せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

Mocosuku(もこすく)
  • せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

公開日時

 
執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 
「薬用」という名がつくものに対して、どんなイメージを持っていますか?
 
“治療効果”のようなイメージでしょうか、それとも“身体に無害なもの”というイメージでしょうか。

 
今回はこの「薬用」とつくものの意味を解説していきます。
 

 

医薬品医療機器等法(旧薬事法)分類

 
スキンケア用品は、医薬品医療機器等法によって医薬品・医薬部外品・化粧品に分かれています。それぞれをみていきましょう。

 

医薬品

病気の治療のためのもので、厚生労働省(以下、厚労省)より有効成分の効果が認められている薬品です。
 
病院で処方されるもの以外にも市販の薬屋さんで購入できる大衆薬もあります。「医薬品」と表示されています。
 
 

医薬部外品

効果効能に有効な成分が一定の濃度で配合されたものをいいます。厚労省からの認可を受けるには、エビデンスとなる成分が配合されていなければいけません。
 
ニキビを防ぐ、ヒビ・アカギレを防ぐ、日焼けによるシミ・そばかすを防ぐなど、効果を明記することができます。症状がよくなることを強く訴えるものではないのですが、予防の効果が期待できます。
 
「薬用〇〇」となっていたら、すべて医薬部外品です。そのため、「医薬部外品」と表示されています。
 
 

化粧品

 
医薬品や医薬部外品のように、「有効成分」を記載する必要はなく、効果効能は認可されていないのでパッケージなどに表示することができません。

清潔にする、魅力が増す、健やかに保つなどの目的で使用されるものです。

 
 

薬用石鹸とは

 
薬用石鹸とは上記で説明したとおり、「化粧品」ではなく「医薬部外品」の分類に入ります。薬用石鹸には「肌の殺菌消毒」を目的としたものと、「肌荒れ防止」を目的としたものの2種類があります。

 

殺菌消毒を目的としたもの

「ベンザルコニウム塩」や「トリクロサン」などが殺菌剤として配合されています。しかし、アメリカのFDA(米国食品医薬品局)では、2016年9月にトリクロサンなど19成分の入った石鹸を発売禁止としています。
 
その理由は、トリクロサンなどを含んでいる石鹸の殺菌効果が優れているとはいえず、むしろ免疫系に悪影響を及ぼす可能性がある、というものでした。
 
日本の厚労省でもこれを受けて、これらの成分を含む薬用石鹸に関し、これらの成分を含有しない製品への切り替えに取り組むよう各会社に要請しています。

 
 

「肌荒れ防止」を目的としたもの

消炎剤や保湿剤などが加えられています。
 
感染防止の点からは、薬用石鹸による殺菌効果を期待せず、除菌のための手洗い方法をきちんとする方が効果的と考えられます。
 
「薬用=殺菌消毒」と誤解して、逆に手洗いを簡単に済ませてしまうほうがバイ菌が手についたままとなり、危険なのです。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【生活】新着記事

落としても3秒以内ならセーフ! 食べ物の「3秒ルール」は正しい?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 食べ物を落としても3秒以内に拾えば大丈夫、という「3秒ルール」。 どこかで聞いた覚えはありま...

2018/02/10 18:30掲載

正座をすると、どうして足はしびれるの?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今は生活様式の洋式化が進み、畳の上で過ごす時間は減少しています。 そして、日本伝統の座り方である「正座」をする機会も少なくなっているよ...

2018/01/14 18:30掲載

冬の衣類や毛布など… 洗濯はどれくらいの頻度でするべき?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 冬場の洗濯・・・衣服の生地は厚いし、シーツなどの大物は乾きづらいし、おまけに外干しできない日も多い、とっても悩ましい...

2017/12/10 18:30掲載

『11月22日 = いい夫婦の日』 現代版「いい夫婦」像とは?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ どんな夫婦が「いい夫婦」なのか、それは時代や文化によっても異なるでしょう。 昔なら模範的夫婦とされた「夫唱婦随」(夫が主張して妻...

2017/11/21 18:30掲載

水?お湯? 洗顔、洗濯、料理など、ふさわしいのはどっち?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 洗顔、風呂、洗濯、食器、料理などなど… 日常生活において、「〇〇を洗う」というシーンは頻繁におとずれます。 今回はそ...

2017/11/14 18:30掲載

せっけん、シャンプー、歯磨き。「薬用」はなにが良いの?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「薬用」という名がつくものに対して、どんなイメージを持っていますか? “治療効果”のようなイメージでしょうか、それと...

2017/01/18 18:30掲載