんとなく悪くなる方...

「パーソナリティ障害」とはどういうもの?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 考え方、感じ方や行動パターンが偏っているため、学校や職場、家庭などでかなりの支障をきたしている状態のパーソナリティ障害。 はたし...

太りやすい?「そうめん」のホントを管理栄養士が紹介

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏の終わりが見えてきましたが、残暑はしばらく続きそう。手軽で食べやすい「そうめん」はまだまだ活躍しそうです。 そんなそうめん、「太りやすい」言われています。本当にそうな...

「がんになりやすい」という人はいるの? 特徴はある?

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 現在、日本人の2人に1人は一生のうちに何らかの「がん」にかかるといわれています。 それほどまでに身近な病気である「がん」。 どん...

「パニック障害」とはどういう病気?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「パニック障害」という病名を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。 しばしば芸能人などが発症していたことを告白しています...

こげ(焦げ)たものは体に悪い? 体への影響について解説

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) こんがりと焼けたパンやお肉はとても美味しそうですね。 美味しさや香ばしさ、見た目の要因となっているのが「焦げ」ですが、食べ過ぎは体に毒とも言われています。 焦げは本当に...

熱中症対策はこちらから

「熱中症」今から始めるべき予防と対策

執筆:吉村 佑奈(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年も暑い日がだんだん増えてきました。 気温の高まりとともに、増えてくるのが熱中症の患者さんです。熱中症を予防するために、普段ど...

汗をかくシーンで起こりやすい「低ナトリウム血症」

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 夏本番となり、暑い日が続いていますね。汗をかくことも多いため水分補給の機会も多いと思います。水分の摂取の仕方によっては危険な「低ナトリウム血症」につながることがあります...

管理栄養士が教える、「夏は麦茶」の理由

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 夏といえば麦茶! ご自宅で作ったり、お出かけ中にコンビニや自販機で購入したり、いつもより飲む機会が増えますよね。でもなぜ、夏は麦茶なのでしょう?そんな麦茶の理由や秘密を...

熱中症対策には、おにぎり!

執筆:井澤 佑治(ライター) 監修:山本 ともよ(管理栄養士) もうすでに梅雨が明けたような天気の今日この頃。すると、大きなニュースとなってくるのが「熱中症」です。 これから始まる夏に向け、今から気を...

脱水症状は命の危険も。「水分補給の目安」を知ろう

執筆:Mocosuku編集部 監修:三原 武彦(小児科医、三原クリニック理事長、みはら子育て支援センター長) これから暑い日が続きます。 夏場に起こりやすく、命の危険にまで迫る「脱水症状」はいったいど...

【子育て】新着記事

炭酸飲料やコーヒーを子どもが飲んでいるけれど… 身体に悪影響はない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ コーヒーや炭酸飲料の摂りすぎは、大人でも「良くない」と広く知られています。 それでは、体格の...

2017/07/12 18:30掲載

いよいよ離乳食。赤ちゃんの味覚はどう発達していくの?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 「乳幼児期の食事が味覚の形成には重要」という話を聞いたことがあるでしょうか? 「いよいよ離乳食!」と思い、はりきっ...

2017/03/25 21:30掲載

3歳までに虫歯菌をうつさなければ、虫歯にならない?

執筆:影向 美樹(歯科医師) 生まれたばかりの赤ちゃんの口の中に虫歯菌は存在していません。 それでは虫歯菌がどこから入ってくるのでしょう。 それは赤ちゃんの周りにいる大人たちの口からです。 歯が生えそ...

2017/03/23 21:30掲載

市販の風邪薬、年齢制限があるのはどうして?

執筆:南部 洋子(保健師、助産師) 医療監修:株式会社とらうべ 子どもが風邪を引いたみたいだけれど、わざわざ病院に連れていくほどでもない、というときや、休日でかかりつけ医がお休みといったとき。 あなた...

2017/01/19 21:30掲載

どうしてこんなに寝相が悪いの…! 改善はできる?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 小さいときから寝相が悪く、「お嫁に行けるのかしら?」と親を悩ませていた子どもは多いようです。 どうして寝相が悪くなる...

2017/01/09 18:30掲載

小学校では教わらない「お金のしつけ」 学年ごとに必要なこと

執筆:石村 衛(ファイナンシャルプランナー) 私たちにとって、健全な暮らしを送るのに欠かせない「お金」。 ところが、子どもがこのお金のことについて、きちんと学べる機会は意外と少ないですよね。 学校教育...

2017/01/02 21:30掲載