~ うどんの健康的な食べ方 ~気になる塩分、咀嚼 太らない?

Mocosuku(もこすく)
  • ~ うどんの健康的な食べ方 ~気になる塩分、咀嚼 太らない?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

~ うどんの健康的な食べ方 ~気になる塩分、咀嚼 太らない?

公開日時
更新日時

ここでは うどんの健康的な食べ方 についてご紹介します。
うどんは、早い、安い、美味しい、食べやすいと、その人気は給食からビジネスマンのランチまで、老若男女問わず人気があります。
また、病み上がりに食べるメニューとして、消化の良さもよく知られています。今回はそんな、うどんの健康的な食べ方をご紹介します。食卓を担う奥さまもビジネスマンも必見です!

 

うどんの健康的な食べ方 ・・・うどんの栄養価の特徴

エネルギー源になりやすい
ご飯と同様に、素早くエネルギー源になる糖質が主成分のうどん。食物繊維が多く含まれる蕎麦や油が含まれるそうめんや中華麺、卵が含まれるパスタといったほかの麺類と比べても、消化が良く、エネルギー源となりやすいのが特徴です。集中力を高めたい時、運動前、病気の時などに最適です。
糖質に偏りやすい
うどん自体が糖質メインであること、おにぎりやいなり、かやくごはん、丼、天ぷらなどが合わせられることなど、その食べ方の傾向としては糖質に偏りやすいのは要注意です。
うどん県と宣言された香川県は、2011年「県民健康・栄養調査」によると、成人男性の40.5%が糖尿病の有病者またはその予備群とわかりました。全国ワースト2位、2008年はワースト1位なのです。糖尿病人口が多い原因のひとつとして、「うどん」が指摘されています。統計によると、香川県のうどん消費量は全国平均の2倍以上。主食ではなく食事のうちの一品として、また、軽食として食べられることも少なくないそうです。

同時に野菜摂取量は、2006~2010年「国民健康・栄養調査」で、男性全国ワースト2位(266g)、女性全国ワースト1位(229g)となっています。うどんは全国的に食べられていることからも、うどん自体が悪いのではなく、食べ方も大きく影響していると言えます。
塩分が多い
成人1日の塩分摂取量の目標は、男性は8g、女性は7gです。うどんは汁を含めて、シンプルなかけうどんだと平均で5g。これに、天ぷらやおにぎり、かやくごはんなど一緒に摂ると2g程追加されます。これだけで1日の目標量に達してしまうのです!
噛むことが減る
噛むことは、代謝を上げてダイエット・消化吸収促進・脳の活性化など、健康な身体を作るのにとても重要です。うどんはのど越しを楽しむものとして、噛まずに飲むことが「粋」であるといわれることも……。
そうでなくても、麺類は自然と噛む回数が減りやすい食べ物です。

 

<つづきを読む>

1 / 2 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

魚介類につく寄生虫「アニサキス」が食中毒の原因に! 対処法は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ここ最近、寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増しているといいます。 保健所への届...

2018/05/29 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

注目の栄養素「ファイトケミカル」 秘密は植物のパワーにあり!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ イソフラボン、アントシアニン、カテキン、カプサイシン、セサミン、リコピン…などなど。 これら...

2018/05/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載

「プラズマ乳酸菌」ってふつうの乳酸菌とどこが違うの?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 感染症などから身を守る「免疫」。その力を高めるには腸内環境を良好に保つことが重要です。 発酵...

2018/05/08 18:30掲載