たくさん泣くと、スッキリするのはどうして?

Mocosuku(もこすく)
  • たくさん泣くと、スッキリするのはどうして?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

たくさん泣くと、スッキリするのはどうして?

公開日時

 

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ

 
 

ドイツ眼科学会の発表によると、女性は1年間に平均30~60回泣くのに対して、男性は平均6~17回だそうです。
 
このように「女性の方が男性よりも泣く」というのは一般的な認識でしょうが、それだけに、泣くと気持ちがスッキリするのは、女性なら実感としてわかるのではないでしょうか。

 
感情の表出行動としての「泣く」こと。
 
それは、カラダやココロにどのような影響を及ぼすのでしょうか。
 
ご一緒に見ていきましょう。
 

 

泣くことの心理:感情表出

 
うれしい、安心した、感動した、悲しい、怒っている、悔しい、苦しい、つらい、痛いなどの時、涙を流したり声をあげたりする行為が「泣く」という経験です。
 
泣くことによって、さまざまな喜怒哀楽の感情や体調が、いわば内から外へ向かって表現されます。
 
反対に、泣くことをこらえて我慢をするのは、感情や自分の状態の表出を抑制していることになります。
 
辞書をみると、「泣く」の項目には「無理や損を知りつつ承知する、権利をあきらめたり、仕方なく身を引いたりする」という意味もあって、「ここはひとつ君に泣いてもらおう」といった用例が示されています。

 
この場合むしろ、感情や欲求の表出を押しとどめて「心で泣く」といった感情抑制が要請されているともいえます。
 
しかし、かつては美学でもあったこうした行動様式は現代では問題視されています。
 
たとえば、ストレスによる身体疾患を専門とする「心身症」の分野では、「失感情症」といって、強く感情を抑制し、自分の感情にさえ気がつかなくなってしまう性格傾向が、ストレス性疾患の発症要因の一つという考えもあるくらいです。
 
泣かないことも、嵩じる(きょうじる)と病気になってしまう場合もあるということです。
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【目】新着記事

眼科の代表的な病気「白内障」と「緑内障」 白と緑でなにが違う?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ さまざまな眼の病気のなかでも、「白内障」と「緑内障」の患者数は、近年増加傾向と言われています。 名前が似ているため、同じような病気と誤解...

2018/12/07 18:30掲載

浦島太郎もこの病気だった!? 東洋人に多い「原田病」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 心優しい若者が亀を助けたお礼に竜宮城へ行き、お土産にもらった玉手箱を開けると白髪の老人になってしまうという日本の昔話。 ご存知、『浦島太...

2018/11/27 18:30掲載

小さな虫が飛んでいるように見える… 「飛蚊症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 何かを見ているとき、黒い点や虫のようなもの、あるいは薄い雲のようなものが動くように感じることはありませんか。 「視野にごみや虫のようなも...

2018/11/02 18:30掲載

メガネ合ってる? 「合わないメガネ」がもたらす身体の不調

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ メガネをかけているあなた。購入するときは、直接眼鏡屋さんに行っていますか? それとも、事前に眼科で検診を受け、医師の処方のもと眼鏡屋さん...

2018/10/07 18:30掲載

暗いと見えにくい? そう感じたら「網膜色素変性症」の可能性も

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 目に入った光は眼底にある「網膜」で焦点を結び、情報が脳へ送られて視覚が成り立ちます。 カメラでいえばフィルムや画像センサーに該当する網膜...

2018/07/08 18:30掲載

夜になると視力が落ちる… 鳥目(とりめ)の原因はなに?

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 暗い場所や夜になると急激に視力が落ちて見えにくくなる病気を「夜盲症(やもうしょう)」といいます。 俗にいう「鳥目」です。 聞いたことがあ...

2018/04/01 18:30掲載