見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

公開日時

 
執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師)
医療監修:株式会社とらうべ
 
 
今年の夏は猛暑と熱帯夜が続き、メディアには「危険な暑さ」という表現が頻繁に登場しました。
 
熱中症の危険性はよく知られるところですが、最近にわかにクローズアップされているのが「夏血栓」です。
 
まだまだ暑い日がつづくと言われています。
 
熱中症より怖い、とも喧伝される「夏血栓」はどのような症状なのでしょうか?
 

 

初期症状は熱中症に似ている「夏血栓」

 
熱中症とは「体温が上がり、体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、体温の調節機能が働かくなったりして、体温の上昇やめまい、けいれん、頭痛などのさまざまな症状を起こす病気」(※)と定義されています。
 
これまで「暑い環境で生じる健康障害の総称」とも言われてきました。
 
軽度であれば皮膚血管の拡張で血圧が低下し、脳への血流が悪くなる「熱失神」、中度では大量の発汗により血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下し、筋肉痛やけいれんを起こす「熱けいれん」になります。
 
さらに重症化すると、大量の発汗から脱水状態となり、全身の倦怠感、頭痛、おう吐、集中力や判断力の低下を引き起こす「熱疲労」や、体温上昇のために中枢機能に異常をきたす重症の「熱射病」へと症状が悪化していきます。
 
「夏血栓」の初期症状は、この熱中症に似ています。
 
熱中症の症状は体温調節が利かなくなることに起因しますが、夏血栓の場合は血液がドロドロ状態になることで起こります。
 
血栓とは血液の塊を指すのですが、猛暑の影響で血栓ができ、当初はめまいや倦怠感、ふらつき、動悸、息切れといった症状に見舞われます。
 
夏血栓は、暑さによる脱水状態から血液中の水分が減り赤血球などが詰まりやすくなる、また、皮膚血管の拡張により血圧が低下して血流が悪くなる、などに起因すると指摘されています。
 
※全日本病院協会『熱中症について』(https://www.ajha.or.jp/guide/23.html#p1)
 
 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【心臓】新着記事

見逃すと危険! 夏の突然死「夏血栓」とは?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 今年の夏は猛暑と熱帯夜が続き、メディアには「危険な暑さ」という表現が頻繁に登場しました。 熱中症の危険性はよく知られるところですが、最近...

2018/09/04 18:30掲載

1月20日は「血栓予防の日」 血栓とは?病気との関係を知ろう

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 20という数字の「つ・まる」の語呂合わせ、また、二十四節気のうち1年中で最も寒くなる「大寒(だいかん)」がこの頃にあたり(※2018年の...

2018/01/19 18:30掲載

病気の原因は失恋!? 「ブロークンハート症候群」とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「失恋しちゃって、胸が苦しい…」 こうした言い回しは、一般的にはつらい気持ちを表すための比喩的表現として用いられます。 ところが、失恋な...

2017/12/01 18:30掲載

8月10日は「健康ハートの日」 心臓に優しくしていますか?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 8月10日は「健康ハートの日」。 ご存じでしたでしょうか? 1985年、日本心臓財団と厚生省(現:厚生労働省)が、こ...

2017/08/09 18:30掲載

「突然死」はいきなりやってくる… 原因や予防法は?

執筆:井上 愛子(保健師・看護師) これまで普通に働いていた人が突然亡くなった… ある日、何の前触れもなく訪れる突然死。そこにはどのような原因があるのでしょうか。 「健康そうに見えたのに…」 そんな人...

2016/11/12 18:30掲載

「長時間労働」と「心臓病」には深い関係があった?

執筆:斉藤雅幸(Mocosuku編集部) 監修:樋口二三男(医学博士、とらうべ顧問産業医) 「今日も残業だ…」 そんなあなたには、長時間労働による健康面への影響が心配されます。 一般的には時間外労働が...

2016/04/11 21:00掲載