顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

Mocosuku(もこすく)
  • 顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

顔だけじゃない!お尻や背中にできる「ニキビ」はどうして?

公開日時

 
執筆:青井 梨花(助産師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
お尻や背中にニキビができたことはありますか?
 
気になる人は、お肌の露出の少ないこの季節にこそ、予防・対策を始めましょう。
 
薄着の季節に備えるために、まずは原因について詳しくみていきましょう。
 

 

お尻や背中のニキビ、どうしてできるの?

 
毛穴には、皮脂腺と汗腺があります。

 
それぞれ皮脂と汗を分泌していますが、さまざまな原因で皮脂の排泄が滞ると内部に皮脂が溜まり、つまることがあります。
 
もともと毛穴にいる「アクネ菌」という常在菌は、そんな皮脂の溜まった酸素の少ない環境が大好き。アクネ菌が増えるとその部位に炎症を起こし、赤くブツブツとしたニキビや、膿がたまったニキビを引き起こすのです。
 
このようにニキビは皮脂分泌が盛んなところにできやすく、カラダの部位としては顔や胸元がポピュラーですが、実は背中やお尻も皮脂や汗が多く分泌されニキビができやすい場所なのです。
 
では、なぜ毛穴がつまってしまうのでしょうか。

 
 

ニキビの原因となる毛穴がつまる2つの理由

 

その1:皮脂分泌が過剰なため

皮脂分泌が多いと、狭い毛穴から充分に皮脂が排出されません。すると皮脂が毛穴内部に溜まってしまい、トラブルを引き起こす原因となります。
 
皮脂分泌が過剰になる要因として、ストレスがあります。
 
ストレスを強く感じると自律神経に影響し、皮脂の分泌を促すはたらきのアドレナリンが分泌されます。
 
またストレスは男性ホルモンの分泌を促すコルチゾールというステロイドホルモンを分泌させます。男性ホルモンは女性にも分泌されますが、男性ホルモンが多く分泌されることで皮脂分泌が盛んになり、また角質を厚くする作用があるのです。

 
 

その2:角化異常が起きているため

お肌では新しい細胞がつくられるたび、古い角質細胞が垢となってはがれ落ちるといったことが一定の周期でおこなわれています。
 
さまざまな理由でこの周期が乱れると、古い角質細胞がはがれず溜まってしまうため、肌表面が厚く硬くなっていく「角化異常」が起きます。
 
肌表面が厚くなることで毛穴の入口が狭くなり、その部分に皮脂や古い角質がたまることで、毛穴がつまってしまうのです。
 
お尻はとくに座るときに体重を支えていますから、当然肌への刺激もあり、角化異常が起きやすい場所。
 
加えてムレやすい箇所でもあるので、肌の清潔を保ちにくいこともニキビができやすい要因です。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【スキンケア】新着記事

「えーっ、またココに!?」 どうしてニキビは同じ場所にできるの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの人が抱える肌トラブルの一つ… それはニキビ。 とくに鼻や口周りにポツンとできると目立ちますよね。 そして、そんな場所に限っ...

2018/06/29 18:30掲載

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載

生き物ではない、「タコ」と「魚の目」 という皮膚病について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「タコ」と「魚の目(うおのめ)」。 ここでいうこれら、魚のことではありません…皮膚病の俗称です。 通常、タコは手足など身体のあちこちに、...

2018/03/24 18:30掲載

爪のデコボコは何かのサイン? 爪からわかる健康状態

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自分の爪をまじまじと観察したことはありますか? 爪は健康のバロメーターともいわれます。 爪のさまざまな状態が、身体の不調や何らかの病気の...

2018/02/27 18:30掲載

リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥しがちな冬はもちろん、季節に関係なく手放せないリップクリーム。 女性だけでなく、今や男性にも必需品になってきました。 しかし「塗った...

2018/02/22 18:30掲載

想い 想われ…とも言っていられない「ニキビ」について

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ おでこは「想いニキビ」でアナタは片想い中。 あごは「想われニキビ」で誰かがアナタに想いを寄せている。 鼻頭は「両思い」、左ほほは「ふられ...

2018/02/12 18:30掲載