肥満とストレスの面白い関係とは?

Mocosuku(もこすく)
  • 肥満とストレスの面白い関係とは?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

肥満とストレスの面白い関係とは?

公開日時
更新日時

 
執筆・監修:山本 恵一(メンタルヘルスライター)
 
 
肥満とストレス は密接に関係しています。
何かとストレスフルな現代生活。ハードな仕事、複雑な人間関係、溢れる情報、異常気象など、ストレスの種は尽きません。こうしたストレスの原因となるものを「ストレッサー」と呼び、それに対して心身に起きるさまざまな反応を「ストレス反応」と言います。
 
このストレス反応のなかには「太る」ことも含まれています。よく言われる「ストレス太り」や「ストレス痩せ」もそのひとつです。
それではストレスによって太るメカニズムを見ていきましょう!あなたは大丈夫ですか?
 
 

ストレスで「太る」4つのメカニズム

 
生理学的にみて、ストレスによって太る原因は次の4つが挙げられます。
 
 

1:過食によるもの

たまったストレスを解消するにはさまざまな方法があり、これらを総称して「ストレス・コーピング」と言います。ストレス・コーピングのなかでも比較的手ごろでよく行われているのが、飲んだり食べたりすることによるストレス発散です。
 
とくに脳に負荷がかかることによって、必要な栄養素を欲し、結果、糖分や脂肪、必須アミノ酸などを摂るよう要求するので、甘いものや肉類を過食するケースも出てきます。
 
当たり前ですが、ストレス発散に食べれば太りますし、逆に、食べられなくなれば痩せます。
 
 

2:自律神経の影響

ストレスフルな状況が続くと自律神経のバランスが崩れます。このため、脂肪の分解や燃焼、代謝に深く関係している交感神経の働きが低下して、体内での脂肪の代謝がスムーズに行われなくなり、太ってしまいます。
 
 

3:ストレスホルモンの影響

脳はストレスを感じると、コルチゾールというホルモンを分泌します。コルチゾールは脂肪を蓄積させやすいのが特徴です。
 
また、食欲抑制ホルモンのレプチンを減少させ、食欲を増進させ、過食に走らせてしまいます。
 
 

4:活性酸素の影響

ストレスによって発生する活性酸素が、細胞でエネルギーを作り出すミトコンドリアを傷つけます。このため、エネルギーの消費(代謝効率)が悪くなり、脂肪が燃焼されず太ってしまいます。
 
 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【メンタルヘルス】新着記事

「独り言」はヘンじゃない!? セルフ・コントロールに有効?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「独り言」とは、相手がいないのに何かをしゃべっている、ブツブツとコトバを呟いていること。 周囲からは「変な人」と見られるかもしれ...

2018/08/14 18:30掲載

スポーツ選手によく聞く「イップス」はどういう病気?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ イップス(yips)はもともとゴルフ用語から派生しています。 ゴルフのパットなどで精神を集中しなければならない時に、緊張から震えが起こる...

2018/07/03 18:30掲載

人前で字を書くと異常に震える… 「書痙」は“書く”ことへの恐怖症

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 「書痙(しょけい)」という疾患をご存知でしょうか。 聞きなれない名前ですが、症状を知ると誰しも似たような経験をお持ちかもしれません。 文...

2018/06/12 18:30掲載

理由はないけど、なんとなく憂うつ… この気分はどう晴らす?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「憂うつ」は、気持ちが落ち込んで晴れ晴れとしない状態を表わします。 「メランコリー」とか「ブルー」などと表現する人もいますね。 ...

2018/06/03 18:30掲載

大人の人見知り…。なおす方法はありますか?

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 「人見知り」は、もともと赤ちゃんの成長に欠かせない葛藤を意味する用語です。 しかし近年、「大人の人見知り」が増えていると言われ、...

2018/04/15 18:30掲載

自分の皮膚をむしり取る? ココロの病気「皮膚むしり症」

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ カサブタが気になって剥がしてしまう… 吹き出物ができて、つい潰してしまった… このような行為に至るのことはどなたも経験をお持ちで...

2018/04/12 18:30掲載