お酒を飲んで寝ると「いびきがウルサイ」のはどうして?

Mocosuku(もこすく)
  • お酒を飲んで寝ると「いびきがウルサイ」のはどうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

お酒を飲んで寝ると「いびきがウルサイ」のはどうして?

公開日時

 
執筆:井上 愛子(保健師、助産師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

普段はいびきをかかないのに、「お酒を飲んで寝るといびきがうるさい」と指摘されたことはありませんか?
 
自宅ならばまだしも、電車で居眠りをしている時や、友人との旅行などでは周りの目が気になるものです。
 
なぜお酒を飲むと、いびきが大きくなるのでしょうか。詳しくみていきましょう。
 

 

アルコールの作用をおさらい

 
まずは、アルコールの作用をおさらいしましょう。食事の際にお酒を飲むと、緊張がほぐれたり、会話が弾んだりしますね。
 
このように、アルコールは適量であれば、気持ちをリラックスさせる効果があります。
 
また少量であれば、心臓など循環器系の病気の予防につながったり、善玉として知られるHDLコレステロールを増加させることも明らかになっています。
 
一方で、大量にお酒を飲む習慣が長期間続くと、肥満や肝臓の障害につながることは周知の事実。さらにアルコールを解毒する役割のある肝臓だけでなく、膵臓などそのほかの消化器やさらに脳にも影響を与え、アルコール依存症に陥る可能性もあります。
 
身体にさまざまな影響を与え、プラスにもマイナスにも働くアルコール。

 
それでは、睡眠やいびきとは、どのような関係があるのでしょうか。
 
 

お酒といびきの関係

 
お酒にはリラックス作用があるとお伝えしましたが、その効果は精神面にも身体面にも現れます。
 
実は、アルコールには筋肉の緊張を緩める筋弛緩作用があり、いびきをかくのは、喉の筋肉が緩んで、空気の通り道である気道が狭くなることが原因です。
 
また舌の筋肉が麻痺して、仰向けの姿勢で眠る際、喉の方に舌が落ち込みやすくなったり、血行が良くなることで鼻の粘膜が腫れ、鼻づまりを起こしやすくなる場合もあります。
 
これらの影響が重なり、お酒をのんで寝るといびきがうるさくなる傾向にあります。
 
また、気道が狭くなり、身体が必要とする酸素を充分に取り込めないと、睡眠中にたびたび目が覚めたり、熟睡しづらい状況になります。

 
健康な人が一時的にそうなることは問題ありません。しかし、睡眠中に呼吸がとまりやすくなる「睡眠時無呼吸症候群」と診断されている人は、症状が悪化する可能性もあり、とくに注意が必要です。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【睡眠】新着記事

自律神経に良い『トリプトファン』を効果的に摂取してハッピー♪になろう

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 「トリプトファン」はアミノ酸の一種です。 トリプトファンが不足すると精神的に不安定な状態や不眠などを招き、やがて自律神経や体内リズムの乱れに...

2019/07/16 18:30掲載

大人の悪夢はストレスが原因? 『悪夢障害』とは

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは悪夢に悩まされていませんか? 繰り返し見る悪夢によって睡眠が妨げられ、日常生活にまで支障を来す状態を「悪夢障害」と呼び、...

2019/03/08 18:30掲載

「22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイム」の信憑性

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 睡眠中の午後10時~午前2時は「お肌のゴールデンタイム」…という話を耳にしたことのある方は多いのではないでしょうか。...

2019/02/08 18:30掲載

交感神経の衰えで、食べなくても太っちゃう? 「モナリザ症候群」

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「モナリザ」といえばレオナルド・ダ・ ヴィンチが描いた、有名な女性の肖像画が思い浮かびます。...

2019/01/15 18:30掲載

一瞬の寝落ち『フラッシュスリープ』 活用次第ではメリットも?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 『フラッシュスリープ』は、『瞬眠(しゅんみん)』『マイクロスリープ』とも呼ばれます。 猛烈な眠気のあと、時間にしてほんのわずか数秒から数...

2018/12/11 18:30掲載

口臭や体臭… 寝起きがキツイのはどうして?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日本人はにおいにとても敏感、過剰反応などという論調も見られる昨今… そうは言っても、自分の臭いや家族の体臭、口臭は誰しも少なから...

2018/11/25 18:30掲載