お風呂で疲れをとるために一番良い温度はコレ

Mocosuku(もこすく)
  • お風呂で疲れをとるために一番良い温度はコレ

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

お風呂で疲れをとるために一番良い温度はコレ

公開日時
更新日時

 
執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「入浴には疲労回復効果がある」ことをご存知の方は多いと思います。
 
疲労を回復する上でポイントとなるのがお湯の温度。
 
そこで今回は、疲労回復の観点からベストなお湯の温度について解説していきます。
 

 

入浴で疲れがとれるのはなぜ?:3つの入浴効果

 
入浴には「温熱作用」「水圧作用(静水圧)」「浮力作用」という3つの作用があります。
 
これらはどれも疲労回復に関係している作用です。それぞれどのようなことなのか、見ていきましょう。
 

温熱作用

 
温かいお湯に浸かると血管が拡張し、全身の血流がよくなります。これを温熱作用といいます。
 
血流がよくなると、血管にたまった疲労物質や老廃物の排出が促されるため、温熱作用には疲労回復効果があるといわれます。
 
また、血流がよくなると、疲労によってダメージを受けた細胞を修復するホルモンが全身に届きやすくなります。
 
 

水圧(静水圧)作用

 
お風呂に入って湯につかると、全身の表面から身体の内側に向かって水圧がかかることになります。
 
適度な水圧はマッサージのような役割を果たし、血液の循環をよくして、疲れをとる効果が期待できます。
 
 

浮力作用

 
お湯に浸かっている部分には浮力が働きます。すると、ふだん使っている筋肉の緊張が軽減され、身体を休めることができます。
 
このように、入浴が持つ3つの作用はいずれも疲労回復の効果が期待できるものです。
 
ただし温度設定を間違ってしまうと、期待するほど効果が得られなかったり、身体に負担になることもあります。
 
そこで次に、お湯の温度と疲労回復の関係についてご説明しましょう。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【家族と暮らし】新着記事

喧嘩をしたとき…どうして女性は過去の出来事を連鎖的に思い出すのか?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 男女がけんかをすると、女性は「いきなりキレる」「過去のことを何度も蒸し返す」など、男性を悩ませるといわれます。 このことは「男性脳」「女...

2019/03/19 18:30掲載

「里親」や「養子縁組」 その違い、知っていますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 虐待や親の病気、経済的理由などで親と一緒に暮らせない子どもは、約4万5000人いるといわれています(厚生労働省資料)。 今後の見...

2019/03/15 18:30掲載

10人に1人とも言われる「産後うつ」は、予備知識も大事

執筆:座波 朝香(助産師・保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 産後のメンタルヘルス不調、いわゆる「産後うつ」は、今や10人に1人は経験するとも言われています。 出産という大仕事を果たした後に...

2019/03/13 18:30掲載

冬は冬野菜を食べよう! 栄養と効能、栄養士おすすめレシピ

執筆:磯野 梨江(管理栄養士) 医療監修:株式会社とらうべ 寒いうえ乾燥にも悩まされるこの時季、皆さんはどのような点に気をつけて健康管理をされていますか。 冬野菜には、免疫力向上やお肌や粘膜の保護、そ...

2019/02/19 18:30掲載

種類豊富で便利な冷凍食品… 栄養価は手作りと変わらない?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 野菜などの食材からお弁当のお惣菜、ご飯に麺類、パンやスイーツなどなど。昨今の冷凍食品は実にバ...

2019/02/15 18:30掲載

災害時のクッキングテクニック~非常時こそ食べなれた味を

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 日本では「今までにないこと」と言われる程の自然災害が多発しています。 当たり前だった日常生活...

2019/02/01 18:30掲載