他人のことなのに、まるで自分が…「共感性羞恥」

Mocosuku(もこすく)
  • 他人のことなのに、まるで自分が…「共感性羞恥」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

他人のことなのに、まるで自分が…「共感性羞恥」

公開日時
更新日時

 
執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「友達が大声で騒いでいたり、知り合いが人前でミスをするのを見て、自分のことのように恥ずかしくなってしまった…」
「TVでドッキリ企画を見ていたら、自分が騙されているような気になって途中で消した…」
 
そんな経験をしたことはありませんか?このような現象を「共感性羞恥」といいます。
 
某テレビ番組で取り上げられ、話題になったこの「共感性羞恥」。
 
どのくらいの割合でこのような現象が起こるかについて、専門的にはっきりとしたことはわかっていませんが、某テレビ番組が独自に行った調査では、共感性羞恥を経験したことがあると答えた人は、およそ1割にのぼるとか。
 
どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?詳しく見ていきましょう。
 

 

羞恥心と共感性羞恥

 
他人が恥ずかしいことをしている姿を観察しているときに、自分が「気詰まり」や「ばつが悪い」と感じる経験を「共感性羞恥」といいます。
 
そもそも「羞恥心」とは、「こうあるべきだ」とか「こうしなくては」といった理想と、実際の言動にズレが生じたときに、「自分が他者から拒否されるのでは」という警告信号が出されることによって起こる感情です。
 
たとえば、ズボンのチャックが開いていたとき。本来マナーとしてしまっているべきズボンのチャックが開いていた=周囲の人に見つかったらマナーがないと否定されてしまう」そう思って現れてくる「かっこ悪い」という感情が羞恥心です。
 
このように、羞恥心は自分のやったことが周囲から否定されるという脅威から生まれるものです。
 
一方、共感性羞恥の場合は、自分が行ったわけではないのにこのような羞恥心のような感情が湧いてきてしまいます。

 
 

共感性羞恥のメカニズム

 
共感性羞恥は、人によって個人差はありますが、「羞恥心の強さ」と、「他者への共感性の高さ」という二つの要因によって決まってくると専門家は指摘しています。
 
他者の感情を共有したり、理解したりする「共感性」は、生まれつきヒトに備わっているものといわれています。ただ、他者の感情体験に出くわしたときにどのような反応が自分に起こってくるのかというのは、人によってさまざまです。
 
たとえば、悲しんでいる人を見たとき、相手の状況を不運に思い、「できればそれを軽減してあげたい」と思う人もいるでしょう。これは、他者への同情や関心という他者志向の気持ちとして考えられ、専門的には「共感的関心」と呼ばれるものです。
 
一方、同じように悲しんでいる人を見ても、「自分が同じ状況になったとしたらどうしよう」と考え、苦しいという感情が湧いてくる人もいます。
 
これは、他者の苦痛に対して、動揺など自己志向の感情反応が起こっている状態と考えられ、専門的には「個人的苦痛」と呼ばれています。共感的関心も個人的苦痛もどちらも共感性の側面ですが、共感性羞恥は後者の個人的苦痛の経験のひとつと考えられています。
 
つまり、他者の「ツライ」「悲しい」といった感情に直面したときに、その感情を自分ごととして捉える傾向が強い人は、共感性羞恥も起こりやすいといえます。
 
さらに、もともと羞恥に対する感受性が強いという個人的なパーソナリティが加わることで、「誰かが恥ずかしがる場面を見るだけで自分も恥ずかしくなる」という現象が起きやすくなるのです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

執筆:森 ジュンヤ(理学療法士) 姿勢の悪さを代表する「猫背」。 姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。 しかし、猫背はカラダにどのような影響を与...

「白髪」はどうして現れる?予防法まであわせて紹介

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 老化現象のひとつとして数えられる白髪。 30代を過ぎた頃から白髪が生え始めるといわれています。そうはいっても見た目年齢にも影響するので、...

糖尿病に前兆はある? 原因や予防法をご紹介

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 生活習慣病のひとつである糖尿病。 糖尿病には合併症のリスクもあることから、注意したい病気のひとつでもあります。 はたしてどのような症状が出た...

「お腹すいた…」 ダイエット中の小腹への対処法ある?

執筆:桜 イクミ(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「小腹が空いた」という言葉をよく聞きますが、小腹とはいったいどんなものなのでしょうか。 また、ダイエット中の小腹の対処法に良いコトないのでし...

病院や薬局でもらうお薬、余ったらとっておける?

執筆:井上 愛子(保健師、看護師) 医療監修:株式会社とらうべ いつもらったかわからない薬が家に余っている、ということはありませんか? 病院や薬局で出してもらった薬は、余ったらとっておいても問題ないも...

管理栄養士が毎日食べる「カラダ喜ぶ」食材3つ

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) テレビや雑誌で取り上げられることが多い「体によい食材」。 沢山あってどれを取り入れたらよいのか迷ってしまいますよね。 そこで今回は、管理栄養士の私が毎日摂っている3つの...

「正常な月経」を知っていますか?

執筆:青井 梨花(助産師、看護師) 監修:坂本 忍(医師・公認スポーツドクター・日本オリンピック委員会強化スタッフ) 月経の量や周期の乱れなどから思わぬ病気がみつかることもあります。 女性特有の病気の...

【メンタルヘルス】新着記事

さまざまな精神障害に? 「完璧主義」が陥りやすいコト

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 完璧主義は「完全癖」とも言われ、完璧さを追求して妥協しない性格傾向を指します。 完璧を目指すこと自体は立派なことですが、「完璧で...

2017/02/16 18:30掲載

意外に多い? 「昇進」が原因で陥るメンタル不調

執筆:玉井 仁(臨床心理士) 2015年12月から、職場のストレスチェックが実施されるようになりました。 厚生労働省がこの制度を導入した背景には、働く人のメンタルヘルスの問題が深刻しつつある状況があり...

2017/02/10 18:30掲載

ストレス解消にSNSで毒を吐く! これ本当に解消される?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)の普及で、世界中の人々とつながることができる時代になりました。 その一方で、ちょ...

2017/01/12 18:30掲載

元気があれば何でもできる? 気力は体力に勝るのか

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「気合いだ!気合いだ!気合いだ!」ではありませんが、スポーツなどではよく「最後は、気力勝負!」と鼓舞されます。 昔から「火事場の...

2017/01/09 21:30掲載

休み明け、いつも体調が悪くなる… どうすれば改善できる?

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「休み明けになると、きまって体調が悪くなる」「月曜日の朝がツライ…」 こんな悩みを抱えている人は多いのではないでしょうか? 心身...

2017/01/05 21:30掲載

「他人をうらやむ気持ち」は仕方ない?解決法は?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 何でも他人のものはよく見えることを喩えて、「隣の芝生は青く見える」といいます。 このような羨望や嫉妬の心理はどのようなものなのか...

2017/01/04 18:30掲載