市街地でも起こり得る「凍死」。防ぐ方法は?

Mocosuku(もこすく)
  • 市街地でも起こり得る「凍死」。防ぐ方法は?

  • Mocosuku(もこすく)
医療資格者や専門家だけの記事を配信

市街地でも起こり得る「凍死」。防ぐ方法は?

公開日時
更新日時

「凍死」というと、その字面から寒さで身体が凍ってしまうようなイメージを持つ人も多いでしょう。実際には、寒冷からくる低体温によって死亡することを凍死と呼びます。冬山などに限った話ではなく、都市部においても起こる可能性があります。ここでは、凍死について詳しく見ていきましょう。

 

低体温症で死ぬこと=凍死

人間の体温は、身体が持つ調節機能によって外気温に関わらず常に36〜37度前後に保たれています。気温が低くなると、体温を保つために血流量を下げて毛穴を引き締めます。さらに寒冷になると、筋肉を引き締めたり、震えを起こしたり、身体を動かすことで熱を発生させる仕組みになっています。

 

しかし、寒さがこれらの体温調節の限界を超えている、あるいは熱を作り出すだけの体力が残っていない状態では、体温はどんどん低下して身体機能に影響を与えます。これが「低体温症」です。低体温によって自律神経の働きが損なわれると、最悪の場合、心臓の機能が停止して死亡します。

 

低体温症は、必ずしも冬季や登山時などの寒冷な環境で起こるわけではありません。濡れた衣服による気化熱や屋外での泥酔状態、長時間水に浸かるなどの条件で、夏場や市街地でも発生することがあります。つまり、低温のほかに湿潤、強風、飲酒、疲労、空腹などが低体温を促進させるのです。いくつかの条件が重なることで、誰にでも起こり得る事態と言えます。

 

<つづきを読む>

1 / 3 ページ

スポンサーリンク

先週よく読まれた記事

ヨガはどうしてカラダに良いの? 医学的に掘り下げてみよう

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 昨今のヨガブームにより、趣味としてヨガを楽しまれている方も多いのではないでしょうか。 「なんとなく健康に良さそう」というイメージの強いヨ...

不眠症ならぬ「過眠症」をご存じですか? 症状や原因とは

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ あなたは自分の睡眠に満足していますか? 睡眠の悩みと聞くと、多くの方が思い浮かべるのは「不眠症」でしょう。 しかし、「過眠症」で悩んでい...

朝起きたら首が… やっかいな「寝違え」の原因と治し方

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 「朝起きたら首が痛い・・・寝違えたかも!?」 このような経験、どなたも一度はあるでしょう。 そもそも寝違えはどうして...

冷え対策に、「温活」をはじめよう!

執筆:吉村 佑奈(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 婚活、妊活、終活など、最近は「〇活」というコトバがよく使われています。 「温活」もそのうちのひとつで、今や書籍やインターネットなどあちこ...

「失神」と「睡眠」の違い どこに注目すればいい?

執筆:南部 洋子(看護師) 監修:坂本 忍(医師、公認スポーツドクター、日本オリンピック委員会強化スタッフ) 「失神」と「睡眠」の違い、見た目ではなにがどう違うのか、わかりませんよね。 例えば、飲み会...

つった! 寝ていたら足がつるのはどうして?対処法は?

執筆:山村 真子(看護師・西東京糖尿病療養指導士) 夜寝ている時、突然足がつってしまい、激痛で目が覚めた! そんな経験をされた方、いらっしゃいませんか? 突然起こる足のつり。どうしてこのようなことが起...

働く人に増えている「適応障害」 原因となる3つのパターン

執筆:山本 恵一(メンタルヘルスライター) 医療監修:株式会社とらうべ 環境にうまくなじめないことから、落ち込んだり、意欲や自信を喪失したり、イライラして怒りっぽくなったり、体調面が悪くなったり、場合...

【応急手当】新着記事

あ、ゲップが出ちゃう! ゲップを抑える方法はある?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 人前でゲップをするのはマナー違反といわれます。 おならも同様ですが、欧米ではゲップの方がマナー違反の度合いが高いとされています。 とはい...

2018/02/11 18:30掲載

突然、首に激痛が… コレはもしかして「ぎっくり首」!?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 急に首が動かなくなり、そして激しく痛い… そんな経験をしたことはありませんか? ぎっくり腰はよくご存知と思いますが、...

2018/01/24 18:30掲載

トゲが刺さってとれない! そんな時どうする?

執筆:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 植物や木片などのトゲが指や足の裏に刺さって、なかなか抜けなくて困ったことはありませんか? お子さんをお持ちの方は、とくに心配になるでしょ...

2018/01/06 18:30掲載

イタくてカユい「ミミズ腫れ」 原因と対処法は?

執筆:南部 洋子(助産師・看護師・タッチケア公認講師) 医療監修:株式会社とらうべ 皮膚がちょっとした衝撃を受け、その部分にミミズのように細長くプクッとした赤い腫れができた経験はありませんか? これが...

2017/11/11 18:30掲載

9月9日は「救急の日」 やけど、出血時の応急手当て法を知っておこう

執筆者:藤尾 薫子(保健師・看護師) 医療監修:株式会社とらうべ 9月9日は「救急の日」です。まさに「9」と「9」の語呂合わせから「9月9日」に定められました。 では、「救急の日」とはどのような目的で...

2017/09/08 18:30掲載

これだけは知っておきたい、応急処置の基本

執筆:井上 愛子(保健師、助産師、看護師、保育士) 身近で起きるケガや不調があったとき、病院に受診する前に応急手当てをしますよね。 あなたは「応急処置の基本」ができているでしょうか? ケアの基本を踏ま...

2016/05/24 18:30掲載