「 担々麺 」はカラダにいいの?悪いの?栄養士が分析

Mocosuku(もこすく)
  • 「 担々麺 」はカラダにいいの?悪いの?栄養士が分析

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

「 担々麺 」はカラダにいいの?悪いの?栄養士が分析

公開日時
更新日時

青森県十和田市で3日から開催されていたご当地グルメで全国の魅力を発信するイベント「第10回B-1グランプリ」の結果が発表されました。3位は「津ぎょうざ小学校」(三重県津市)、2位は「対馬とんちゃん部隊」(長崎県対馬市)、そして堂々の1位に輝いたのは「熱血!!勝浦タンタンメン船団」(千葉県勝浦市)でした。

 
醤油ベースのスープにラー油をたっぷりと使用し、辛口に仕上げた勝浦タンタンメン。玉ねぎの甘さと 担々麺 の辛さ、ひき肉のうまみが絡み合い、やみつきになる味だと好評です。 担々麺 にはどのような栄養素が含まれているのでしょうか?

高カロリーだけど身体にいい?「 担々麺 」は美容に効果的

「 担々麺 」と聞くと、脂肪分が高くカロリーが気になってしまう人も多いでしょう。実際に1人前あたりの 担々麺 のカロリーは平均950~1000kcalほど。成人の1日における摂取カロリーの目安の平均が1,800~2,200kcalということから考えても、やはり高カロリーメニューと言わざるを得ません。
とはいえ、栄養学的にみれば 担々麺 に含まれている食材には、タンパク質や脂質、糖質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素がたっぷり含まれています。
一般に、 担々麺 は花椒(かしょう)や生姜、ニンニク、ネギなどを油で煮込み、そこに唐辛子を加えて豚肉や鶏肉のそぼろと、ザーサイやゴマを乗せてできています。具体的に 担々麺 のどんなところが健康にいいのかを見ていきましょう。

 

花椒(かしょう)

花椒には精神安定や消炎鎮痛効果があります。また、消化を助ける働きを持っているため、健康にもいいです。

 

生姜

生姜には血流を促進し、冷え性を改善する効果があると言われています。寒い季節に身体をあたためる食べ物としても効果的です。

 

ニンニク

ニンニクは滋養強壮に優れ、免疫力をアップさせます。疲労回復効果もあるため、疲れているときに摂取すると元気が出る食材としても名高いです。

 

唐辛子

唐辛子には「カプサイシン」という辛味成分が含まれており、摂取すると脳や脊髄などの中枢神経を刺激して、アドレナリンの分泌を引き起こします。アドレナリンには脂肪燃焼を促す作用があるため、熱エネルギーを作り出し、発汗が促進されるのです。

 

ゴマ

ゴマには「セサミん」という抗酸化物質が含まれており、血中のコレステロールを減らします。また蓄積されたメラニンを排出するビタミンEや、便秘改善にやくだつ食物繊維などの栄養もたっぷり含まれています。

 

陳皮(ちんぴ)

陳皮は、みかんの皮を乾燥させてできたものです。これには血流を改善する効果があり、冷えや胃腸炎、腹痛などの症状を改善する働きを持っています。
このような栄養素がぎゅっとつまり、スープとして絶妙な美味しさを引き立てています。
カロリーが高いとはいえ、担々麺の美味しさを引き立てるスープや具材には身体にいい香辛料が沢山含まれていることがわかりました。涼しくなるこの季節にこそ担々麺を食べ、秋冬を乗り切りたいですね。

 
監修:山本ともよ(管理栄養士)

<つづきを読む>

  • 1

1 / 1 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【食事】新着記事

増え続ける「子どものメタボ」 メタボな大人へを防ぐために。

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 1948年から増加傾向にあった子どもの「体重平均値」はこの数年、横ばい状態になっています。 また、肥満傾向児の出現率も2003年からは減...

2018/06/19 18:30掲載

風が吹いただけでも痛い「痛風」 今から予防できること

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 突然足の親指の付け根などの関節が赤く腫れ、激しい痛みに襲われるのが「痛風」の特徴です。 これは発作的に起こる症状で「痛風発作」ともいいま...

2018/06/01 18:30掲載

魚介類につく寄生虫「アニサキス」が食中毒の原因に! 対処法は?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ ここ最近、寄生虫「アニサキス」による食中毒の報告件数が急増しているといいます。 保健所への届...

2018/05/29 18:30掲載

今から予防できる! 高齢者の体力低下「フレイル」とは

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人類未踏の超高齢社会を迎え、できるだけ介護や医療などの世話にならず「健康で快適な生活」を保つことは重要な課題です。 その指標として注目さ...

2018/05/20 18:30掲載

注目の栄養素「ファイトケミカル」 秘密は植物のパワーにあり!?

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ イソフラボン、アントシアニン、カテキン、カプサイシン、セサミン、リコピン…などなど。 これら...

2018/05/18 18:30掲載

「腹八分目に医者いらず」 健康は毎日の食事から!

執筆:山本 ともよ(管理栄養士・サプリメントアドバイザー・食生活アドバイザー) 医療監修:株式会社とらうべ 暴飲暴食を諫める(いさ・める)ことわざ「腹八分目に医者いらず」。 お腹いっぱい食べないで腹八...

2018/05/15 18:30掲載