非正規で働く人は知っておきたい!  中年フリーターの健康リスクとお金の使い方

Mocosuku(もこすく)
  • 非正規で働く人は知っておきたい!  中年フリーターの健康リスクとお金の使い方

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

非正規で働く人は知っておきたい!  中年フリーターの健康リスクとお金の使い方

公開日時
更新日時

 

今回は、 中年フリーターの健康リスク とお金の使い方について考えていきます。

ここ数年は景気が比較的安定し採用環境も改善していますが、1990年代後半からの「就職氷河期」に直撃された世代を含む35歳以上の「中年フリーター」については増加に歯止めがかかっていません※。

いったんフリーターになると、そこから脱け出すのは大変です。特に若いときにフリーターになり、フリーター生活が長くなると、いっそう正社員になるのは難しくなります。病気などで働けなくなると、正社員と異なり、一般に所得補償(傷病手当金など)もなく、貯蓄も少ないので、生活が困窮します。ここでは、不安定な労働環境に置かれた中高年の方々が、病気にともなうリスクをできるだけ回避し、元気に働くにはどうしたらよいのかを考えてみましょう。
※<中年フリーター>氷河期の非正社員ら、歯止めかからず273万人に
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150804-00000000-maiall-soci

 

 中年フリーターの健康リスクとお金の使い方 :経済状況

 

一般にフリーターの多くを占めるアルバイトの仕事は単純作業が多いので正社員に比べて賃金はかなり低い水準です。厚生労働省「賃金構造基本調査報告」(平成26年)によると、正社員の平均賃金(月額)は35歳~39歳は約30.8万円、40歳~44歳は約34.2万円、45歳~49歳は約37.9万円、50歳~54歳は約39.9万円などとなっています。

 

一方、正社員・正職員以外の平均賃金(男女)は、35歳~39歳は約20.3万円、40歳~44歳は約20.1万円、45歳~49歳は約19.9万円、50歳~54歳は19.7万円などとなっています。中年フリーターの平均賃金は年齢にかかわらず、20万円程度です。特に、50歳~54歳の賃金格差が大きく、男性の正社員・正職員の平均賃金が約43.6万円(女性は約29.2万円)に対し、正社員・正社員以外は約23.1万円(女性は約17.7万円)となっています。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【職場】新着記事

行き過ぎた団結力? 「ピア・プレッシャー(同調圧力)」を回避する方法

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「ピア・プレッシャー」という言葉をご存知ですか? ピア(peer)とは同僚や仲間のこと、プレッシャーは文字通りのプレッシャーです...

2018/01/15 18:30掲載

首だけど猫背? PC・スマホ利用者は注意したい「首猫背(ストレートネック)」

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「猫背」と聞くと、ふつうは丸まった背中を思い浮かべるのではないでしょうか。 猫背というのは、もともとS字状にカーブしている背骨の歪みが強...

2017/12/03 18:30掲載

仕事中、猛烈な睡魔に襲われて… 眠気を覚ます方法ある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 自堕落をしているわけでもない、夜更かしもしないでしっかり寝たはず… それなのに、仕事中に襲ってくる睡魔。 そんな経験、誰しもお持ちではな...

2017/11/24 18:30掲載

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

2017/07/10 18:30掲載

朝活も残業も、成功のカギは「朝型」か「夜型」か?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 出勤前や休日の早朝に、読書、スポーツ、趣味などさまざまな活動を行う「朝活」。 「就活」や「婚活」にならって4~5年前からブームとなり一部では定着していますね...

2016/12/04 12:00掲載

あなたもアブナイ? これだけあるデスクワークの危険性

執筆:井上 愛子(保健師) 仕事中ずっと座りっぱなしで長時間パソコン作業をしている人も多いことでしょう。 デスクワークをしていると、いつのまにか姿勢が悪くなっていることはありませんか? 実は姿勢が悪い...

2016/11/06 18:30掲載