睡眠

Mocosuku(もこすく)
  • 睡眠

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を毎日配信

睡眠 アナタの睡眠の質と量は充分?



3月18日は「世界睡眠デー」ですが、 世界の睡眠不足事情 はどうなっているのでしょうか?「世界睡眠デー」は、睡眠の大切さを改めて知ってもらおうと、世界睡眠医学協会が独自に定めた日です。…というのも、実は今、世界の専門家たちの間では睡眠不足が大きな問題になっているのです。 もちろん、日本もれっきとした「睡眠不足の先進国」。あなたもきっと、毎日「もっと寝たいなあ」と考えているのではありませんか? 今回は日本や世界の睡眠不足事情を紹介しつつ、改めて睡眠の大切さについて考えていきましょう。



 世界の睡眠不足事情 :アメリカで最近生まれた「睡眠大不況」という言葉



最近アメリカのある医学会で「睡眠大不況」という言葉が使われたことが大きな話題になりました。
この言葉の意味は「アメリカ国民の睡眠時間が大幅に足りていない」、つまり「多くの人が睡眠不足に陥っている」という現象を指したものです。 ちなみにアメリカの睡眠財団では、睡眠時間の目安を次のように定めています。

・幼児(1~2歳)・・・11~14時間
・就学児童(6~13歳)・・・9~11時間
・ティーン(14~17歳)・・・8~10時間
・ヤングアダルトおよび成人(18~64歳)・・・7~9時間
・高齢者(65歳以上)・・・7~8時間

とくにアメリカで問題視されているのは10代の子供たちの睡眠不足。 コロンビア大学の研究では、中学生や高校生の睡眠時間は1990年代から減少し続ける一方だと指摘しています

 世界の睡眠不足事情 :「太りやすい」だけじゃない! 深刻な病気になる可能性も



睡眠不足はなぜこんなに問題視されているのでしょうか。それは健康にもたらす弊害がビックリするほど多いからです。英語圏の医療サイトでは、具体的な数字とともに次のようなリスクが指摘されています。

睡眠不足が7時間以下の場合

・風邪をひくリスクは3倍になる

睡眠不足が6時間以下の場合

・脳卒中のリスクが4倍になる
・肥満になるリスクが30%増える
・高血圧になるリスクが20%増える

睡眠時間が5時間以下の場合

・食欲が旺盛になり、約329キロカロリーも多く摂取する
・早死にする確率が26%増える


ざっくりまとめると、ちょっとした体調不良から肥満、果ては深刻な病気になるリスクが高まるというわけですが、女性ならこのなかでいちばん気になるのは「食欲が旺盛になる」という記述かもしれませんね。
これは医学的にもきちんと実証されていて、「睡眠不足によって食欲をつかさどるホルモンが乱れてしまう」という、スタンフォード大学の正式な研究結果があります。 上にあげたことのほかにも、「うつになりやすくなる」「人からだまされやすくなる」といったような指摘がありますが、ちょっと衝撃的なのは、運転中の事故リスクの増大について述べたデータ。
「睡眠を普段8時間取っている人が2時間削った場合」では、事故を起こす確率が「アルコールに例えると1000ミリリットル以上のお酒を飲んだのと同程度」になるというのです。 つまり、「睡眠不足で運転をすることは飲酒運転をするのと同じくらい危ない」ということですね。

 世界の睡眠不足事情 :私たち日本人の睡眠時間は世界でもダントツに少ない



さて、日本の睡眠不足事情はどうなっているのでしょうか。OECD(経済協力開発機構)が2009年に発表したデータによると、日本の平均睡眠時間は1日あたり7時間50分。これは調査した18か国のうち、7時間49分だった韓国についでの低さです。いっぽうで、あるウェアラブル端末の会社がウェアラブル製品を使って調査したところ、「日本人の睡眠時間は平均5時間46分だった」という報告もありますから、実際はもっと少ないかもしれません。 この背景には、「夜間の残業や深夜勤務が増えている」といった労働環境の問題から、「インターネットが普及した」「スマートフォンをもつ人が増えた」というような社会的背景までさまざまな要因がありそうです。 睡眠が不足すると、健康だけでなく仕事への集中力やパフォーマンス力にも大きく影響しますから、「日本の睡眠不足による日本の経済損失は3兆円になる」と指摘する専門家もいるほど。 そろそろ睡眠不足について社会全体で考えていかないと、いずれいろんな問題が起こってくるかもしれません。 個人の努力だけではどうしようもない部分もありますが、それでもせめて、日々の睡眠を確保する努力を続けていきたいものですね。

【睡眠】

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

2017/10/19 18:30掲載

あ、カラダが動かない…。「金縛り」はどうして起こる?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 就寝中に、意識があるのに身体を動かせなくなってしまう状態を「金縛り(かなしばり)」と呼びます。 身体が締めつけられるような感覚が...

2017/07/28 18:30掲載

お酒を飲んだらよく眠れない? よく眠れる方法は?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昔から「寝酒」「ナイト・キャップ」などのコトバがあります。 世界中で入眠のためにお酒を飲む風習があるということですね。 近頃では睡眠障害...

2017/07/15 18:30掲載

やすらかな眠りのために、「副交感神経」を詳しく知ろう

執筆:伊坂 八重(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ ストレスフルな現代。 インターネットなどでも、さまざまなリラックス法やストレス発散法が紹介されているのを見かけますね。 このよう...

2017/06/29 18:30掲載

スポンサーリンク

健康と病気

先週よく読まれた記事

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

汗っかき? 多汗症? 区別はどうつける?「多汗症」について

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暑くもないし、とくに緊張もしていない、運動をしたわけでもないのに汗の量が多いと、「汗かき?それとも何かの病気?」と心配になりますよね。 ...

頭皮のニオイ、原因は3つ! 解消法はコチラ

執筆:Mocosuku編集部 監修:岡本良平(医師、東京医科歯科大学名誉教授) 満員電車やエレベーターなど人との距離が近いと、相手のニオイに気づいて、自分クサくないか不安になりませんか? とくにムシム...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

野菜、魚、肉。「干す」となにがどうかわる?

執筆:永吉 峰子(管理栄養士) 最近話題の「干し野菜」。 野菜以外にも干物など干した食材は私たちの身近な食材です。 しかし、干すことで一体どんな変化が起こっているのかはあまり知られていません。 そこで...

顔や目がピクピク、この痙攣(けいれん)はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 痙攣とは、自分の意志とは関係なく、筋肉が急に収縮する発作のことをいいます。 痙攣の原因はさまざまで、疲れなどによる一過性のものもあれば、...

虫刺され、真っ赤になったり腫れたりするのはどうして?

執筆:青井 梨花(助産師・看護師・タッチケアトレーナー) 医療監修:株式会社とらうべ 蚊などの虫に刺されたあと、刺されてすぐはプクッとふくれるものの、数時間もすればしたらすぐおさまる人がいる一方、刺さ...