起きたい時間に、自力で目覚めることはできる?

Mocosuku(もこすく)
  • 起きたい時間に、自力で目覚めることはできる?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

起きたい時間に、自力で目覚めることはできる?

公開日時

 
執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
「明日は何時に起きよう!」と心に決めると、目覚まし時計をセットしなくてもその時間に目が覚める…
 
そんなことが本当にできたらなんて素敵(楽チン?)でしょう。
 
通勤通学の遅刻の心配も、なかなか起きない子どもをたたき起こす苦労もなくなるでしょう。
 
「起きたい時間に自力で目覚める」、この夢のようなテクニックは身につけられるのでしょうか。
 
早速探っていきましょう。
 

 

「自己覚醒」に関する研究の変遷

 
睡眠から目覚める方法には、目覚まし時計を使う、人に起こしてもらうといった「強制覚醒」と、外的刺激なしに覚醒する「自発的覚醒」があります。
 
さらに「自発的覚醒」には、起きる時間を決めないで不特定の時間に起きる「自然覚醒」と、特定の時間に自発的に起きる「自己覚醒」があります。
 
「明日は7時に起きよう!」と決めて眠りその時間に起きるのが自己覚醒です。
 
1999年に報告された研究によると、起きる時間の目標を定めて眠ると、目標時間の1時間前から副腎皮質刺激ホルモンの分泌が急激に促進されるとのこと。
 
また、自己覚醒の正確さや成功率に関する研究(1979年)では、実験的研究ではあるものの約6割が予定時間の±30分以内に目覚め、かなり正確に覚醒できたと報告されました。
 
一方で、自己覚醒が習慣化していない人にとっては心理的ストレスが加わった、との指摘もなされています。
 
具体的には、入眠潜時の延長(なかなか眠りにつけない)、中途覚醒、眠りが浅い…などです。
 
ゆえに、自己覚醒は「注意睡眠」で好ましくない目覚め方であるとみなされていた時期もありました。
 
しかし後年、自己覚醒を習慣化している人にはこのような心理的ストレスや睡眠への悪影響がないこと、むしろ次のような利点があることなども報告されています。
 

起きたとき一時的に脳が低覚醒状態になる「睡眠惰性」の予防に有効であること

日中の眠気防止に有効であること

習慣的に自己覚醒している人は日中の居眠りが少ない

 など

 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【健康(その他)】新着記事

不足しがちなミネラル「亜鉛」 慢性的に足りていないと…

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 亜鉛は体内では生成できない必須ミネラルのひとつ。 ですから、体の外から取り入れることが必要です。 日本人に推奨される一日の亜鉛摂取量は、...

2018/04/06 18:30掲載

ごく身近にある健康チェック… それはあの時の「色」と「におい」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 私たちの身体から排出される、汗、便、体液などは、健康状態を反映する「バロメーター」です。 なにしろ自分の身体から排出されるのですから、こ...

2018/04/05 18:30掲載

野菜高騰をきっかけに…「乾物」を取り入れてみませんか?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 天候不順から、この冬はとくに白菜・キャベツ・レタスといった葉物野菜の値段が高騰しました。 ど...

2018/04/03 18:30掲載

毎日の食事選びに役立つ「三大栄養素の黄金バランス」とは

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 体内でエネルギーを産生する栄養素は、たんぱく質、脂質、炭水化物で、これらを三大栄養素と呼びま...

2018/03/31 18:30掲載

オイルにミルク、シュガーやウォーター… ココナッツ食品どう使う?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 「スーパーフード」「完璧な食品」「天然のスポーツドリンク」… いずれもココナッツ食品につけら...

2018/03/28 18:30掲載

気になる食材「大豆ミート」とはどんなもの? カラダにいいの?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 大豆を原料とした大豆加工食品「大豆ミート」。 低カロリー、低脂質、高たんぱくに加え、食物繊維...

2018/03/23 18:30掲載