「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

Mocosuku(もこすく)
  • 「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「猫背」はこんなに悪い! 予防・改善法をご紹介

公開日時

 
執筆:森 ジュンヤ(理学療法士)
 
 

姿勢の悪さを代表する「猫背」。
 
姿勢ひとつで相手に与える印象は違うもの。できる限り「猫背な自分」にはなりたくはないですよね。
 
しかし、猫背はカラダにどのような影響を与えるのでしょうか。単に見た目が悪いだけなのでしょうか。
 
今回は、意外と知らない猫背について、自分でできる「猫背の予防・改善法」とあわせて紹介したいと思います。
 

 

意識しないと誰だって猫背になりやすい

 
例えば雑誌などで、姿勢がきれいなモデルさんを見れば誰だって憧れるものです。
 
ただ姿勢を矯正するのは容易ではありません。
 
「気がつくと猫背になっている…」多くの人が似たような経験をしているのではないでしょうか。
 
“気がつくと”猫背になる。
 
そう、猫背はとってもラクな姿勢なのです。
 
じつは良い姿勢をキープするためには、お腹や背中の筋肉を働かせて腹圧を維持しなければなりません。

 

ですが、猫背になるとお腹が圧迫される分だけ自然に腹圧が高まるので「筋肉の活動がなくても」立つ・座るという姿勢をある程度保つことができます。
 
姿勢を良くしようと思うとちょっと疲れますよね。
 
これはお腹や背中の筋肉が活動している証拠。人間は気を抜くとついついラクをしたくなるもので、これが猫背を生み出しているというわけです。
 
 

猫背ってカラダに悪いの?

 
猫背を治したいという人の多くは外見的な問題が大きいといわれます。
 
背中が丸くなったり、アゴが突き出ていたり、下腹がぽっこり前に出るといった姿勢は見た目としても好ましくありません。さらに実年齢よりも老けた印象を与えてしまうこともあります。
 
しかし、それだけではありません。
 
猫背は、筋肉、靭帯、脳、内臓、呼吸といったことにも影響します。姿勢不良は習慣になっているので、活動性が低い筋肉は弱くなり、また骨の位置を正常に保つ靭帯も緩んでしまいます。

 
これらが原因となり骨格が歪んでしまうので、脳の血流も減り頭痛や肩こりなど問題をおこすリスクが高くなるといわれています。
 
また呼吸にも影響が出ます。
 
猫背によって肺が圧迫されて十分な酸素を取り込めないので、息切れしやすくなったり、体力が落ちるといったことにもつながります。
 
このほかにも食道や胃が押しつぶされているので食欲が落ちたり、消化のはたらきが低下するといったこともあります。
 
悪い姿勢は「万病の元」となりえるものなのです。
 
それでは具体的な予防ポイントについて見ていきましょう。
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康と病気】新着記事

早期発見が難しい「すい臓がん」 見逃さないポイントは?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「沈黙の臓器」とも呼ばれる「すい臓」。 そんなすい臓にできるがんは、主ながんの中でも特に生存率が低く、恐ろしいがんとして知られて...

2018/07/17 18:30掲載

暑い夏を乗り越えるために「夏冷え」対策をしよう!

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ これから夏本番、外は猛暑ですがエアコンの効いた室内で過ごす機会も多く、気がつくと手足がいつも冷えている…ということはありませんか...

2018/07/13 18:30掲載

暗いと見えにくい? そう感じたら「網膜色素変性症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 目に入った光は眼底にある「網膜」で焦点を結び、情報が脳へ送られて視覚が成り立ちます。 カメラでいえばフィルムや画像センサーに該当する網膜...

2018/07/08 18:30掲載

脂肪なのに活性化すれば痩せ体質に? 魅惑の「ベージュ脂肪細胞」とは

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「脂肪を燃焼させる」といった類のキャッチフレーズをよく見かけませんか? 美容と健康に敏感な方はグッと惹きつけられるかもしれません...

2018/07/06 18:30掲載

スポーツ選手によく聞く「イップス」はどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ イップス(yips)はもともとゴルフ用語から派生しています。 ゴルフのパットなどで精神を集中しなければならない時に、緊張から震えが起こる...

2018/07/03 18:30掲載

「えーっ、またココに!?」 どうしてニキビは同じ場所にできるの?

執筆:井上 愛子(保健師・助産師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 多くの人が抱える肌トラブルの一つ… それはニキビ。 とくに鼻や口周りにポツンとできると目立ちますよね。 そして、そんな場所に限っ...

2018/06/29 18:30掲載