飲料、お風呂、化粧品…カラダに与える「炭酸の効果」

Mocosuku(もこすく)
  • 飲料、お風呂、化粧品…カラダに与える「炭酸の効果」

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

飲料、お風呂、化粧品…カラダに与える「炭酸の効果」

公開日時

 
執筆:桜 イクミ(管理栄養士)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

最近、健康のために「炭酸」を売りにした商品をよく目にしますね。その種類も飲料、化粧品、お風呂用の商品などさまざまです。
 
しかし「炭酸」の身体への効果とは、一体どのようなものなのでしょうか。
 
ご一緒に詳しくみていきましょう。
 

 

いまさらだけど、炭酸とはなに?

 
炭酸は二酸化炭素が水にとけて生じる溶液のことです。炭酸水やソーダ水ともいいます。
 
炭酸水には天然のもの、炭酸ガスと水に圧力をかけて製造する人工的なものがあります。
 
炭酸を使った商品で、とくに多くみかけるのは飲料としての炭酸水、ソーダ水などです。
 
そのほかに最近では、健康や美容のために化粧水やパックなどの化粧品、シャンプーや入浴剤、お風呂の人工炭酸装置などがあります。

 
このようにさまざまな商品に使われている炭酸ですが、いったいどのような効果があるのでしょうか。
 
 

炭酸の身体への効果とは?

 
炭酸は健康、美容、ダイエットなどの目的で使われています。次のような効果が指摘されています。
 

健康・美容効果

 
1.血行促進
ヒトの細胞は酸素が供給されることによって働きが活発になります。そのさい二酸化炭素がカギとなります。
 
二酸化炭素が血管の中に入ると血管が拡張し、流れる血液の量が増えて血行促進につながるからです。こうして酸素が多く供給されると、細胞が活発になり、新陳代謝が良くなります。
 

呼吸によって身体の中に入った酸素は血液中のヘモグロビンと結合することで運ばれ、酸素を必要とする臓器や組織にたどりつくと、酸素を手放します。
 
このとき、ヘモグロビンは二酸化炭素と結合することによって、酸素を手放すのです。
 
もし二酸化炭素がなかったら、酸素が手放されず、供給されにくくなります。二酸化炭素があるおかげで、ヘモグロビンと結合し、酸素を手放し、細胞に届けられるのです。
 
このように血行を促進し肌の隅々まで酸素や栄養を届けることから、炭酸(二酸化炭素)には美肌効果も期待されます。
 
またスポーツの疲労回復においても活用されています。
 
運動後は疲労物質である乳酸がたまります。血行促進効果により疲労物質である乳酸を排泄しやすくします。
 
 
2.整腸作用
炭酸が腸を刺激して、腸が便を運ぶための蠕動(ぜんどう)運動を活発にすることから、便秘の改善にも役立つといわれています。
 
ただし、便秘には腸の蠕動運動が低下する「弛緩性便秘(しかんせいべんぴ)」と、ストレスや自律神経の乱れによる「けいれん性便秘」があります。
 
腸にガスが溜まりやすい方や、けいれん性の便秘の方は、炭酸での便秘解消はおすすめではありません。腸を刺激すると逆に症状が悪化することもあります。
 
 

ダイエット効果

炭酸水を飲むと炭酸によって胃が膨張するため、満腹感に速くつながります。そのため、食べ過ぎを防いでダイエットにつなげることも可能です。
 
ただし、胃が膨らむことで炭酸の効果が発揮されるので、量は多めに摂らないと効果は出ないでしょう。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【美容】新着記事

顔にできる角質の粒「稗粒腫」 痛くもかゆくもないけれど…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 顔や目の周りに白くて小さいツブツブができたことはありませんか? 痛くもかゆくもない場合、それは「稗粒腫(はいりゅうしゅ)」という皮膚症状...

2018/04/07 18:30掲載

オイルにミルク、シュガーやウォーター… ココナッツ食品どう使う?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「スーパーフード」「完璧な食品」「天然のスポーツドリンク」… いずれもココナッツ食品につけら...

2018/03/28 18:30掲載

天然だから安心? 天然の染毛料「ヘナ」について。

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 天然のカラーリング剤としてファンが多い「ヘナ」。 施術メニューとして取り扱う美容室も増えましたね。 また、欧米のナチュラル志向の人たちに...

2018/03/17 18:30掲載

ポイントは冷風? 美髪をキープするドライヤー使いをご紹介

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 日々のヘアケアに欠かせないドライヤー。 温風で髪を乾かすのは当然のことながら、冷風機能はいかがでしょう… 活用していますか? ドライヤー...

2018/03/04 18:30掲載

どう違う? 整体、カイロプラクティック、マッサージ、鍼灸

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然ですが、「代替医療」という言葉をご存知でしょうか? 「西洋医学に代わる医療」という意味で、西洋由来のカイロプラクティックやホメオパシ...

2018/02/24 18:30掲載

リップを塗っても、カッサカサ… もしかしてケアを間違っている?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 乾燥しがちな冬はもちろん、季節に関係なく手放せないリップクリーム。 女性だけでなく、今や男性にも必需品になってきました。 しかし「塗った...

2018/02/22 18:30掲載